結婚がゴールになりがちな人の特徴と結婚を再考すべきことは?

結婚をゴールにしないために考えるべきことは?

あなたは結婚に対してどのようなイメージを持っていますか?

幸せな人生を手に入れるためのゴール。もしくは、幸せな人生の始まり。人によってイメージはさまざまかも知れません。

しかし結婚がゴールだと思っている方がいたら、要注意です。考え方を改めたほうが良いかもしれません。

結婚はあくまでもスタートです。決してゴールではないのです。

結婚がゴールになりがちな人の特徴と、再考すべきことを説明します。

結婚がゴールになりがちな人の特徴

独りの方が手に入れやすい幸せを望む人

独りを望む男性

独身だからこそ手に入る時間や事柄ってありますよね。

例えば、一人で自由に過ごせる時間、自分だけで好きに使えるお金、自分だけの世界に浸れる自分の部屋…などです。

ひとりだからこそ享受できる幸せを望む人は、結婚をゴールになりがちです。現実に結婚は相手と2人で生活を作り上げているスタートラインです。

いままで別々に暮らしてきた男女が一緒に生活していくわけですから、イチからすべてのことを構築していく必要があります。

一緒に住む部屋の内装や家具から、2人で過ごす時間や生活の決まり事、家事の分担をどうするか…。そのほか全ての事柄を決めていく必要があります。

相手がいることなので、いままでのようにあなたの自由にできるわけでもありません。

2人の好みや希望を擦り合わせながら、2人でルールを作っていく必要があるので自由さは独りの方が多いかもしれません。

誰かが幸せにしてくれると思っている人

幸せに対して受け身な女性

受け身な姿勢で、誰かが自分を幸せにしてくれると思い込んでいる人も、結婚をゴールだと思いがちです。

なんとなく「結婚すれば幸せになれる」と思っている女性も、注意が必要です。

結婚は、相手が自分を幸せにしてくれるというのは幻想です。夫が妻を支えると同時に、妻も夫を支えてこそ成り立ちます。2人の支え合いがあって、幸せな暮らしが成り立ちます。

結婚してから、2人が強力することで、平穏で幸せな暮らしを手に入れることができるのです。

時には喧嘩もするでしょうし、お互いの気に入らない点も出てくるはずです。数々のトラブルを2人でうまく協力して解決していくことが、結婚生活では必要です。

共働き夫婦が多い現代では、家事の分担や分業も大切です。受け身ではなく、自分が相手を幸せにする姿勢が求められるのです。

相手に感謝や愛を伝えない人

相手に感謝や愛を伝える女性

「結婚はゴールでしょう」「彼に幸せにしてもらう」と考えている女性は、相手に感謝や愛を伝えないことが多い女性です。

過保護な家庭で育ったリ、いままで周りにチヤホヤされてきた女性に多く見られる特徴です。

「してもらって当たり前」という考えでは、幸せな結婚生活を築いていくことは難しいのです。

幸せな生活をしていくためには、お互いが協力し合うことや、常に感謝の気持ちを伝えあうことが、とても重要です。思い遣りを持って接していれば、いつまでも仲良く生活して行くことができます。

「言わなくてもわかるでしょ」ではなく、感謝の気持ちを常に伝えるようにしましょう。「ありがとう」の気持ちは、受け取るととても嬉しいものです。

また「好きだよ」「愛してる」などの愛を伝える言葉も大切です。いつまでも愛を伝えあえる関係であれば、愛が冷めることはありません。

再考すべきことは?

結婚式が目的となっていないか考える

晴れやかな結婚式

「周りが結婚するから」「親にウェディングドレス姿を見せたいから」という理由でなんとなく結婚する人は注意が必要です。

結婚式を挙げることが目的やゴールになっていませんか?

本当に重要なのは、結婚式ではなく、結婚したあとにどういう暮らしを2人で築いていくかということです。

結婚式で友達にどう見られたいかとか、見栄を張りたいとか、周りを気にするのはやめましょう。

これからの人生まだまだ長い道のりです。一緒に暮らしていく相手と、楽しい生活を送れるかどうかで、人生が楽しいかどうかも決まります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。