結婚報告の順番と気をつけるべきポイントは?

大好きな彼からプロポーズをされて結婚が決まり、幸せの絶頂!もう彼との結婚を全世界の人達に発信したい気分ですよね。

最近ではすぐにSNSに結婚報告をする人もいますが、ちょっと待ってください。結婚報告にはマナーがあります。報告する順番や決まりがあるのです。

自分の身内への報告から始まり、恋人の家族への挨拶、友人や会社仲間にも報告。沢山の方に挨拶・報告が完了すると同時に、本格的に結婚の準備へと移っていきます。

自分の人生が大きく変化する節目となる結婚。だからこそきちんと順番とマナーを守って、正しい結婚報告を進めていきましょう。

今回は結婚報告の順番と気をつけるべきポイントを紹介していきます。

結婚報告の順番と気をつけるべきポイントは?

まずは自分の両親に報告

自分への両親に報告

一番に報告すべきは、自分を育ててくれた両親です。最も身近な存在であり、あなたを大切に想ってくれている人です。ここを飛ばしてはいけませんね。

相手との交際を既に知っていて、それも快く思ってくれているのであればサラッと言えますよね。では、まだ両親に言ってない場合はどういう風に伝えるべきか悩みますよね。

日ごろから両親とフランクな間柄であれば話しやすいですが、そうでない場合は本当に難しいです。その場合、お父さんかお母さん、どちらか話しやすい方から先にさりげなく話して見ましょう。

「紹介したい人がいるんだけど」と単刀直入に。直接が照れくさいようでしたら、メールやラインで軽く伝えてもいいかもしれませんね。

その際に、「お父さん(もしくはお母さん)にもさり気なく言っておいてもらえるかな?」とお願いしてみましょう。

そうワンクッションをおくことで、話しやすくなりますし、気も楽になるはずです。もちろんその後に、直接報告しましょう。

一緒に住んでいる人は、両親が揃っている時に話があると切り出して聞いてもらいましょう。夕食後などが良いですね。

遠方に住んでいる場合は、会いに行くのが難しい場合は電話をしましょう。メールやLINEでの報告は避けてください。

伝えるべき項目は以下の通りです。
①結婚したい相手がいる
②相手の名前・年齢・職業(学歴や出身地)
③どこで出会ったか
④どんな人柄か
⑤挨拶に来たいので日程を調整してほしい

大事な娘を嫁に出すのですから、両親は心配します。その心配を取り除けるように、相手の詳細や魅力をある程度伝えておきましょう。

挨拶は早い方が良いです。両親の予定を聞いて、二人の都合が合う日程で挨拶に来る日をその場で決めておくと良いです。

ここで・・お父さんが反対するなんて場合もあるでしょう。可愛い娘の結婚に、父親は複雑な心境になるものです。

でも言い争いは避け、お父さんの気持ちも理解してあげてくださいね。そしてとりあえず彼に会ってもらえるように説得してください。

女性側の両親から優先してご報告

女性側の両親への結婚報告

一般的には女性側の両親に先に報告に行き、結婚の許可を得ます。では女性側の両親に報告する際の詳細を紹介していきます。

例え彼と両親が顔見知りや、既に仲が良くても必ずスーツを着用してもらいましょう。彼の印象を上げるためでもありますし、結婚の挨拶にスーツも着用できない非常識な人だと思われないためです。

例え両親が「スーツじゃなくていいよ」と言っていたとしても、『必ず』スーツでお願いしてくださいね。スーツで挨拶に来て、嫌な気持ちになる人はまずいません。

むしろ私服でいいと言ったのにも関わらず、スーツだったら感心するでしょう。また、手土産も彼が予め用意しているのが常識ですが、それがない場合は、それも言いましょうね。

自分から自分の実家へ手土産をお願いするのは気が引けるでしょうが、彼のためですので、そこだけは心を鬼に。とにかく何事も初めが肝心ですからね

事前準備

まず女性は自分の両親なので身だしなみはそこまで気にしなくても良いでしょう。しかし男性は必ずスーツを着用してください。

スーツはクリーニング済のもの、そして靴は磨いておくように伝えてください。身だしなみは男性の印象を左右しますからね。

手土産は男性の出身地の物や父親が好きそうなお酒などが良いでしょう。

報告当日のマナー

当日は10分前には自宅に到着するようにしてもらいましょう。遅刻しないように、モーニングコールをしてあげてくださいね。

家に着いたら、まずは玄関先で挨拶。最初は名前だけで良いので、あなたが男性を両親に紹介しましょう。そしてテーブルに案内します。

いきなり本題というのは難しいので、まずは談笑。両親も彼も緊張していますから、ここはあなたが頑張って話を先導してあげましょう。

そして10分くらいして話が途切れたところで男性から話を切り出します。

「本日はお時間を作っていただき、ありがとうございます。〇〇さんに結婚の申し込みをいたしました。ご両親にも結婚の承諾をいただけますでしょうか。」

ご両親の目を見て伝えてもらいましょう。

よく「〇〇さんを僕にください」みたいな言い方をする人がいますが、モノではないのでこの台詞はNG。台詞も二人で考えておくと良いですね。

結婚の報告で訪問した際には2時間程度で帰りましょう。あまり長居しないように気をつけてくださいね。

次に男性側の両親にご報告

男性側の両親への結婚報告

女性側の両親から承諾をもらったら、いよいよ男性側の両親に報告に行きます。これが女性にとっては何より緊張する日となるでしょう。

実家への挨拶が終われば今度は彼の家へ挨拶。実家に彼が挨拶に来た日とあまり感覚を空けないことが理想です。彼がスーツを着用したように、女性も必ず清楚な格好をしましょう。

ワンピースやスーツなど、女性らしい綺麗めのものを選びましょう。綺麗めの格好が苦手な場合でも、デニムはなるべく避けてください。

また、意外と忘れがちになる足元。どんなにオシャレをしてもパンプスやブーツが汚れていては、印象がよくありません。

新品がない場合は、前日までに綺麗に磨いておくと大丈夫です。また、手土産に関しては彼から予め、ご両親の好きなものを聞き出しておくとスムーズにいきます。

両親からも預かる場合が多いので、ご両親のも一緒に持参しましょう。その際、内容がかぶっていないか、前もって両親に中身を確認することを忘れずに。

当日はとても緊張するでしょうが、行ってしまえば案外リラックスできるかもしれません。

あまりカチカチになって何も放せないなんてことにならないように、ほどよく肩の力を抜いていきましょうね。

事前準備

既に何度か会っているという人もいますが、この日は改めて報告をする日です。身なりも整えて伺うようにしましょう。

服装は清楚に見えるものを心掛けてください。ミニスカートや派手な服装は避けてください。ひざ丈の白いワンピースなんかがベタですが一番です。

手土産は3000円ほどのもので、彼に両親の好みを聞いて検討しましょう。悩んだら有名店の洋菓子で日持ちするものなら間違いないです。

報告当日のマナー

女性が挨拶に行く時は、その一挙一動を見られているような気がしまうよね。なので細かいところにも神経を使いましょう。

①玄関先でのマナー
まずは玄関先で挨拶。彼に先に上がってもらい、自分は後から入ります。靴を脱いだら、必ずしゃがんで靴の向きを揃えましょう。

②テーブルでのマナー
持ってきた手土産を渡しましょう。紙袋から出して渡すのが基本です。

「つまらないものですが・・」よりも「甘い物がお好きと聞いたので・・」とプラスになる一言の方が良いです。

和室であれば下座で正座をする。洋室であれば決められた席で背中をつけずに、背筋を伸ばして座る。意識して姿勢を正すようにしてください。

③挨拶のマナー
まずは男性が、女性側の両親の承諾を得た旨を伝えて結婚の報告をします。それに続いて相手の両親にご挨拶をしましょう。

「至らないところもあるかと思いますが、よろしくお願いします」と両親の目を見て言いましょう。

男性側の両親には承諾を得るのではなく、挨拶をするのが一般的です。

その後は、雑談をして2時間程度で帰宅しましょう。翌日お礼状のハガキを出すと好印象です。連絡先を知っていれば電話やメールでお礼も欠かさないようにしましょう。

最後に友人や同僚などお世話になった方々

会社の同僚への結婚報告

お互いの両親に報告して承諾を得たところで、正式に結婚が決まります。ここまできたら友人や同僚に報告ができるというわけです。

第一関門のお互いの両親への挨拶が済んだら、親しい友人にも報告しましょう。もしかしたら家族よりも友人に先に報告されている方も多いかもしれませんね。

入籍のみを予定しているカップルであれば、入籍予定日や決まっていれば新居先なども一緒に話すといいでしょう。

式と披露宴を予定しているカップルは、招待したい旨なども伝えておきましょう。その際に友人代表のお願いや、幹事は誰がいいのかなど、相談に乗ってもらうといいでしょう。

各担当など、共通の友人と一緒に考えたほうが、最も適している方を選出できます。

ただ、仲の良い友人へは上記のようにサラッと報告や相談が出来ますが、そこまで深い仲でない場合は悩みますよね。式への招待も予定していないとなおさら。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。