大人の恋愛とは?

望ましい恋愛とはお互いに幸せを感じられる恋愛です。自分ばかりが幸せでも相手ばかりが幸せでも決して上手くはいきません。

そしていくらお互いに幸せだからといって、周囲に迷惑をかけては良い恋愛とは言えません。誰だって1人で生きているわけではなく、たくさんの人の支えがあっての人生だからです。

そのため幸せな恋愛をして幸せな人生を送りたいのであれば、大人の恋愛を目指しましょう。今回は大人の恋愛とはどういうものであり、どんなことが大切なのかについて解説していきます。

大人の恋愛とは?

一緒にいて居心地が良いかが大切

居心地の良さ

外見から入ってしまうと性格の不一致や価値観の違いから衝突する可能性が高いです。衝突が絶えず互いを尊重し合えない恋愛は大人の恋愛とは言えません。

自分のためにも相手のためにも外見だけで入るのではなく、性格や価値観などの内面も見た上でするのが大人の恋愛です。

お互いを尊重し合う大人の恋愛をするためには、内面の相性にも目を向けることが大切なのです。

内面の相性を見るには居心地の良さを感じるかが一つのポイントになります。内面の相性が良い相手であれば、無理をせず自然体でいることができ、居心地の良さを感じるはずです。

一緒にいて居心地が良い相手との恋愛は、お互いに無理することなく心に余裕を持つことができます。心に余裕があればお互いを思いやり大切にできる大人の恋愛ができるのです。

将来を見据えている

将来を見据えた付き合い

結婚など将来を見据えていることも大人の恋愛の特徴の1つです。この先も一緒にいたいと思える相手との恋愛であり、自分も将来を見据えて行動できる恋愛が大人の恋愛なのです。

学生時代など若年層の頃の恋愛では、先のことではなく今を重視して楽しもうというのが普通の感覚です。今できることに全力を出し多くの喜びを経験するためにも、今を楽しむことも大切です。

しかし年齢とともに将来を見据えることも大切になってきます。将来のためにできる今できる努力をしなければ、望んだ将来は手に入らないからです。

特に恋愛では将来を見据えているか否かで、結婚という将来を手に入れられるかどうかが決まってきます。多くの人が望んでいる結婚は、一時的な感情や努力で成り立つものではないからです。

大人の恋愛は、将来を考えられる相手と互いに将来を見据えることができるようになった時、スタートするのです。

嫉妬させない

嫉妬させる女性

相手に嫉妬をさせることは恋愛を盛り上げるスパイスになることもありますが、大人の恋愛においては不要です。嫉妬を指せないように努め、相手を尊重できるのが大人の恋愛です。

嫉妬というのは本人にとって不快な感情であり、心の痛みのようなものです。そのため嫉妬している状態はストレスがかかっている状態と言えます。

嫉妬していると自分や相手を責めたり、他のことが手に付かなくなったりするため、様々なことに悪影響を及ぼします。相手に嫉妬をさせるというのは相手に負担をかけていることなのです。

相手の心を揺さぶり、ストレスを与えることは決して穏やかな関係ではありません。嫉妬させることで奮い立たせなければ成り立たない恋愛感情は、深い恋愛感情とは言えないでしょう。

嫉妬をさせることは相手に攻撃をしていることと同じであり、相手の気持ちを無視していることと同じです。相手の気持ちを無視することは、尊重することと正反対なことです。

大人の恋愛に必要なのは落ち着いた恋愛感情で、お互いに自立し尊重し合えることです。そのため相手を嫉妬させるべきではないのです。

包容力がある

包容力

大人の恋愛では包容力があることが大切です。若い頃のように相手から愛情を求めてばかりではなく、支えてあげる意思を持つことが大人の恋愛なのです。

包容力とはありのままの相手を受け入れ、受け止めることができる力のことです。

私たちは日々様々な環境から与えられるストレスと戦いながら懸命に生きています。時に一人では耐えきれない辛さを感じることもあり、誰かの支えが必要な時が必ず訪れます。

誰かの支えが必要な時に、支えてあげようと思えることが大人の恋愛に必要な愛情です。懸命に生きている相手を受け入れ肯定してあげられる包容力が、大人の恋愛には必要なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。