元彼からの間違い電話の意味は?

別れてから元彼から間違い電話が来たことありませんか?その間違い電話は、本当に間違い電話なのでしょうか?意図があるのではないでしょうか?

今回は、元彼からの間違い電話の意味を紹介します。元彼が、間違えて元カノに電話することはあるのでしょうか。もしかして、間違い電話じゃないのではと期待してしまいますよね。

実際、元彼から間違い電話が来たことあるという方は、是非参考にしてください。ただの間違い電話ではないかもしれません。

元彼からの間違い電話の意味は?

間違えて電話することは、まずない

意図して電話を掛ける男性

元彼が元カノに間違えて電話することはまずありません。そもそも電話帳から間違えて押したり、最近であれば履歴からたまたま番号を押してしまったりすることはほとんどないですよね。

別れてから元カノに電話することはかなり勇気がいることです。慎重になるはずです。他の人に電話かけようと思っていたところ、間違えて元カノに電話をかけることは考えづらいのです。

もし、元彼が間違い電話をかけてきたらきっと何か理由があるはずです。

わざとでないなら、すぐに「ごめん」の一言を送ってくる

ごめんと謝る男性

恐らく間違い電話に気づいたら、元彼はあなたが電話に出る前に電話を切ってしまうでしょう。もし、そこに意図があるなら元彼は何もアクションを起こしてこないかもしれません。

あなたからのアクションを待つでしょう。しかし、わざと間違い電話をかけたのでないならばすぐに「ごめん」と一言メールやLINEを送ってくるはずです。

あなたがまだ元彼に対して未練があるのだとしたら、間違い電話でさえ嬉しく思うかもしれません。「ごめん」とメールやLINEが来た後も、あなたは返信して話を続けようとするかもしれません。

ですが、元彼の方にその気がない場合は、あなたが返信しても素っ気ない態度の可能性が高いです。あなたがどんなに話を続けようとしても、会話を終わらせようとしてくるでしょう

元彼がそのような態度でしたら、間違い電話はただの間違い電話だったということでしょう。

「ごめん」と一言メールやLINEが送られてきたら、あなたも一言返信する程度にしておいた方がいいかもしれません。

基本的にかかってきても折り返さないこと

元彼からの着信を怪訝そうに見る女性

もし元彼から着信があった場合、あなたの方から折り返さないようにしてください。もし、あなたが元彼に対してまだ未練がある場合復縁したいと思うでしょう。

電話がかかってきたことに舞い上がり、すぐに折り返し電話したくなるはずです。ですが、復縁したくても復縁したくなくても折り返さない方がいいでしょう。

相手は用事があって電話してきたのかもしれないし、ただの間違い電話かもしれません。まだ、相手の意図が分からないうちはあなたの方からアクションを起こさない方がいいのです。

がっついてすぐに折り返してしまうと、あなたがまだ自分に好意があると元彼は思ってしまうかもしれません。

用事があろうがなかろうが、あなたが電話に出なかったのですから次のアクションを元彼は起こすはずです。間違い電話であっても、何かしらのメールやLINEが届くはずです。

まずは、元彼からの次のアクションを待ってみましょう。メールやLINEを待っても何の連絡もなければ、気になりますよね。どうしても、折り返したくなるはずです。

その場合は、せめて翌日にメールやLINEで「昨日はどうしたの?」と聞いてみましょう。がっついてすぐに折り返すことはNGです。

未練をなくしたいなら着信拒否や連絡先を変える

携帯で着信拒否する女性

あなたがまだ元彼に対して好意を抱いているなら、電話があっただけで飛び上がりたいほど嬉しくなるものです。ですが、元彼もあなたと同じ気持ちだとは限りません。

電話して来た理由は、あなたに好意があるからかどうかはわかりません。つい勘違いしてしまい、ますます元彼への想いが募ってしまう可能性があります。

もし、元彼に対しての未練をなくしたいのであれば着信拒否や連絡先を変えることをおすすめします。元彼は本当にただ間違い電話をしてきただけかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。