結婚の条件で歩み寄るべき6つのことは?

早く結婚したい!でも誰でも良いわけではないし、絶対にに譲れない男性の条件がある。

一生を添い遂げる相手なのですから、誰しも結婚相手に条件を持っているものです。

しかし結婚相手に望む条件のハードルが高すぎると、見つける妨げになってしまうことがあります。理想の相手を追い求めすぎると、逆に結婚から遠ざかってしまう原因になります。

結婚の条件で歩み寄るべき6つのことを紹介します。妥協してはいけないポイントもお教えしますので、参考にしてくださいね。

結婚の条件で歩み寄るべき6つのことは?

身長の高さ

身長の高さが同じくらいな男性

「身長が高い人が好き」「自分よりも身長が高くないと嫌だ」「10㎝差は欲しい」。身長のことを気にする女性は多くいます。

しかし、結婚相手を考えたときに、身長の高さは歩み寄るべき条件と言えます。結婚生活を円満に送っていくために、身長の高さはあまり関係がないからです。

自分より背が高い男性を希望する、という女性は多いものです。確かに付き合っている頃は、一緒に歩いているときに周りの視線をなんとなく気にしてしまうかも知れません。

でも結婚したいほど性格がぴったりした相手や、一緒にいて心から安らげる相手を見つけた場合はどうでしょう。身長が少し低いからという理由だけで、結婚を躊躇うのはもったいないことです。

いつも一緒にいることになる結婚相手なので、重要なのは容姿ではなく、性格です。「一緒にいてラクだ」「自分を尊重してくれる優しい性格だ」ということが一番重要なことです。

背の高さや容姿に惑わされず、あなたがあなたらしく居れる相手を選びましょう。

年収の高さ

年収の高い男性

結婚相手に年収の高さを求めてしまう。結婚にはお金が必要なので、仕方のないことです。一緒に生活をしていくうえで、ある程度の年収ラインを設定するのは賢明なことです。

しかし、「良いな」と思った相手がいたときに、年収で判断してしまうのはしてはいけないことです。あなたが希望している年収よりも低いからと言って、相手を対象から外してはもったいないです。

年収が高ければ高いほど、支出も増えます。逆に言うと、支出を抑える努力をすれば、年収が高くなくてもある程度の生活はできるものです。

結婚はふたりの共同生活です。彼の年収が高くなければ、あなたが一緒に働いて生活の足しにすることも可能です。

それよりも大事なのは、結婚相手と愛ある家庭や生活を作り上げることです。重要なのは結婚相手を愛しているかどうかです。

彼の親戚との相性

彼の親戚

彼の親戚と相性が悪いからといって、結婚を諦めるのもおすすめしません。

彼の親戚と顔合わせで会ってみたら、なんだか肌が合わなそうだった…。うまく行きそうになかったから結婚を躊躇してしまっているという方は、考えてみてください。

彼の親戚と顔を合わすのはどのくらいの頻度ですか?年末年始の挨拶のとき?冠婚葬祭の行事のときにしか会わない親戚も多いものですよ。

親戚と会う機会は、思ったよりも多くないものです。彼の親戚と良い関係のほうがより良いのは確かですが、相性が悪いのを結婚しない理由にしてはいけません。

親戚との相性よりも、彼との相性が大事です。毎日一緒に生活をしていくわけですから、彼との相性がぴったりならば、結婚生活はうまくいきますよ。

学歴の良さ

一流大学出身

学歴を結婚の条件にしてはいけません。彼の学歴があなたの思うようなものでなかったとしても、学歴を理由に結婚しない選択をするのはおすすめしません。

結婚相手に学歴の良さを求める女性は、高学歴の女性であることが多いです。高学歴の女性は、自分よりも学歴の高い男性を求めがちです。

しかし大事なのは学歴の高さよりも、ちゃんと仕事ができるかということです。いくら学歴が高くても、仕事ができない男性は稼いでいけないからです。

学生時代や新社会人時代は、出身校を聞かれることが多いですが、年齢を重ねていくうちに聞かれることもなくなります。つまり学歴が良くないから肩身が狭く感じる場面はなくなっていくのです。

学歴を気にしているのはあなただけかもしれません。周りのひとはそんなに学歴を気にしていませんよ。それよりも彼の内面を見てあげてください。

年齢の違い

年齢の違う男女

婚活パーティーなど多くの男性がいる中からパートナーを見つける場合、最初に条件を決めますよね。例えば、「年齢は自分と同年齢~5歳上まで」のように、年齢で絞り込むことも多いはず。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。