結婚に興味ない人にある結婚観とは?

仕事も出来て、人柄も良く、モテないわけでもないけれど、結婚をしない人っていますよね。相手がいないとか、結婚ができないというわけではなく、あえて結婚はしないという人が増えています。

恋愛をするからには結婚に向けて進むのかと思いきや、「結婚願望はないんだ」と最初から断りを入れる男性もいます。そうなると当然、30代前後の女性は諦めるはずなのですが…。

実際には、結婚に今は興味はなくても好きだからと、都合の良い女になってしまう場合も少なくありません。そして、意外なことに最近では結婚願望が無い女性も増えてきているようなのです。

今回は、「結婚に興味の無い人の、結婚観」についてまとめました。大抵は、独身時代よりも不自由になると結婚にネガティブイメージを持っている人が多いです。

嫌われてはいないし、仲も良いのに、どうして結婚を相手が渋るのか知りたい人は、是非参考にして下さいね!

結婚に興味ない人にある結婚観とは?

結婚すると独りの時間が作れない

結婚を機に1人の時間が減った人

結婚を渋る人の理由として、「結婚をすると独りの時間が作れない」と考えている人が多いようです。結婚は他人との共同生活です。家族なので、家に帰ってからも、休日も同じ家にいますよね。

一人暮らしが長かった人に多いのですが、四六時中ずっと家の中に誰かいるという生活を億劫に感じる傾向にあります。自分独りなら、急な飲み会に行けますし、ご飯も楽ですよね。

結婚をすると自由な時間がなくなる。独りでゆっくりしたいのに、常に家の中で誰かがいる状態になる。子供ができたらもっと慌ただしいと考えて、このままが良いと判断してしまいます。

結婚をすると独りの時間が作れないというわけではありません。独りの時間が欲しいと協力をしてもらうこともできます。結婚をしたからゆっくりできないと決めつけないで下さいね。

子供を作らないといけない

可愛らしい子供

結婚をしたくなった時というのは、具体的にどういう時でしょうか?もちろん、好きな恋人と家族になりたいと思った場合も含まれますが、一番は子供を作りたいと思った時だと言えます。

極端な話、デートやセックスは恋人でもできます。一緒に住みたいのなら同棲をすることも難しいことはありません。でも、子供は別ですよね。

未婚で出産はできても、やはり籍を入れてからが望ましいのは当たり前です。結婚をしたくないと思っている人の中には子供が嫌いだったり、苦手だという人もいます。

結婚をするとパートナーからの理解は得られても、相手のご両親や周囲から「子供はまだ?」と催促されるのを知っています。そういうやりとりが面倒だと思っている人は結婚をしたくありません。

自分のペースでライフスタイルを進めたいと思う人は、周囲から急かされる結婚をよく思っていないようです。

彼の面倒を見てばかりになる

彼の面倒をみる女性

共働き夫婦が増え、男性も協力的になったとは言っても、まだまだ女性の家事や子育ての負担は外国に比べて多いです。女性だから母親だからと特に日本では家庭の仕事を任せてきた風潮があります。

結婚をしたら、これまで自分のことを自分のしたい時にすれば良かったのに比べ、旦那様の世話までしないといけなくなりますよね。

いい歳をした大人なのだから、自分のことは自分でして欲しいと思っている女性は結構多いです。もちろん、彼の世話は私がしたいという尽くし型の女性はいます。

しかし、イクメンや女性の社会進出が多くなってきた現在、彼の世話を煩わしいと思う人も大勢います。自分も働いているのだかから、自分のことはやってよねと言う考えが根強いのかもしれません。

好きなことにお金を使えない

好きなことにお金を使う女性

結婚をするまでは自分が稼いだお金は自分だけのものですよね。好きな物を買ったり、旅行に行ったり、ちょっと奮発したりすることもあったでしょう。

しかし、結婚をすると「稼いだお金は家族のお金」になります。今までのように好きな物を買ったり、旅行に行ったり、奮発して、あった分だけ出費をするのはNGです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。