元彼とは友達から復縁を狙った方がいい理由は?

彼から振られて、別れることになってしまったけれど、どうしても諦められない恋ってありますよね。しかしどうにかして復縁出来ないかともがけばもがくほど逆効果になることも少なくありません。

つい最近まで彼女のポジションにいたものだから、少しでも早くその立場に戻ろうと焦ってしまう気持ちは分かります。でも、復縁は相手の気持ちがあることなので、押しつけてはいけません。

「急がば回れ」という言葉がありますが、復縁は時間をかけて信頼感を取り戻すのが一番です。焦って復縁を迫っては、彼を警戒させ避けられてしまします。

元彼との復縁は、友達から始めるのが一番です。最近まで彼女でも、今は友達以下だと思いましょう。まずは、友達のポジションを確保して下さい。復縁への近道です。

今回は、復縁は友達から始めた方が良い理由をいくつかまとめました。復縁を望んでいる人は是非参考にして、賢く立ち回って下さいね!

元彼に友達から復縁を狙った方がいい理由とは?

好意がないから別れた

NGを示唆する女性

まず前提として、「付き合っていたから情はあるはず」「好きな気持ちは残っているはず」という考えはやめましょう。そういう気持ちが無いからこそ別れを選んだことを受け入れるべきです。

別れ際に「友達に戻ろう」という話があったとしても、それはただ円満に別れたくて表面上言った場合も考えられます。無難な言葉を選んだ可能性も高いのです。

友達に戻ろうと言われても、また復縁を言いださないかと内心困っているかもしれません。警戒をされている時点で友達以下からのスタートになりえることも自覚しましょう。

別れを選んだ彼は、あなたに対しての好意は無い可能性が高いです。もしかすると、別れる理由次第ではあなたを嫌っている可能性もあります。

自分に好意があるからといっても、彼もそうとは限りません。現実をきちんと受け入れて、友達として信頼されるようにまずは頑張りましょう。

泣きついたり・懺悔しても興味のない人に振り向くことはない

泣く女性

別れた元彼に未練があると、ついつい恋人として楽しかった日々を思い出してしましますよね。そうしている内に、どうしてこうなったのかと自分の言動を振り返ることもあるでしょう。

彼が別れ際に言った一言を思い出し、そう言えば付き合っている時から何度も注意をされていたなと反省したことはありませんか?あの時に直していればと後悔する人もいるでしょう。

「まだ好きなの!」「お願いあなたしかいないの!」と、感情的に泣いてすがるのはNGです。好きではなくなったと別れを伝えているのに泣かれても、うざったく感じてしまいます。

また、「後悔をしている」「こういう風にすれば良かった」など今までの行いについて懺悔をしても意味がない場合もあります。

「今更なに?」と思われたり、「別れを決める前に言ってくれたら」と思われる可能性が高いからです。興味の無い相手の泣きごとほどうざったいものはありませんので言動に注意して下さいね。

未練があると距離を置かれる

かけ離れた距離

別れを決断したとは言っても、本当に友達として仲良くする気はある男性もいます。彼女にまでなったことのある女性ですし、恋愛関係にはなくても友人としてならと思う人もいるでしょう。

また、もう好きという感情は無いけれど、自分を好きをいう女性に冷たくできないと引け目を感じる男性は多いです。友達としてならば別に良いと考える人はいるのでそこから挽回を狙いましょう。

しかし、友達として仲良くなるのなら未練のある言動はNGです。彼を見て涙目になる。恋人時代の思い出を楽しそうに語る。彼女がいるのか探る。他の女性に嫉妬する。そんな言動はありませんか?

まだ未練があると気付いたら、「復縁を迫られても面倒だな…」と会うことすら億劫に感じる可能性もあります。決して未練は無いように、友人として振る舞って下さい。

友達から復縁するには?

当たり障りのない連絡から始める

当たり障りのない電話

元彼との復縁は、友達からが良いと説明してきましたが、具体的には当たり障りのない連絡から始めるのがおすすめです。別れた恋人から連絡が来たら、動揺する人は多いです。

「うわ、何だろう」「連絡返そうか、迷うな…」と、別れている上に連絡してきた意図が分からないので不審に思うのは当然です。そんな時に未練たっぷりの連絡をしてきたらどうでしょう?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。