結婚を機に退職する女性が知っておきたい7つのことは?

「寿退社」というのは、女性にとって憧れの言葉ですよね。幸せになる女性が選択する道であるように感じるものです。

でも今は結婚しても働き続ける女性がとても増えています。あなたは「結婚する=退職する」ということを深く考えて決めましたか?

結婚をして退職することでのメリットやデメリットは理解できているでしょうか。

退職をしてから後悔して、夫婦喧嘩に発展しないために!結婚を機に退職する女性が知っておきたいことを7つ紹介していきます。

結婚を機に退職する女性が知っておきたい7つのことは?

寿退社をして後悔しないかもう一度だけ考える

仕事を頑張る女性

今は結婚という文字に気分が舞い上がっているかもしれません。彼と結婚すれば、それだけで幸せな生活ができると夢見ていることでしょう。

もちろん結婚は幸せなことです。専業主婦になって大好きな彼の帰りを待つことができるのは、すごく素敵なことですね。

でも今まで自分が頑張ってきた仕事を辞めて、本当に後悔しませんか?

辛くても努力を重ねてきたはずです。少しずつキャリアを積み重ねてきたはずです。仲間との絆を深めて歩いてきたはずです。

自分がやってきたことを、結婚することで手放しても後悔しないか。もう一度考えてみてください。

夫と経済面の相談をする

夫とお金の相談をする奥さん

仕事に未練がなく、辞めて専業主婦になりたいと願う人もいるでしょう。でも現実的に難しい場合もあるのです。

旦那の収入が満足いくものであれば、あなたは自由気ままな主婦ライフが送れます。でも収入に不安がある場合は、共働きをしないと生活が苦しくなります。

結婚して子供がいないのであれば、働き続けていても大きな支障はありません。むしろ稼ぎ時でもあるんですよね。

現状でぎりぎり旦那の収入で生活できるのであれば、子供ができたら赤字です。貯金もできない生活になるでしょう。

だったら今のうちに旦那の収入で生活。そして自分の収入はすべて貯金するなど、蓄えを増やしておく必要があります。

結婚したからといって、すべての夢が実現するわけではありません。夫婦で今後の経済的な部分をきちんと相談して決めていきましょう。

既婚者女性の採用は甘くない

既婚者女性の働く現実

結婚を機に退職をして、落ち着いたら再就職をしようと考えている人もいるでしょう。でも既婚女性の採用は甘くありません。

「結婚を機に辞めたけれど、また働きたい」というと採用担当者には印象が悪いのです。主婦ならパートなどでいいのではないかと思われたりもします。

女性の社会進出が積極的になっているとはいえ、まだまだ日本では容易なことではありません。

それに多くの人は結婚の次に妊娠して出産するというイベントがあります。今採用しても1~2年で妊娠してしまうのではと考えると採用も控えてしまうものです。

もし「とりあえず寿退社」を考えているのであれば、既婚女性の採用の現状も把握しておきましょう。正社員として働くのであれば、辞めない選択も必要となるでしょう。

今の会社で継続して働きたいなら時短勤務が可能かたずねてみる

時間を短くして働く女性

結婚をしても今の会社で継続して働く決意をした場合、少し働き方を変えてみるのもおすすめです。時短勤務について可能かどうかたずねてみましょう。

結婚をして旦那は仕事に専念してもらい、家事はすべてやりたいと思う女性は多いでしょう。でも今までのようにフルタイムで働いて、家事もしようと思うと大変です。

時短勤務とは、その名の通り時間を短縮して業務を行うことです。一般的には6時間ほどが多いでしょう。もちろん給料は減りますが、負担も減ります。

時短勤務は、産休育休明けの子育て中のママしか取得できない会社もあります。でも寿退社を減らすために、既婚女性であれば取得できるという会社も増えてきています。

まずは会社に相談をして、負担なく働けるような方法がないか考えてみてください。

退職の意思が固ければ、遅くとも1か月前までに連絡

退職の連絡

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。