結婚と恋愛は別な理由とは?

好きな人と恋愛をして、好きな人と結婚をする。これ以上の幸せはありませんよね。逆に言えば、結婚をしたい人と恋愛をするという考え方もあるでしょう。

しかし、実際には恋愛の時には上手くいっていたのに、結婚では上手くいかなかったというカップルも多いです。

また、恋愛ではイマイチ物足りなかったけれども、結婚相手としては堅実で最高だと評価を受ける人もいます。何故、同じ人物についてここまで評価が分かれるのでしょうか?

今回は、その答えである「結婚と恋愛が別な理由」についてまとめました。結婚と恋愛ではどのような面が違ってくるのか、どのような良さがあるのか紹介しますので、是非参考にして下さいね!

結婚と恋愛は別な理由とは?

経済面がシビア

経済面

結婚と恋愛では大きく違うことと言えば、「経済面がシビアになる」ということでしょう。独身時代のお金は自分のものですが、結婚をすると家族のお金に変わります。

そのため生活に直接影響を与える経済面には、シビアにならざるを得ない状況が生まれてしまいます。例えば、恋愛中の彼が飲むのもおごるのも好きな気前の良い人だったとします。

恋愛中は「すごく奢ってくれる」「男らしいなぁ」と感じてしまうこともあるでしょう。でも、結婚して生活をするとなると「そんな月に何度も奢らないでよ」と生活費の心配をしてしまいます。

また、恋愛中は彼が好きなら許せる部分もありますよね。しかし、結婚をして同じ家計で生活をし、子供を育てるとなれば話も別です。経済的にシビアになるのは、ある程度仕方がありません。

彼の親や親戚との付き合いも生まれる

彼の親や親戚との付き合い

結婚をしたことで、恋愛中には会うことが無かった「彼の親戚との付き合い」が発生してしまいます。恋愛の時のように2人きりの時間を大切にすれば良いというものでもありません。

お盆と正月だけならまだ良い方です。実際には義両親の誕生日、父の日、母の日、お中元、お歳暮など嫁として気を使わなくてはならいイベントはたくさんあります。

恋愛の時には彼との仲を深めるだけで良かったですよね。しかし結婚となれば違います。大勢いる親戚の中に、話の合わない人も苦手な人もいるでしょう。

そういう億劫さを我慢して、ニコニコと笑いながら手伝う仕事が任されます。「嫁」という立場上、遠慮をしてしまうこともありますし、結婚を窮屈に感じさせる部分だと言えます。

日常を永く共有する

日常の共有

お互いの都合が良い時にデートをする恋愛と違い、結婚は日常生活を長く共にします。恋愛中の時には気が乗らない場合、「今度のデートは延期して欲しい」とお願いすることもできました。

しかし、一緒に住み日常生活を長く共有することで、気が乗らなくても疲れていても、相手も同じ家にいることになります。つまり、良い自分だけを見せられなくなります。

お互いに人間ですので、恋愛中には見せなかった一面を見せることもありますし、見ることもあるでしょう。良い面も悪い面も含めて家族の絆を作っていくのが結婚なのです。

日常を長く共有すると言うことは、悪いことだけではありません。些細な情報を共有し、喜びも共有できます。一緒にいる日常を幸せなものにするのか、苦痛なものにするのかは2人の努力次第です。

独りの時間が減る

減った一人の時間

恋愛と結婚の違いと言えば、「独りの時間が減る」ことも挙げられます。恋愛をしている頃は独りになりたいと思ったら、ずっと家にいれば良かったですよね。もしくはフラッと出かけたはずです。

しかし、結婚をすると同じ家に相手がいるためなかなか独りの時間を取ることができなくなります。同じ部屋にいる以上、会話をしなくても完全に独りではなくなります。

フラッと出る時には一言断らなければなりませんし、「どこに行くの?」と詮索されては面倒に感じる人もいます。夫婦2人だけならまだ理解もありますが、子供がいるとそうもいきません。

独りの時間が欲しくても、ママと一緒が良いとずっとついてくることもあります。完全に独りの時間をゆっくりと楽しむというのは、結婚生活で少なくなることは確実です。

今までのように遊べない

夜遊び

結婚をすると独身生活のようには遊べなくなってしまいます。まず、経済面からも厳しくなりますよね。飲み会を何件もはしごしたり、旅行に行ったりできなくなってしまいます。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。