恋愛でバランスが大切な理由とは?

彼氏が出来て幸せすぎて、何よりも彼を優先したいという気持ち、とても分かります。ずっと彼と過ごしていたい、彼のためなら何でも出来ると乙女な気持ちになることも恋愛ならではでしょう。

しかし、恋愛を長続きさせたいのなら冷静になることも必要です。恋愛は前のめりになればなるほど、失敗しやすいものなのです。

一方で、淡白すぎる、自立しすぎても失敗の原因になりえます。恋愛は2人で育てていくものだからこそ、そして、自分の幸せを最大化するためにもバランスが重要です。

今回は恋愛でバランスが大切な理由をお伝えします。

恋愛でバランスが大切な理由とは?

感情と理性のバランス

感情と理性のバランスが取れた女性

恋をするときに感情はとても大切です。頭ではなく、心で落ちてしまうのが恋です。でも、感情だけで恋愛をすると痛い目をみる場合もあります。

例えば、イケメンなのに、借金まみれの男性と付き合うと痛い目にあるのは誰の目にも明らかですよね。しかし、恋に落ちて感情のみで突っ走ると、途端にその危険性が見えなくなります。

まさに「恋は盲目」の状態になるわけです。盲目になるほどの恋愛も刺激的で良いですが、長続きさせたいのなら話は別です。

感情的な恋愛は刺激的で恋に溺れやすい一方で、生活に支障をきたし、自滅することもある不安定な恋愛で大概長続きしません。

人の感情は時間とともに冷めるようになっているため、感情しか無い恋愛はいずれ燃え尽きるのがオチです。燃え尽き、ときめきが失われると、次に来るのは幻滅であり、破局です。

堅実な恋愛を望むなら、感情だけではなく、理性が必要なのです。理性は浮気心を止めるような懸命な判断ができ、相手への愛情を生みます。

感情の恋心と理性から生まれた愛情が伴った恋愛は長続きするものです。できるだけ恋愛は感情で楽しみながらも、理性で判断するように意識しましょう。

お互いの気持ちのバランス

お互いの気持ちのバランスが取れたカップル

気持ちのバランスは実は難しいものです。例えば、告白した側とされた側で気持ちのバランスが取れていないと、告白した側は弱気に、された側は強気に出やすいですよね。

告白した側の「惚れた弱み」、弱気が行き過ぎると恋愛における気持ちのバランスを崩しかねます。

気持ちの一方通行は、バランスを崩すばかりでなく、伝え方次第で彼に不愉快さを与えかねません。

立場のバランスにもそのまま影響します。恋愛はどちらかの価値観の押し付けではなく、お互いが補完的でないと簡単に破綻してしまうものです。

いくら彼の方が偉そうでも、一方的に彼女がリードしていても、長続きするカップルはどこかで立場を調整しているのです。

力関係のバランス

主従関係のあるカップル

男女が同じぐらいの影響力を相手に及ぼしている、パワーの均衡が取れている関係が望ましいものです。

しかし、彼女が学生で彼氏が社会人、彼女が事務で彼氏が営業で経済力があるというだけで彼が主導権を握ることもあるでしょう。

そうなると、言いたいことも彼女からは言いづらい関係になってしまいます。主導権を握られた側は不満がたまり、握った側は相手の態度にあぐらをかき、努力をしなくなったりします。

これでは、恋愛の刺激もなくなり、長続きするだけしんどい恋愛となってしまいます。

「主導権はどちらかが握るものである」という考え方が原因です。1人が主導権を握るというより、お互いが主導権を持っている、握りたいと思っているぐらいが丁度良いです。

お互いにわがままを言い合える、対等な関係を目指すように心がけましょう。

適切なバランスを維持するには?

好きでも周りの意見も聞く

周りの意見も聞く女性

恋に夢中になることは決して悪いことではありませんが、恋に「だけ」夢中になってしまうことは恐れるべき事態の1つです。

「彼が好き」と一度ハマったら何も見えない、聞こえなくなる盲目になりやすいタイプは特に注意しましょう。

「恋に盲目」タイプは家族や友達のことはすべて後回しにしがちで周りが見えなくなることが多いです。その結果、彼に夢中になりすぎて無理をしたり、痛い目をみがちです。

恋をすると、活性化すると言いますが、冷静な判断が必要なときだけは正常な時よりも劣ってしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。