「結婚は世間体のため!」と考える7つの男性心理とは?

未婚率が多いと言われる年齢でも、男性と女性では婚活への積極性や焦り具合は異なります。同じ年齢でも結婚への思いは温度差がある場合も多いです。

どうしてかというと、結婚適齢期の影響を強く受けるのは女性の方が多いからです。「まだ結婚しないの?」「良い人を見つけなくちゃね」と言われるのも女性の方が多いでしょう。

また、それに加えて「早く子供を産んだ方が良い」という意見も多いです。医学的にもそうなので、実際に子供を早く産みたいと考えている女性は多いですが、相手がいないと難しい問題です。

では、男性が結婚をする理由はなぜでしょう?年下女性と結婚をすれば子供も望める男性が、結婚を考える時に多い「世間体のため」という理由についてまとめました。

もちろん、大好きな恋人とずっと一緒にいたいと思って結婚を決める男性もいます。しかし、世間体のために結婚を決める男性がいるのも事実ですので、一つの参考にして下さいね!

「結婚は世間体のため!」と考える7つの男性心理とは?

周囲と違うことはマイナスでしかないと考えている

周囲と異なることを嫌がる男性

男性は、社会性のある生き物です。長く会社に勤めますし、あまり人々の枠から飛び出したくないという心理も働きます。世の中を見てみると、大半の人は30前後で結婚をしていますよね。

30歳を過ぎても結婚をしないでいることは、社会の中では少数派になってしまうので、それを嫌う男性も多いです。社会進出が多くなった女性と比べてみると、やはり社会性に差は出ています。

例えば、上司と意見が合わなかったり理不尽な扱いを受けた時に、文句も言わずに事なかれ主義で済ますのは男性が多いです。女性は文句を言ったり、理由を尋ねたりします。

男性は社会で生きることが多いので、元々組織の中でもめ事を起こしたり、少数派として存在することを嫌います。独身の友達がいなくなると急に結婚したくなる心理も同様と言えますね。

結婚=正義という意識がある

結婚が正しいと思う男性

結婚と言えば、女性側は子供や家庭などの希望や夢を想像しますが、男性はそうではありません。もちろん、好きな人と結婚することは素晴らしいのは分かっています。

でも、それ以上に男性は「結婚=正義」だと思っている節があります。結婚をすることは、社会的に正しいことであるという認識です。結婚をすると妻子を養うことになりますよね。

いくら働く女性が増えたとはいえ、まだまだ男性がメインで経済状況を支えている家庭がほとんどです。「結婚をすることで一人前の男になる」という意識が周囲も含めて強いことが原因です。

結婚をしないということは、まだまだ半人前のような扱いを受ける。責任感や覚悟が無いように思われることもあるでしょう。あるいは、自分自身がそう感じてしまっているのかもしれません。

どちらにしても、結婚とは男性にとって正しい道を進んでいるという、一つの目安になるのかもしれませんね。

結婚していないと問題ありな男性と思っている

未婚男性に嫌悪感を抱く男性

結婚適齢期を過ぎても、男性は自由に過ごすことができます。年齢を重ねると、自分の給料も増えますし、独身なら自由なお金が増えていきます。

家事をしてくれる女性がいないと困っていた昔と違って、ほとんどの感じは電化製品がやってくれます。洗濯機や掃除機があれば、女性よりもキレイに掃除ができる男性も少なくありません。

しかし、だからといって独身生活を満喫しすぎていると逆に評価が下がります。顔も悪くない。収入も良いのに結婚をしていないのは、どうして?と周囲はある時期から疑問に感じ出します。

そうなった時に、外見や条件に申し分が無いほど「性格に問題があるのではないか?」と勝手に想像されることになってしまいます。確かに、普通ならそういう男性はすぐに彼女ができますよね。

女性の方も放っておかない場合が多いです。だからこそ、「どうして残っているの?」と誰もが疑問に思います。男性が結婚をしていないといけないと考える概念はこういう原因もあります。

年齢的に結婚する歳だから

結婚適齢期の男性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。