既婚者の男性が浮気をしてしまう心理とは?

日本では独身と既婚者では同じ浮気といってもリスクの違いが桁違いです。恋愛は基本、自由恋愛なのにたいして、結婚をすると法律で守られます。

恋愛で彼が浮気をしようと慰謝料も取れませんが、既婚者となると慰謝料も発生するし、離婚原因にもなります。

それなのになぜ、男性は浮気をやめないのでしょう?

純粋な女性にはなかなか理解しがたいものです。男性は女性に比べリスク管理能力が低く、冒険心が強いため、なりふり構わず目の前のことに飛びつく能力に長けています。

リスクを恐れないというとカッコよく聞こえますが、後先を何も考えていないともいえます。

もし、浮気がバレて離婚になり、子供とも離れ離れになったときのことを想像できていないのです。ちょっと考えれば分かることなのに最悪な事態を想定できないのです。

そして後から後悔しやすいのも男性です。もし、浮気に走りそうになったときに最悪な事態を想定できれば一歩踏みとどまることもできます。しかしそれができないのが男性なのです。

男性であれば既婚者であれ多くの女性にモテたいと思うのは普通でしょう。では、数々のリスクを乗り越えてまで、浮気をしたがる男性はどんな心理状態なのでしょう。

既婚者男性の5つの心理

気を遣わなくてよいから

スマホを横にして画面を覗くカップル

妻の気が強く、家ではなかなか言いたいことも言えず、立場が低い夫は世の中にたくさんいます。女性は基本的に出産をすると子供を守る母親の使命から出産前よりも強くなるといいます。

すると、気の弱い男性は口喧嘩に勝てないのでストレスが溜まり家庭内では意見が通らなくなります。

こういった男性は妻に嫌われたくないという気持ちが強く思っていることを口に出せません。

しかし、一時だけの関係の女性ならどんなことでも吐き出せるので気分が良くなり、不倫関係になりやすいのです。

世の中の既婚男性の多くがキャバクラに行くことを思えば納得できる理由です。夫がなにか言いたそうにしている気配を感じたらそっと耳を傾けてあげると浮気防止にもなります。

妻にできないことができる

小悪魔コスチュームをして席に座る女性

男性は非常に性欲の強い生き物です。性欲を満たすための不倫が1番多いでしょう。妻には要求できない隠れた性癖があり、その欲求を浮気相手に満たしてもらうために浮気をします。

中には妻も知らないマニアックな性癖をもった男性もいます。結婚しているのに風俗に通う男性にはそのタイプが多いようです。

妻が自分の要求を全て飲んでくれるならいいですが、なかなかそれも難しいでしょう。
また、結婚後の性の不一致は大きな問題になっています。

日本ではセックスレスになってしまっている夫婦も多いのが現状です。もし、数か月とくに病気等でもないのにセックスのない場合は、注意が必要です。

他の女性で性欲を満たしている可能性があります。しかし、体目的の浮気はその場限りの浮気になることがほとんどで、気持ちまで移ることは稀です。

夫からの要求を拒み続けている方は、黄色信号ですのでしっかりと話し合うことをおすすめします。

浮気をする自分をカッコいいと思っている

頭にウサギの耳をつけるひょうきんな女性

仕事がある程度安定し、経済力もある男性に多いのですが、浮気は男の甲斐性だと本気で思っているタイプです。

そうような男性は既婚者が浮気をすることを一種のステータスだと思い込んでいます。家族の生活は不自由なく安定させているため一見、周りから見ると円満家庭に見えるのです。

しかし、蓋を開けてみると他の複数の女性と交友関係をもっており、ご飯をおごったり、何かを買ってあげたりします。

基本的に見栄っ張りな方が多いのが特徴で、女性にお金をつかっている自分に酔っているのです。1度その癖が付くと、快感になりなかなか抜け出せなくなります。

お金をつかうあまり、見栄を張り過ぎてだんだんお金が回らなくなってしない、家庭にも迷惑をかけることになりかねません。

車でも時計でも見栄を張りたがる男性は浮気症かもしれないので注意してください。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。