病気でも結婚したい人が考えたい4つのことは?

病気を持っている人は、結婚を諦めないといけないなんて思っていませんか?もちろん病気と結婚は切り離して考えることはできません。

病気は完治するまでずっと付き合っていくものです。そして結婚することとは、自分の病気を相手にも背負ってもらうことになります。

でも病気は結婚を諦める理由にはなりません。好きな人がいて結婚したいと思うのであれば、病気と結婚についてもう一度向き合って考えてみましょう。

今回は病気でも結婚したい人が考えたい4つのことを紹介していきます。

病気でも結婚したい人が考えたい4つのことは?

病状は結婚生活にどんな影響を与えるのか

病気を抱える女性

あなたが抱えている病気は、結婚生活にどんな影響を与えるのか考えてみましょう。そしてパートナーにどれほどの負担があるのかも考えてみてください。

パートナーの理解が必要

どんな病気であってもパートナーの理解は必要となります。しかし頭で理解していても、実際に結婚生活が始まると想像とは違うこともあるでしょう。

身体的な病気なのか、精神的な病気なのか。それにより相手に必ず理解しておいてほしいことは、どのようなことなのか。

病気そのものの理解ではなく、病気によって出る結婚生活の障害を理解してもらう必要があります。病状と結婚生活への影響を明確にしておきましょう。

パートナーの看護が必要

理解だけではなく、パートナーの看護が必要となる場合もあります。自宅療養でも入院でも、一人では生活が難しい病状の人もいるでしょう。

そうなると結婚生活に与える影響も大きくなります。どれだけの看護が必要になるのか、またどこまでなら一人でも生活できるのかを考えておく必要があるでしょう。

看護するにあたり、両親の援助が必要となるのか。完全に自分たちだけで生活していくのかも大きな問題です。看護が必要な場合は、両親にも相談しておくと良いです。

結婚後に仕事や家事育児がどの程度できるのかも、明確にしておいてください。

仲良く添い遂げられるのか

結婚しても仲良しのカップル

結婚とは、一生一緒に添い遂げることです。困難なことにも二人で一丸となって、立ち向かうことのできる人が夫婦になるのです。

あなたと彼は、病気という困難に負けずに仲良く添い遂げる自信があるでしょうか。二人の絆を今一度考えてみましょう。

  • 信頼関係ができていないのであれば、病気の妻を支えるのは難しいかもしれません。
  • 深い絆がないのであれば、病気の妻を負担に感じてしまうかもしれません。
  • 喧嘩ばかりであれば、病気の中で仲良く添い遂げることはできないかもしれません。

病気という困難に二人で向き合い、仲良く添い遂げられるのか。今の自分と相手との関係を考えてみましょう。

子供はつくれるのか

子供を抱きかかえる女性

結婚をすれば、子供をつくるというのが当たり前だと思っている人もいるでしょう。しかし病気によっては、子供が望めない人もいます。

あなたの病気は、今後子供をつくることは可能なのでしょうか。もし子供が望めない場合、相手はそれを受け入れてくれるでしょうか。

子供のことを知らずに結婚してしまうと、子供を当たり前のように考えていた男性に衝撃を与えてしまいます。黙って結婚することは二人にとって良いことではありません。

夫婦になり、家族になっていくのが結婚です。本物の家族になるために、あなたが病気で諦めなければいけないことは知り伝えておく必要があるでしょう。

治療の金銭的負担はどの程度か

薬の治療費

病気をしていると、どうしても治療に費用がかかってしまいます。治療にかかる費用は、病状によっても大きく異なるでしょう。

今は自分で負担していたり、両親に援助してもらっているかもしれません。しかし、結婚すれば、今度はパートナーの負担にもなるものです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。