20代の恋愛観の7つの変化とは?

10代でしかできない恋愛、20代ならではの恋愛、30代らしい恋愛、恋愛にはいろいろな形があります。そして年代ごとに恋愛観も変化します。

例えば多感で刺激を求める10代と、社会人としての自覚を持つ20代の恋愛観は、精神的成長を経た分、大きく異なるものです。

そして、20代はその10年の中でさらに20代前半と後半で恋愛観が変わります。心模様が目まぐるしく変わる20代の10年間。今回は20代の恋愛観の7つの変化についてお伝えします。

20代の恋愛観の7つの変化とは?

彼氏が欲しいから徐々に結婚パートナー探し

パーティーでの彼氏探し

20代前半の「彼」は恋愛上での彼になります。記念日に高級なレストランに連れて行ってくれたり、ロマンチックなことを計画してくれたり。恋愛を楽しむ相手を探すといってもいいでしょう。

ドキドキ感を重視しているからこそ、ドキドキしない、安心感を与えてくれるタイプは恋愛対象外というケースも多いはず。大きい夢を持っている人に憧れるのもこの年代まででしょう。

しかし、20代後半になると、一変します。意識が結婚に向き始めることによって、恋愛が彼探しというより結婚パートナー探しになります。

恋愛を楽しむ相手、ロマンチックをくれる相手より、現実的に生きている男性を探し出します。そして、恋愛対象になる相手の条件が生活感や現実感であふれ出すのです。

例えば、正社員じゃないと嫌だったり、長男より次男を探したり。また、20代後半女性は結婚を意識出したことで、「親でも気に入りそうな」人を彼氏として探しだすタイミングともいえます。

結婚という2人の将来を考えられる人以外と付き合っても時間の無駄だと、バッサリ切る勇気を持ち始めるのも20代後半です。

見た目の良さから経済力を意識

彼の財力

お金がなくとも愛があれば乗り越えられる、と思えるのが20代前半。ロマンチックな話ですよね。

そのため、あまり経済力は重視せず、むしろ顔や背丈、ファッションなどの見た目重視の恋愛になる傾向があります。

お金がなくとも、補えるだけのビジュアルがあれば経済力には目をつむることができるのです。

なので、イケメンな彼氏なら、性格に難があっても許され、お金がなくとも許されます。女友達に紹介しても、イケメンなら、と許されやすいものです。

それは、多くの20代前半女性が見た目重視だからなのです。しかし、20代後半になると、お金も無いただのイケメンは観賞用なだけで急に同年代からは相手にされなくなります。

むしろ、貧乏イケメンより、経済力があるブサイクのほうが20代後半女性の恋愛対象枠になります。

生活や結婚を現実的に考えだす時期である20代後半では、タイプも見た目よりも経済力を意識したものになってしまうのです。

刺激的な男性よりも安心感

刺激的な男性

20代前半の女性は「今」を楽しむ世代です。ですから、毎日ドキドキさせてくれるような、アクティブな男性を好みます。恋愛は刺激を楽しむものという意識が高いのも1つの特徴です。

また、彼のことを考えるとドキドキする、キュンキュンするのは刺激的な恋愛ならではでしょう。

しかし、そんな恋愛を多く経験してきたのが20代後半。精神の安心が一番の癒しになることに気付く世代なのです。そして安定が一番の幸せとも気付く時期でもあります。

仕事が忙しくなる20代後半女性には、胸が躍るドキドキ感よりも好きな人とのまったり時間で癒されるほうが、価値が高いのです。

束縛しがち→余裕が生まれる

彼氏に対する余裕

心の余裕加減ももちろん違ってきます。恋に心配はセットですが、その表現方法に差が出てきます。

20代前半は、彼が女の子も参加する飲み会に参加するだけで心配、耐えられない、嫉妬に狂う人もいるかもしれません。そして行ってほしくない、自分だけを見てほしいというわがままが先行します。

ここで出るのが「束縛」です。「束縛」にはあなたの心の余裕の無さが表れています。ただし、必ずしも「束縛」はマイナスにはなりません。

甘えるように伝えたり、軽いやきもちにうまく変えた言い方など伝え方を工夫にすれば、男性に可愛いと思わせられます。この可愛いと思わせる言い方は、20代前半女性の特権といえるでしょう。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。