結婚前に知っておきたい彼に関する7つのチェックリストとは?

交際をするにあたって、学生時代はただ「タイプだから」「好きだから」という理由で付き合っている場合も多いですよね。「好きと言われたから」という人もいるでしょう。

しかし結婚適齢期の20代後半~30代になると「交際する前に結婚向きかチェックする」人も少なくありません。また、付き合っていたとしても彼の結婚への考えをチェックする人が多いです。

今回は、そんな「結婚前にチェックしておきたいこと」について7つのポイントでまとめました。今、彼氏がいる人はもちろん、これから良いご縁を探したい人もぜひ参考にして下さい。

結婚後に問題が発覚しては正直遅すぎます。別れることは出来ますが「バツイチ」というステータスが自分についてしまいます。失敗のない結婚をするために、初めにチェックを怠らないで下さいね!

結婚前に知っておきたい彼に関する7つのチェックリストとは?

将来の家庭像

将来の家庭のイメージ

結婚をすると生活を一緒にしていくのですから、お互いの家庭像というのはとても大切です。いくら恋愛感情があったとしても、家庭像がすれ違っていると、結果的にうまくいかないことも多いです。

例えば、将来的にはここに住みたいという住居の希望や子供は何人欲しいという家族計画が代表的ですね。あとは子供へのしつけや親への価値観など、なるべく同じ考えの人が良いでしょう。

もしも将来の家庭像が違うまま突っ走ってしまうと大変です。夫婦2人だけの時にはどちらかが折れて仲良くできても、子供ができると統一しなければなりません。

将来の家庭像が一致すればするほど、結婚後の生活も同じ方向を目指して歩いて行けます。意見が違ってもそこはお互いに納得できれば良いので、まずは話し合うことが大切です。

借金や貯金などお金まわり

彼の貯金額

結婚をすると、ドキドキ楽しかった恋人時代から一変、現実的に生活費の問題がやってきます。正直、そんなに贅沢をする余裕がない場合も多いです。

最近は働く女性が増えて、兼業主婦も多いとは言え、一応お互いの金銭事情について、結婚前に把握しておいた方が賢明です。例えば貯金はいくらあるのか。もしくは給与はいくらなのか。

借金は無いのかなど、結婚後の生活費はいくらくらいになるのかを一度話し合うことが必要となるでしょう。借金は、消費者金融などの怪しいところからの融資を受けた場合だけではありません。

車のローンや奨学金などの教育費の返済など、つい忘れてしまいがちなお金もあります。自分で返済しているのは大変立派であるものの、結婚生活がこの分少なくなることは把握しておきましょう。

もしも自分や相手に借金、もしくはローンや奨学金が合った場合は、いったい生活費の固定費がいくらあるのか試算しましょう。無理のない家庭生活を送れるかシュミレーションも役立ちます。

仕事に対する考え方

仕事への取り組み方

もしも結婚を考えているのなら、「仕事についての考え方」を話し合うことも有効的です。独身時代なら仕事を転職したいと思っても何とかなりますよね。でも、養う家族がいるとそうもいきません。

今の仕事をずっと続けていくつもりなのか。転職をしていずれは職を変えるつもりなのか。もしくは企業など独立を考えているのか。彼の人生設計を聞くのはとても大切です。

女性は結婚、妊娠、出産のイベントで働き方が変わる人が多いですよね。しかし、男性はずっと家計をメインで支えることが多いので急に変えられても困ってしまいます。

男性の仕事のプランが変わると、それに伴う経済的な影響が家計を直撃します。いきなり聞くのと、いずれ考えていると心構えをしておくのでは準備も違いますので、必ず聞くようにして下さい。

家族関係

彼氏の親戚

交際中と結婚後の大きな違いは「親戚との付き合い」です。二人の仲は良かったとしても、結婚後の親戚づいあいで関係が悪化するカップルは少なくありません。

交際が進んで結婚を考えるようになったら、さりげなく彼と実家の距離感をチェックするようにして下さい。基本的には、あなたとあなたの実家の距離感と同じくらいがちょうど良いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。