結婚に逃げてはダメな理由と対処法とは?

毎日が辛くて憂鬱だと、現実逃避をしたくなりますよね。自分を救い出してくれるような場所に行きたいと考えるのは当たり前です。

そこで女性は幸せなイメージの強い「結婚」に逃げてしまうのです。結婚をすればすべてから解放されて、解決できるような気がするのでしょう。

しかし実際に結婚に逃げて後悔をした人は多くいます。なぜなら結婚は、逃げるためにするものではないからです。

今回は結婚に逃げないように、結婚に逃げてはダメな理由と対処法を紹介していきます。後悔する前に読んでくださいね。

結婚に逃げてはダメな理由と対処法とは?

結婚へ逃げていることが分かって気持ちのいい彼氏はいない

喧嘩するカップル

結婚は、自分だけのためにするものではありません。相手のことも考えてするものですよね。そしてお互いの意思が一致した時に決断できるものでしょう。

「この人と生涯を共にしたい」
「一生をかけて守り支えたい」
「好きだから離れたくない」

このように前向きでありプラスの気持ちから生まれるのが「結婚」です。二人で一緒に幸せになることを考えて出すゴールであり、新たなスタートとなるものですね。

しかし自分の抱えている何かから逃げるための結婚だとどうでしょう。

「現状を変えたいから結婚したい」
「結婚して幸せになりたい」
「結婚をすればここから逃げることができる」

自分のことしか頭にありません。相手への想いや相手の気持ちなんて何もないですね。後ろ向きでマイナスな気持ちばかりです。

これでは結婚を希望された彼氏はどう思うでしょうか。「誰でも良いから結婚がしたいのかな?」と感じますよね。自分と結婚する意味があるのかと不快に思うでしょう。

逃げるための手段として結婚を決めては、相手に失礼です。逃げるために利用されている気持ちになってしまいます。

結婚は二人の気持ちを尊重してするものです。自分本位の手段に利用して大切な人を傷つけることにならないよう気をつけましょう。

専業主婦になれたとしても離婚しないとは限らない

専業主婦を満喫する女性

結婚に逃げる女性の多くは、何から逃げたいのかというと「仕事」なんです。仕事していることや人間関係に疲れてしまい、結婚して寿退社をしたいと思うのでしょう。

結婚すれば、夫の収入に頼ることができるので、専業主婦という選択ができます。仕事や人間関係で悩むこともなくなります。

しかし逃げることでした結婚生活は、上手くいかなくなることも多いです。専業主婦になっても、離婚してしまう可能性だってあります。

もしまた独身になってしまったら、再び働きに出る必要があります。そうなるとブランクもありますし、貯蓄もあまりない状態からの再スタートとなり厳しいものです。

色んなことを想定すると、結婚=退職という方法はおすすめではないのです。収入は多いにこしたことはありませんからね。

結婚しても働けるうちは働く女性の方が増えています。つまり結婚しても仕事から離れることは難しいと思っていた方が良いのです。

逃げるために結婚しても、逃げることはできなかった・・。なんて結果になっては、誰も幸せではないですからね。仕事と結婚は切り離して考えた方が良いでしょう。

共働きを望む男性も増えている

結婚しても働き続ける女性

景気が良くない現在。男性は自分の収入だけで、これから家族を養っていくことに不安を感じる人が増えています。

不安があるからこそ、なかなか結婚に踏み切れない男性も増えているのです。そして結婚するなら「共働き」を望む男性が増えています。

もちろん結婚を機に働き方を変えたり、違う職種に移ることもできます。結婚は大きな転機になることは間違いないでしょう。

しかし今仕事で悩んでいる人は、仕事を変えてもまた同じことで悩む可能性が高いです。つまり結婚しても、根本的な解決にはならないということです。

共働きをすることを前提としてでも、結婚したいと思うのであれば良いでしょう。しかし結婚して退職できると思っているなら考えを変えた方が良いです。

結婚しようと意気込みすぎて婚活などで男性にひかれる

婚活パーティーに参加する女性

逃げるために結婚しようとすると、結婚に対しての執着が強くなります。どうにかして早く結婚したいと意気込んでしまうのですね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。