結婚後もラブラブな夫婦の7つの秘訣とは?

お互いに好きで結婚を決めたのに、付き合っていた頃と違って全くドキドキしない。お互いに恋は冷めてしまってラブラブな雰囲気は無くなったという夫婦は多いです。

しかし逆に、結婚をして数年経ってもハグやキスをして毎日ラブラブなまま仲良しの夫婦でいられる家庭も存在します。同じ好き同士の結婚なのに、何がそんなに違うのでしょうか?

今回は、そんな結婚後もラブラブな夫婦の秘訣についてまとめました。誰だって、結婚を決めた時には一生添い遂げる覚悟で、離婚を考えている人はいません。

ずっと楽しく一緒に暮らすため、ラブラブな夫婦の秘訣を参考に、今後の結婚生活に役立てて下さいね!

結婚後もラブラブな夫婦の7つの秘訣とは?

夫の帰宅を喜ぶ・労う

旦那の帰宅を喜ぶ女性

まず、ラブラブな夫婦でいるためには、お互いの存在を認めて喜ぶことが大切です。例えば、毎日旦那様が帰ってきたら、帰宅を喜んだり、労う姿勢を持つようにして下さい。

旦那様の立場から考えると、疲れて帰って来た時に、嬉しそうに帰宅を待っている奥様って可愛い存在ですよね。その上、仕事上の愚痴を聞いたり、労ってくれるととても癒されることが多いです。

自分の帰りを待っている人がいる家には早く帰りたいものです。自分の頑張りを認めてくれるのは、とても居心地が良いでしょう。早く家に帰りたいと思うことで浮気などは考えません。

旦那様といつまでもラブラブな仲良し夫婦でいたいのなら、結婚当初のように帰りを待ち、労いの言葉をかけて下さい。自分に優しい家族には、きっと優しさで返してくれるはずですよ。

料理が上手になる

料理上手な奥さん

男性をゲットするなら胃袋を掴めと言いますが、やはりラブラブな家庭において料理上手になることは必須です。家でのご飯が美味しいと、外食などせずにまっすぐ帰ってくることが多くなります。

料理上手と言っても彼の好きなメニューを2~3個作るだけで構いません。プロのように上手くなくても、例えばゴロゴロと具をいれたカレーやハンバーグなど食べ応えがあるものでもOKです。

料理が苦手な人も、少しずつ向上していれば大丈夫です。「これ作ってみたんだけどどうかな?」「前より上手くなっていない?」などチャレンジを楽しみながら料理を食べるように心がけましょう。

プロのように美味しく見栄えの良い料理ができるに越したことはないですが、「成長」が何よりも大切です。自分の好きなものを作れるようになろうとしているということだけでも旦那様は喜びます。

一緒に寝る

寝るときは一緒の夫婦

夫婦生活が長いと、一緒に寝なくなることも多くなります。特に子供ができて、子供達の寝かしつけをしだしてからは、奥様は子供と、旦那様は一人で寝ると言う家庭も少なくありません。

もしもラブラブな夫婦でいたいのなら、できれば夫婦一緒に寝るのが絶対におすすめです。まず、ただ寝ているだけでもお互いの体温を感じることが出来ますし、安心感を持つことができます。

寝る前に少し話すことでゆっくりとした時間を設けることもできますし、リラックスした空間を共有することができます。1日の終わりにゆっくりと話さず別々に寝ると、会話が少なくなりがちです。

ただ一緒に寝るだけでもお互いの存在を感じて眠りにつくので、別々に寝るよりも仲良くなる効果は高いでしょう。

ベットを別々にしてからスキンシップが減ることは多いので、できれば一緒に寝るようにして下さい。

最低限の節度を守る

約束を守るカップル

結婚後もラブラブな夫婦でいるためには、最低限のマナーは守ることが大切です。例えば、結婚をしたし家族だから裸でうろうろしたり、おならをするというのはNGです。

もちろん、そんなことは気にしないという男性も多いですが、女性よりデリケートな男性は、いつまでもキレイな奥様を希望します。

少々歳をとったとしても、恥じらいは捨てないでと思う男性は多いです。おならをする。食事中にトイレの話をするなど、最低限のマナーをきちんと守ることが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。