元彼が束縛してくる心理と対処法とは?

元彼が束縛してくる心理と対処法とは?

別れた元彼なのに、付き合っていたときのように束縛してくる人がいます。復縁したいわけでもなさそうなのに、自分の手元においておこうとするのです。

このような元彼は、いったい何を考えているのかと不思議に思いますよね。お互い前に進むことができず、複雑な関係になってしまいます。

なんで別れたのに束縛するの?
束縛されたときどうしたらいいの?

今回は元彼が束縛してくる心理と対処法を紹介します。元彼の呪縛から抜け出せずに困っている女性は、ぜひ参考にしてください。

束縛する元彼の心理

まだ彼女への気持ちがある

彼女のことがまだ好きな元彼

別れたとはいえ、まだ未練が残っているのでしょう。どこかで復縁したい気持ちがあるのです。そうすると、彼女が遠くにいってしまわないかと焦ってしまいます。

そこで事あるたびに、彼女を束縛してしまいます。他の男性と会うことを禁じたり、不安になって連絡してしまうのです。

帰りが遅くなると、自分の彼女であるかのようにお説教までします。彼女からすると関係ないのになぜ言われるのかと、嫌な気分になるでしょう。

しかし男性としては、まだ関係がない相手だと思うことができません。自分から離れていってしまわないように束縛をするのです

付き合っていた気持ちから切り替えられない

イチャイチャするカップル

付き合っていたときに過保護な彼氏だった場合、まだ気持ちの切り替えができずにいるのでしょう。同じように過保護な気持ちで彼女を心配してしまうのです。

これは復縁したいというわけではありません。習慣のようになっているのです。また父親のような心配な気持ちが、おさえられなくなっているのでしょう。

たとえば、付き合っていたときに寝る前は今日の出来事を確認していたとします。そうすると別れたあとも、今日の出来事が気になってしまうのです。そして元カノに電話をして確認をします。

電話をして確認することが習慣なので、安心できるのでしょう。きっと元彼自身に束縛している認識はないはずです。

しかし毎晩電話がくる元カノからすると、束縛されているように感じますよね。女性は気持ちの切り替えが早いので、違和感しかないわけです。

男性は気持ちの切り替えが下手で遅いので、いつまでも彼女への束縛を続けてしまうのです。

元カノに依存している

元カノに依存する男性

別れても束縛をしてくる元彼は、元カノという存在に依存しているのです。別れても心の支えになっているのですね。

自分を理解してくれる元カノは、一番の味方であるはずです。好きという感情はなくても、味方を失ってしまうことが怖いのでしょう。

そのため束縛をして、自分だけの味方でいてくれるようにするのです。心が弱い男性は、元カノに依存しやすく束縛を続ける傾向があります。

男性は別れても独占したがるもの

別れても元カノを独占したがる男性

昔の恋愛を例える言葉で、『男性は別名保存、女性は上書き保存』というものがあります。男性は元カノの存在を消せないということを表現している言葉ですね。

いつまでもたっても一つのフォルダとして残しておきます。そしていつまでたっても元カノは自分のことが好きな存在だという思いや希望を持っているのです。

そのため別れても束縛を続けます。いつまでも自分のことを好きな元カノなので、他の男性のところへは行かせたくないわけです。

とても自己中心的な考え方のように感じますが、男性の多くがそう思っているのです。男女の価値観の違いであるといえるでしょう。

万が一に備えてキープしておきたい

元カノをキープする男性

男性にとって、元カノは都合のいい存在です。自分を理解してくれていて、相手のことを理解できているからです。

いざとなれば、慰めてくれる。
いざとなれば、味方になってくれる。
いざとなれば、体の関係がもてる。

そんな存在でもあるのです。だからこそキープしておきたいというのが本音です。新しい彼女ができるまでは手放したくないでしょう。そのため遠くにいかないように束縛をし続けてしまうのです。

元彼に束縛されたときの対処法

もう連絡をとらない

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。