元彼とのトラウマを乗り越える方法とは?

皆さんは今までどんな恋愛をしてきましたか。自分の成長に繋がるような素敵な恋愛や思い出したくもないような恋愛もあるかもしれません。

よくドラマや小説などで耳にする「一生忘れられない恋」という言葉、素敵な響きですよね。

しかし、この言葉はときにはDVや浮気などトラウマを生んでしまうような恋愛に対して悪い意味でも使われます。この言葉のように、恋愛には良い恋愛と悪い恋愛の二種類が存在します。

恋愛中の嫌な記憶が残り、以後恋愛に一歩踏み出せなくなる人もいます。

原因は過去の嫌な感情などの心の傷が、音楽など元彼を思い出すような瞬間ごとにフラッシュバックすることに他なりません。

女性は男性よりも感受性が強く、モヤモヤした記憶を引きずりやすい傾向にあります。あなたは、元彼とのトラウマで恋に憶病になっていませんか。

今回はそんなトラウマを少しでも乗り越えるための方法をご紹介します。

元彼とのトラウマを乗り越える方法とは?

元彼とこれから出会う新しい彼は別物

意中の彼に思いを伝える女性

過去に裏切られた経験を持つ人は、再度簡単に人を信じることは簡単ではありません。しかし、そんな状態を放っておいても、あなたに良いこともありません。

「恋の傷は新しい恋で」とよく言いますが、人を信じられない状態では恋愛もままならず、新しい恋どころじゃありません。

すぐに人を100%信用することは難しいでしょうが、これから出会う人と元彼は別の人であるということを肝に銘じましょう。

信じることが怖い人は、トラウマの程度によっては怯えるほどかもしれませんが苦しみは否定しなくて良いんです。そんな自分を受け入れてください。

受け入れられたなら、次はどうすれば自分が怖くないように接することができるのか考えてみましょう。

はなから相手を信用しないのではなく、例えばある程度、距離を置いて観察し、相手を見極めるように心がける。そうすれば、自分を傷つける人かそうじゃないかは判断できるはずです。

また、信じることが怖いときに大事なことは期待しすぎないことです。あなたが男性を信用できなくなったのは何故かというと、元彼があなたの期待を裏切ったからです。

過度な期待は失望の原因になります。期待しすぎない恋愛が一番賢い恋愛といってもいいくらいでしょう。

元彼の存在を忘れる

カメラを持った元彼

主に五感が刺激されたときにフラッシュバックが起こりやすく、トラウマの原因になります。なので、元彼の写真や、元彼の香り、一緒に行った場所や思い出の品などは全て捨てましょう。

元彼を連想するものは、フラッシュバックを起こす発端となり得るものです。物を捨てるという動作は、あなたの頭にしっかりと過去との決別を認識させるきっかけにもなります。

また、気持ちをすっきりさせる効果も期待できます。

「いい経験をした」と割り切る

辛いけど良い経験と割り切る女性

考え込みすぎると恋愛が怖くなるでしょうが、世界の約半分は男性です。そんな数いる中から、あなたはたまたま悪い男性と付き合っただけなのです。

「こんな男性もいるんだな」と人生でいい経験をしたと割り切りましょう。「私の何がいけなかったんだろう」なんて過小評価すればするほど、負のスパイラルに突入してしまいます。

過去の相手の言動にショックを受けたり、自信を失ったりしてあなたが恋愛に臆病になる必要はありません。過去を断ち切りたいなら、結局のところ行動しかありません。

人は行動しないと新しい幸せな記憶はできませんからね。行動ができないということは、あなたは今、過去にがんじがらめになっている状態なのだとまず自覚すること。

そして、ゆっくりとしかしきちんと過去の辛い経験に自分で幕引きしましょう。例えばノートに自分が引きずっているトラウマを具体的に書き記していくのです。

少々きつい作業でしょうし、トラウマの根が深いほどペンが進まないかもしれませんが、自分のペースで焦らないで大丈夫です。そして書いた後は読み返してみましょう。

読み進めていくうちに自分もここが悪かったかも、客観視できるようになればトラウマが経験に変わっていきます。

さらに学んだ自信が付いて、つらい過去に幕引きを打てるだけでなく、前に進む意欲が出てきますよ。

自分を許す

優しい気持ちになる女性

トラウマになった自分を責めるネガティブ思考はやめましょう。ネガティブになって過去の自分を責めても傷つくのは自分であり、悲劇のヒロインを続けていてもあなたにとって損なこと。

そうではなくて、トラウマになるぐらい傷ついた自分の味方になり、大事にして認めてあげましょう。別に人間は完璧じゃなくても良いんです。

いきなりポジティブ思考になるのは難しいでしょうが、許すような意識するだけでも少しずつポジティブ思考に近づけます。

自分を許すことはさらに自分を好きになることに繋がり、トラウマから立ち直ることに繋がります。

「もう終わったことだけど」で自分を追い込むのではなく、「もう終わったことだから」と一言を自分に贈ってあげましょう。

自然体でいる

コンタクトを外しオフモードの女性

恋愛は無理にするものではありません。たとえ元彼に性格や外見をダメ出しされても、そのダメ出しは元彼の好みの可能性が高いのです。

トラウマから、「こうしなければ嫌われるかも?」、「変に思われてないかな?」など周りに気を遣いすぎなら辛いのは当たり前。無理にあなたらしさを封印しても続きません。

また、他人に振り回されて自分を押し殺すような苦しい状態はあなたを疲れさせ、さらに輝きまでどんどん奪っていきます。だから、無理なんかせず、あくまで普段通りでいきましょう。

自分が少し気になる部分、例えば言葉遣いや仕草があるなら、少しずつ自分の中に取り入れて慣れていきましょう。

自然体のあなたを受け入れてくれる男性は、トラウマで臆病だった頃が嘘のようにきっとあなたにとっても心地良い相手のはずです。

新しい彼氏を作る

プレゼントされた赤いバラ

過去の記憶は、いつかは上書きされていきます。特に恋愛面では新しい幸せな記憶が常に上書きされていくものです。

世の中には色んなタイプの男性がいて、トラウマの原因の張本人の元彼のような人間ばかりではありません。今あなたの目の前にいる人が元彼と同じようなことをするとは限らないのです。

恋に積極的になるのは良いことですが、絶対にしてはならないのは元彼と比較すること。比較された方も気分が悪いですし、なにより結局あなたがトラウマに振り回されていることになります。

恋愛はまだ怖いという方も、別に必ず恋愛対象として相手を見る必要もないんです。トラウマが深い人は、異性というだけで尻込みしてしまうかもしれません。

まず男性に慣れ、信じられるよう自分をリハビリするところから始めましょう。
お互いがお互いを信じ合えることが出来て始めて恋愛が成り立ちます。

そのためにもネガティブにならないよう心がけましょう。友達も恋愛も、ポジティブに相手を信じることが大切です。

仲の良い女性友達になぐさめてもらう

優しい女性友達

友達など信頼できる人に話を聞いてもらうことも乗り越えるきっかけになる場合があります。我慢は良くありません。

それに、忘れたくて人に話さずに押し殺している感情などは、逆に人に話して解放したほうが精神が安定しやすくなるものです。

また、話せる機会がない人は自分で解消する方法もあります。用意するものは紙とペン。許せなかったことや、嫌なところなどを紙に書きだしましょう。何枚でもどんな書き方でも自由です。

消化不良な気持ちが落ち着くまで書きなぐりましょう。そして、すっきりできたなら、次はその紙をびりびりと破いてから捨ててしまうのです。もちろん丸めてしまっても構いません。

捨てると意外にすっきりしますので、おすすめですよ。

元彼とのトラウマにまずは向き合うこと

元カレとのトラウマに悩む女性

いかがでしたでしょうか。恋愛が怖いと思って、逃げてばかりいたら、いつまで経ってもトラウマの克服なんて出来ません。

克服するには原因を探り、取り除き、自分と向かい合って、ポジティブに考える。このプロセスが必要なのです。

いつまでも下を向いていては前に勧めません。いきなり恋をしろとは言いません。克服したいのなら、あなたのペースで、まずは顔をあげることから始めてみましょう。

過去は過去なのですから、振り回されずにあなたらしく生きて、あなたらしい恋愛を楽しんでくださいね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。