恋愛に奥手男子の特徴と攻略法とは?

男性から積極的にアプローチされることは、多くの女性の憧れですよね。

しかし必ずしも全ての男性が自分から積極的になれるとは限らず、女性から積極的になって成立したカップルもたくさんいます。もしあなたの好きな男性が奥手男子だったらどうしますか?

奥手男子は恋愛に積極的になることができません。好きな男性が奥手なのに受け身でいてはいつまでたっても恋愛関係には発展しません。恋愛に奥手男子の特徴を知り、攻略法を身に付けましょう。

恋愛に奥手男子の特徴と攻略法とは?

ルールがある

ルールを重んじる男性

男性は理論的に物事を捉える傾向があり、時間や分量など様々なことを数値化して考える節があります。そのため自分の生活もきっちり割り振り、自分なりのルールに沿って送っています。

特に奥手男子は人一倍真面目であるため、自分で決めたルールに反するようなことはほとんどありません。そして奥手であるが故に、恋愛にかける時間や労力の配分が少ないのです。

とえば恋愛よりも仕事優先などのルールを設けることで、奥手という自分をカバーしようとします。仕事を優先して恋愛の配分を少なくすれば、奥手に悩む時間も少なくなるからです。

恋愛後回しのルールで生活を送っている奥手男子は、よっぽどのことがない限りその生活スタンスを崩しません。すると恋愛からどんどん離れ、さらに奥手男子に磨きをかけてしまうのです。

自分なりのルールに従おうとする意志が強いことは、奥手男子の特徴の1つと言えるでしょう。

振られるのが怖い

振られるのを怖がる男性

好きな相手から振られること、恋愛で傷つくことを恐れている人は奥手になりがちです。結果を知るのが怖いことに積極的に挑戦することは簡単なことではないからです。

振られるのが怖い人は周囲に認められたいという気持ちが強く、また周囲に認められている感覚を持てていない人に多いです。そのため振られることは自分を否定されたようで耐えがたいのです。

また恋愛で傷つくのを恐れている人の中には過去の恋愛で酷く傷つき、トラウマになっている場合もあります。二度と傷つきたくないという思いが恋愛を拒否する原因になっているのでしょう。

どんな理由にせよ、振られることや恋愛で傷つくことを恐れている人は恋愛に積極的になるのはとても難しいことです。

恋愛にポジティブなイメージを抱いている人は基本的に奥手にはなりません。恋愛に対するイメージがネガティブだから奥手になってしまうのです。

そのため恋愛への恐怖心が強いことも奥手男子の特徴の1つと言えるでしょう。

鈍感

鈍感な男性

世の中には自分の気持ちに鈍感な人もいます。自分の気持ちを自覚できなければ行動に繋がらないため、結果的に物事に対して消極的な人間になります。

恋愛感情に鈍感で、相手に好意があるのかわかっていない人は、恋愛に対して消極的になります。そのため恋愛への意識も弱く経験も少なくなりがちなので、鈍感な人には奥手な人が多いのです。

相手に好意があることを自覚して初めて恋は始まります。しかし相手に好意があるかどうかの感覚はあいまいなもので、恋愛感情だとはっきりしない時もあるのです。

鈍感な人は特に好きという感情がどういうものかを掴めずに、好きでもその感情に気付けないことが多いです。相手の好意があっても気付くことができなければ、恋愛には発展しないでしょう。

鈍感な人は人を好きにならないのではなく、好きになっている自分に気付けないため恋愛ができないのです。そして恋愛に積極的になることができず、いわゆる奥手になっていくのです。

奥手男子は恋愛に対して鈍感なために自分の好意に気付けないという特徴もあると言えるでしょう。

優しい

優しさ

奥手男子は周囲の評価を気にしがちで、自分の気持ちに忠実に行動することに臆病である人が多いです。自分の気持ちより周囲を気遣っているので、臆病な分、周囲に優しくできるのです。

恋愛は自分から積極的になる姿勢が必要です。もちろん相手のことを1番に考えて行動することが前提ですが、自分から積極的にアプローチしなくてはうまくいきません。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。