結婚がつまらないと思う理由とは?

結婚生活が実際どういうものかわからなくて、不安になってしまう女性は多いものです。幸せになれると思っていた結婚がつまらないとしたら、がっかり感じてしまいますよね。

結婚がつまらないと思ってしまう理由には、どのようなものがあるでしょうか。考えられる理由を紹介します。

そして、つまらない結婚から抜け出すヒントもお伝えします。より良い結婚生活を送りたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

結婚がつまらないと思う理由とは?

2人分の生活を背負う

2人分の料理をする女性

結婚すると、相手と共同生活が始まるので、どちらかが家事を引き受けなければならなくなります。いまでは男女で家事分担するのが当たり前ですが、一般的には女性が家事をやることになります。

結婚すると、家事は2倍になります。料理は2人分作らなければならないし、食器洗いも2倍になります。洗濯も、相手の分が増えるので2倍です。

いままで実家暮らしで家事をしてこなかった女性は、2倍どころか、急に2人分の家事をしなければなりません。

彼との結婚生活のためなら、家事なんて全く苦じゃないという女性は家事も楽しめるはず。しかしそうではない場合、家事をしなければならないということが結婚をつまらなく感じさせてしまいます。

すべての家事が2倍にならないよう、協力してくれる相手を見つけられれば良いですね。または、家事に対して感謝の気持ちをきちんと示してくれる相手を探しましょう。

人の嫌な面もみる

彼氏の悪い一面

結婚生活というのは、良い点ばかりではありません。2人で生活を共にすれば、夫の良い部分も悪い部分も見えてきます。

いままで自由に生きてきた女性の中には、人と仲良くなりすぎるのを避けてきた方もいるのはないでしょうか。人と懇意になりすぎると、嫌な面まで見えてきてしまうからです。

将来を約束した大事な夫・家族も、結局は他人です。

自分のペースを大事に保ってきたあなたは、他人の生活リズムとの違いに戸惑ってしまうかも知れません。嫌な面がだんだん見えてきてしまうこともあるでしょう。

「一人がラク」というのは当たり前のことです。他人にペースを乱されることがないからです。結婚すると、夫に合わせなければならない場面も多く出てきます。

嫌な面も受け入れたうえで、それでも彼と一緒にいたいと思えるような相手が見つかれば良いですね。

プランを決める責任が増える

書き出すデートプラン

結婚すると、相手に対する責任が増えます。一人で遊んでいるときは何も考えずに行きあたりばったりが許されていたのが、二人で遊ぶときはそうもいきません。

例えば旅行を例にします。一人旅なら、行先も宿泊先も決めず、思いつくままに行動することができます。しかし彼と一緒の場合は、きちんとプランを立てる必要が出てきてしまいます。

相手がしっかりプランを立てて物事を進めたいタイプの場合は、無計画なあなたを見てがっかりされてしまうかも知れません。

結婚は2人で作り上げていくものなので、何事に対しても相手の許可や承認が必要になります。お金の使い道や部屋のカーテンのデザインまで、あなたが勝手に決めることはできないのです。

プランを決める責任が増えることを重荷に感じてしまう人は、結婚生活をつまらないと思ってしまうでしょう。

結婚したあともある程度、裁量権をくれて好き放題させてくれる相手を見つけましょう。心に余裕があり、あなたを自由にさせてくれる相手が、結婚相手に最適です。

発言に気を遣う

発言に気を使う女性

2人で一緒にいる時間が増えると、どうしても喧嘩になってしまうことがあります。

口論になるのが面倒だから…と、相手に気を遣って発言してしまうようになると、結婚を楽しめなくなってしまいます。ただ罵り合う喧嘩は神経をすり減らすだけです。

喧嘩もある意味、2人がより仲良くなるための通過儀礼だと受け止めるようにしましょう。しかし意見の相違を正すような喧嘩は、むしろ前向きに捉えるべきです。

口論になることを避けて、変に発言に気を遣うのではなく、相手に言いたいことを言える関係が理想的です。

どちらかが気を遣い顔色を伺う関係は、長くうまくいかない原因になります。なんでも言い合える関係が、結婚を長続きさせるポイントです。

結婚生活が楽しいと思う人の考え方

負担が半分

生活の負担が半分になると考える女性

結婚生活を楽しめる人は、他人がマイナスに思うことをプラスに転換して捉えることができる人です。

家事の話で言うと、「家事の負担が2倍になる」と考えずに「家事の負担が半分」になると考えることができます。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。