結婚プレゼントの予算と定番品とは?

結婚報告を受けた時に悩むのが、結婚プレゼントですよね。せっかくなら喜んでもらえるギフトを贈りたいですが、金額や品物に頭を抱える人も多いでしょう。

また結婚プレゼントは、ただギフトを選べば良いわけではありません。「縁起」の悪い物は避けないと、相手に失礼となってしまうこともあるのです。

そこで今回は結婚プレゼントの予算とNGなモノ、そして定番の品を紹介します。悩んだ時の参考にしてくださいね。

結婚プレゼントの予算と定番品とは?

平均予算は10,000円~30,000円

1万円札

品物を選ぶ前に知っておきたいのが、結婚プレゼントの予算ですよね。どれくらい金額をかけるかによって、プレゼントの内容も変わってきます。

これはケース別に少し予算が変わってきますので、いくつか紹介していきます。

①個人的に友人や同僚へ結婚プレゼントを贈る場合

自分一人で友人や同僚へ結婚のプレゼントを贈る場合の予算は10,000円~20,000円ほどが相場になります。

安すぎず、高すぎず・・といったところでしょう。親友であれば20,000円ほどでも良いですが、少し親しい程度であれば10,000円くらいでも失礼ではありません。

今までもらったプレゼントや他の人が贈っているプレンゼントを参考にしてみましょう。

②結婚式に来てくれた友人の場合

自分の結婚式に来てくれた友人が、結婚式を挙げない場合の結婚プレゼントって悩みますよね。

通常友人であれば、結婚式で30,000円のご祝儀を包んでくれているはずです。引出物などでお返しはしていますが、それでもご祝儀と同じくらいの金額を目安にすると良いでしょう。

つまり最低でも20,000円~30,000円のプレゼントが良いですね。

高価なプレゼントは選ぶのも難しくなるので、半分はご祝儀として現金で用意。そして残り半分の金額でプレゼントを買うのもおすすめです。

③結婚式に出席する場合

結婚式に呼ばれているのであれば、ご祝儀を用意するのでプレゼントは基本的には渡さなくても良いでしょう。

それでも親しい友人にお祝いの品を渡したいという場合は、5,000円くらいのプレゼントを選びましょう。気持ちが伝われば良いのです。

また仲の良い友だち複数人でお金を出し合って、大きなプレゼントを購入する人も多いです。一人5000円でも5人で25,000円です。

炊飯器やホームベーカリーなどの小さな家電を買うと喜ばれます。

④身内への結婚プレゼントの場合

自分の兄弟・姉妹の結婚プレゼントの相場は30,000~50,000円です。結婚式に出席するなら、10,000円のプレゼントにしてご祝儀で50000円包むという人もいます。

これは上の兄姉の方が少し金額を多く出す傾向があります。弟妹が兄姉にプレゼントする時の方が、低予算です。

身内ですから特別決まりはありません。しかし日頃の感謝が大きい分、気持ちをプレゼントに込めると喜ばれます。

「縁が切れる」とか「割れる」を連想させるものはNG

割れるイメージ

結婚式のご祝儀は奇数金額を用意するのがマナーというのはご存知でしょうか。20,000円などの偶数は「割れる」数字なので縁起が良くないのです。

品物も同じように、「切れる」「割れる」「消える」を連想させるものは選んではいけません。縁起が良くないので結婚プレゼントとしてマナー違反となるのです。

切れるモノとしてはハサミ・包丁。割れるモノはグラスや食器。消えるモノは食べ物や入浴剤。

今では、気にする人も減ってきましたが・・やはりお祝い事なので縁起の悪いモノは避けて贈るのがベターです。

かさばらず気楽に使える日用品を送ろう

気楽に使える日用品

もらって嬉しいプレゼントとは、気楽に使える日用品です。日用品は結婚生活に欠かせないものなので、あると嬉しいですよね。

反対にもらって困るプレゼントは、かさばるモノ。気楽には使えないモノ。自分の趣味には合わないモノです。

例えば、インテリアなんかをもらっても家の雰囲気に合わない場合もあり困ります。食器もかさばって収納に困ります。

凝ったモノである必要はありません。タオルや寝具などの気軽に使えるモノが一番喜ばれるのです。

あとは、自分では買わないけど貰って嬉しいモノも良いですよね。今流行りの調理器具などは、なくても生活できるけど欲しいと思いますよね。

欲しいけど買わないからこそ、贈るととても喜ばれる品物なのです。

結婚プレゼントの定番品

奥さんの手料理を応援するキッチン雑貨

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。