結婚後もずっとラブラブな夫婦の7つの特徴とは?

「結婚はゴールではなくスタートだ」という言葉があるように、結婚をした幸せの絶頂で人生は終わりではありません。物語なら「めでたしめでたし」で終わるのですが、そうならないのが現実です。

「結婚をして良かった!」という人もいれば、「結婚なんてしなければ良かった!」という人もいます。時には「結婚は人生の墓場」とまで表現されることもありますよね。

しかしご存知の通り、結婚後の生活を「幸せ」にするのか「墓場」にするのかは本人達の努力次第で変わります。どうせなら、結婚で失敗せずにずっとラブラブでいたいものですよね。

今回は、「結婚後もずっとラブラブなカップルの7つの特徴」についてまとめました。結婚後の新生活にどのような姿勢で過ごすかで、今後の人生も変わります。

昔とは違い離婚やシングルマザーでも受け入れられるようになったとはいえ、やはり失敗はしたくないものです。ラブラブな夫婦の特徴を掴んで、幸せな結婚生活を長引かせましょう!

結婚後もずっとラブラブな夫婦の7つの特徴とは?

いつまでも思いやりがある

思いやりのある関係性

結婚後もラブラブな夫婦は必ず、「いつまでも思いやりがある」という特徴を持っています。一番身近な相手に思いやりを持てるというのは、当たり前のようで難しいです。

例えば、友達には優しいけれど家族には冷たい返事をする。付き合い始めは良かったけれど、慣れてくると感謝をしない人は、意外に多いです。身近だからこそ、適当になってしまうのです。

そういう人達の言い訳は、必ず「家族だから言わなくても分かるでしょ。」という言葉を口にします。思っているのは当たり前。それを口に出すのは他人ならまだしも…という感覚です。

お互いに思いやりがある夫婦は、いつまでも仲良しです。逆に、「俺は頑張っている!」と威張る旦那様には、「私はいつもやっている!」と自分の働きばかり主張してしまいがちです。

ちょっとしたことでも「ありがとう」「ごめんね」「大変だったんじゃない?」など労いの気持ちを伝えるだけで優しくなります。

不思議なもので、優しくすると相手も優しく変わることも珍しくありません。

不満があればすぐに話し合い2人で解決

不満を話し合いで解決する夫婦

ラブラブな関係とは、お互いに不満もないし、あってもそれが原因で喧嘩をしないと思っている人が少なくありません。しかし、実はこれは大きな間違い!ラブラブな夫婦こそ話し合いを重ねます。

小さなことでも感じた不満や、モヤモヤした気持ちを、違和感が小さいうちに共有して改善するのです。違和感が小さいと、まだ気持ちに余裕が持てますよね。言い方がも優しくできるはずです。

「聞いてくれてありがとう」「私も悪いんだけど…」とクッション言葉を選びながら話すので、相手の態度も余裕が出ます。その結果、お互いに譲り合って冷静に改善策が見出せます。

我慢に我慢を重ねて、最後に爆発すると、当然感情的で気持ちをぶつけるだけになってしまいます。激しい口調に、相手もヒートアップして、最悪離婚問題になりかねません。

「このくらいは、たいしたことではないんだけれど…」くらいの時に問題を話し合うのが、実は一番良いタイミングです。我慢をするのではなく、上手く伝えられる時期に話し合って下さい。

感謝の気持ちを忘れない

感謝の言葉を伝えあう夫婦

結婚後もラブラブな夫婦には「感謝の気持ち」が溢れています。「ありがとう」「美味しかったよ」「嬉しかったなぁ」というような、ポジティブな言葉です。

思いやりの項目でもありましたが、家族にお礼を言わない人は、意外と少なくありません。家族だから言わなくても良い。家族だからやるのは当たり前と思っている人も多いです。

しかし、よく考えてみて下さい。色々な場面で関わってくるのは家族です。日々の生活で一番お世話をしているのは家族と言っても過言ではありません。

それならば、単純に考えて家族が一番お礼を言われるべきだと思いませんか?人の好意は当たり前ではありません。家族でも他人でも、きちんとお礼をいうこと。それだけで相手の気持ちも違います。

家族の当たり前のような優しさや気遣いに、きちんと感謝できるかどうかで夫婦関係は全く違ったものになります。

スキンシップをとる

夫婦になってもスキンシップをとり合う2人

結婚後もラブラブな夫婦は、スキンシップが多いことが特徴です。子供が生まれてからもセックスの回数が多い人もいます。セックスがなくてもキスやハグを頻繁にする人もいます。

人間とはいえ、やはり肌と肌の触れ合いというか、感覚的な「好き」というコミュニケーションをとるのは決して悪くありません。ハグやキスには安心感をもたらす効果があります。

定期的にそういうスキンシップを取ることで、「この人といると安心する」「触れ合うのが楽しい」と言う感情が続きます。特に日本人は、子供ができるとスキンシップが激変します。

父親として母親として。子供の前だから…とスキンシップを減らした結果、キスなんてもうできない!という夫婦もたくさんいます。スキンシップはそれほど大切なことなのです。

スキンシップを定期的に取ることで、「自分は本当に好きだなぁ」と自覚することができます。無意識に、再確認する作用があるのです。

触るのが恥ずかしい場合は、「好き」と言葉に出すだけでも効果的です。スキンシップの効果は絶大なので、是非恥ずかしがらずにトライしてみて下さい。

男性の嗅覚を刺激するとその気になる!?

「夫ともっとスキンシップをとりたい!でも自分からは…」という女性は、男性の刺激を高める【リビドーロゼ】という香水を使用してみてください。

デート中や寝る直前に利用することで、彼がいつもより大胆になってくれます。

お試しコスメ1つプレゼントあり

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。