恋愛で両思いを確信する瞬間とは?

好きな人から好かれているという自信が持てなければ、なかなか恋愛に積極的になることはできませんよね。恋愛を成就させるためには、好きな人の気持ちを探ることも必要です。

当然確実に両想いであることがわかるのは、「告白する」あるいは「告白されてから」です。しかし両想いであれば、両想いだと確信できる瞬間が告白を迎える前からあるはずです。

両想いだと確信することができればきっと自分からも積極的になることができ、恋愛が上手くいく可能性も高くなります。

恋愛を成就させたいなら、ぜひこれから紹介する恋愛で両想いを確信する瞬間を頭に入れておきましょう。

恋愛で両思いを確信する瞬間とは?

好きなタイプに自分が当てはまっているとき

好きなタイプの女性

両想いを確信する瞬間の1つは、相手の好きなタイプに自分が当てはまっている感じたときです。当てはまる特徴が多ければ多いほど両想いの確信は強まるでしょう。

当てはまる特徴が1つや2つの場合は勘違いの可能性もあります。特に優しい、明るいなどの内面については相手の感じ方にもよるため、自分だと確信する決定的な特徴にはなりません。

しかし外見と内面の特徴も一致していたり、自分以外には当てはまらないような特徴だったりすれば、おそらく両想いでしょう。

特に好きなタイプを自らあなたに伝えてきた場合に当てはまると感じたのなら、両想いだと確信していいです。脈なしなら勘違いされないよう、あなたに当てはまる項目は避けるはずだからです。

相手の好きなタイプを聞いた場合、自分だけでなく周囲もあなたに当てはまると感じているようなら、両想いでしょう。主観的にも客観的にも当てはまっていればほぼ間違いないはずです。

沈黙が気まずいとき

沈黙が気まずい女性

好きな人といる時というのは、緊張して気まずい空気が流れやすくなるものです。お互いに言いたいことがあるのに緊張して癒えずに、沈黙が続いてしまうこともよくあります。

そのため、沈黙が気まずいと感じた時は両想いである確信を持てる瞬間の1つと言えます。

ただ沈黙が気まずいからだけという理由だけでは両想いとは判断できません。好きでなはい相手とも気まずくなることはあるからです。

好きな相手と好きではない相手の違いは、接触の回数で判断してみてください。

普通、気まずい思いをする相手なら自ら積極的に接触してくることはないはずです。沈黙が気まずい状況になるのにも関わらず、何度も接触してくる場合は好かれているということです。

好きな相手とは会話をして仲を深めようと思うため、積極的に関わろうとしてきます。好きな相手だからこそ緊張して言いたいことが言えず、沈黙してしまうこともあるのです。

沈黙が気まずい状況が続いても何かと関わりを持とうとしてくる場合は、両想いと確信していいでしょう。

用事がないのにLINEが来る

何でもない出来事のLINE

多くの人が利用しているLINEは電話やメールと同様に連絡手段の1つです。そして連絡というのは用事があるときか、あるいは話したい、関わりたいと思うときにするものです。

用事がないのにLINEが来た場合、相手はあなたと連絡を取りたいと思っているということです。なんとも思っていない相手には用事があるとき以外に連絡してくることはほぼないでしょう。

特に男性は友達同士であっても連絡を取り合うことを面倒に感じています。友達であっても用事がない時に連絡することは、相当暇なときくらいにしかしないでしょう。

用事がないのにLINEが来るのは好意を持たれている証拠なのです。好きな相手から用事がないのにLINEが頻繁に来るようであれば、両想いと確信していいでしょう。

たまにであれば仲の良い人の1人としての場合もありますが、頻繁に用事もないのにLINEが来るようであれば両想いです。

話すときの距離が近い

話すときの距離が近いカップル

私たちにはパーソナルスペースというものがあり、好意のない人とは一定距離を保とうとします。好意のない人に必要以上に近づかれると不快に感じるのです。

逆に好意のある人は近づかれても不快に感じません。特に恋人であれば基本的に肌が触れる距離でも不快な思いをすることはないのです。

そのため話すときの距離が近いということは、相手にとってあなたは非常に好意的な相手であるということです。好きな人の話すときの距離が近いと感じたら、両想いだということです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。