無職の彼と結婚で覚悟が必要な7つのことは?

「男が働いて稼ぎ、女は家を守る」という、昭和に古き時代から結婚の生活パターンは多様化してきていますよね。まず共働きも増えましたし、主婦ではなく主夫も存在するようになりました。

職場が全国展開している会社の場合は単身赴任で家族バラバラの家も多いですし、シングルマザーも珍しくありません。そもそも、結婚にこだわらず週末婚などで済ますカップルも多いです。

今回は、そんな多様化した結婚スタイルの中から、「男性が無職の場合」についてピックアップしていきます。通常、結婚相手には高収入を求めます。生活を安定させたいからですよね。

もしも彼が無職と言う人は、是非参考にして下さいね!

無職の彼との結婚で覚悟が必要な7つのことは?

結婚を機に彼が変わることを期待しない

結婚しても変わらずマイペースな無職の彼

無職の彼と結婚をする際、まず絶対に覚悟して欲しいのは「結婚を機に彼が変わるかも…と期待しない」ということです。期待をして一か八か結婚に賭けるなら、止めた方が無難です。

結婚さえすれば、「大黒柱として父親として変わってくれる。責任感が出てくるはず!」なんて甘い夢を見る人もいます。絶対に期待は持たないでおきましょう。

もしも変わるのであれば、結婚が決まった時点で就職先を探します。結婚することになったけれど、無職なんだと平然としている男性は、おそらく変わることはないでしょう。

人の幸せも人それぞれです。無職でも優しい彼に癒されたり、自由な彼にいて欲しいと思う女性もいます。それなら問題はありません。

しかし、このまま「変わらなくても彼が好き」と思えないのなら、結婚は考え直した方が良いでしょう。

彼の代わりに働く

彼の分まで仕事を頑張る女性

無職の彼と結婚をするということは、生活費はあなたが稼ぐということが必須条件になってきます。それも、夫婦2人分の生活費と考えると「最低20万円以上」の給料が目安となるでしょう。

一般的に結婚生活では男性が稼ぐという家庭が多いですが、彼が無職な以上、「自分が代わりに働く」という覚悟が必要です。それも、おそらく楽な仕事はありません。

最低20万円以上というと、営業職のようにノルマを達成して歩合制をプラスしてもらう。建設現場など体力勝負の日給の良い仕事を頑張る。残業も嫌がらずに夜遅くまで働くなどが予想されます。

もちろん、そこまでバリバリ働く周囲は男性ばかり。時には偏見や、周囲の目が厳しい時もあるでしょう。生活がかかっている以上辞めるわけにもいきませんし、仕事への覚悟が試されます。

親は大反対する

彼との結婚に大反対の親

無職であっても彼が好き。彼と結婚をしたい。ありのままの彼が好きだから、変わらなくても良いし、自分が代わりにガンガン稼ぐ!という人もいるでしょう。

基本的に、恋人同士ならばお互いが幸せで彼女のあなたが納得してるのなら、それで問題はないのですが…。結婚となると話は別です。あなたが良くても親が黙っていません。

ただでさえ、大切に育ててきた娘です。娘には好きな人と一緒になってもらう以上に、苦労をしない結婚生活をして欲しいのが親心です。無職の彼を候補に連れてきたら親は大反対するでしょう。

あなたが無職の彼と結婚をしたいと思うのなら、親が大反対をするであろうことは覚悟を決めておく必要があります。長期戦が予想されますので、中途半端な覚悟では心が折れてしまいます。

節約生活

日頃からの節約

無職の彼との結婚は、「節約生活」が必須条件になってきます。新婚時代はラブラブで、色々な所に遊びに行ったり、少し贅沢をしたい時もあるでしょうが、それができない覚悟をするべきです。

理由は、「彼が無職」だからです。今まで一人暮らしで余裕のある生活だったとしても、一人養うとなると大変です。光熱費や水道費、食費や服飾費などに加え、毎月の支払も2人分です。

それぞれの携帯代や、保険料などを払っているとすぐに4万円前後はなくなってしまいます。車がある場合は、ガソリン代や維持費も必要になってきます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。