結婚相手に「ピンとくる」7つのシチュエーションとは?

ドラマや漫画で良く見る、「運命的な恋」って素敵ですよね。前世からの繋がりを感じたとか、会ってすぐに居心地の良さを感じたとか、会ってから頭から離れなくなったという人もいます。

例えば、いつもなら絶対にこんな人と付き合わないけれど、彼だけは別だった。外見や収入に関係なく、彼と一緒にいたかったという話も聞くことがあるでしょう。

本人は自覚が無かったとしても、やはり運命の結婚相手には何かしらピンとくるものがあるようです。そこで今回は、どんな時に結婚相手にピンとくるのかをまとめました。

結婚は、好きと言う気持ちだけでどうにかなるものではありませんし、生活です。パートナーや子供の生活を担うと考えると、なかなか踏み切れない人も多いです。

「悪い人ではないけれど…」と結婚を迷っている人は、是非こちらの7つのシチュエーションについて読んでみて下さい。当てはまるのなら、もしかすると、運命の結婚相手かもしれませんよ!

結婚相手に「ピンとくる」7つのシチュエーションとは?

一目惚れ

一目惚れする男性

結婚相手にピンとくる、一番メジャーなシチュエーションは「一目惚れ」です。ドラマや漫画では、このパターンが多いですよね。一目惚れの恋は、意外と現実でも少なくありません。

一目惚れというと、どうしても外見から入るのですからイケメンだけだと思いがちですが、実はそうではないのです。例えば、イケメンではないけれど雰囲気が好きということもあるそうです。

日頃は絶対に一目惚れしない人が、初めて会った人に恋をする。深く話したこともないのに気になって仕方がない。全然タイプではないのに、彼が無性に気になるなどのサインがあるようです。

人間は、理性がありますので頭で恋愛も分析してしまいがちです。収入は高い方が良いとか、この彼は出世しそうとか算段する人もいるでしょう。

特に結婚となると、ある程度パートナーには社会的ステータスも望んでしまうことも多いです。そういう理性や社会性ではなく、本能で気になる人ができたなら、それは運命の恋かもしれません。

一緒にいる中で突然「ずっと一緒にいたい」と思うようになる

幸せそうなカップル

結婚相手にピンとくるシチュエーションは、出会いからと限定されているわけではありません。数年間友達関係だったのに、ある日突然意識して、「ずっと一緒にいたい」と思うことがあるようです。

居心地が良い。全て自分を理解してくれる。自分も相手を理解できる。何より一緒にいたいと思うというようなことを感じる人が多いです。二人の結婚にとって丁度良いタイミングがあるのでしょう。

例えば、どちらかが少しでも早く相手を意識していたら、その時には別の人と付き合っていて振られていたかもしれません。お互いが同じ時期に、急に意識するのは運命のタイミングだと言えます。

「ずっと一緒にいたい」それは、自分でも無意識の魂の声なのかもしれません。今までに感じたことがない感覚をパートナーに感じたら、その感覚を大切にしてみて下さい。

彼氏にはありえない!という逆に「ピンときた」ところから

ピンとくる男性

結婚相手にピンとくるというと、「好き!」と直感で思ったことばかりがイメージされがちです。しかし、このピンというのは逆の感情でも同じように反応する場合があります。

例えば、「うわ!こんな人彼氏には絶対あり得ない!」と思っていたとしましょう。それがいつの間にか気になりだし、付き合っていたというパターンです。

「本当にタイプではないの。何でか分からないんだけど。絶対にないと思っていたんだけど…」。など誰に反対されるわけでもないのに、必死で言い訳している人っていますよね。あのイメージです。

「あり得ない!」と思ったとしても、それだけ強くピンと感じたと言うのは、何かもメッセージかもしれません。本当に興味がないのなら、そもそも嫌な感情もピンと来ないはずです。

「好き」という好意的なピンではなかった。だから結婚相手だと感じなかったというのは自然です。でも、無意識レベルで何かしら彼に感じるものをキャッチしたというのが大切なのかもしれません。

しばらく離れて再会したとき

久しぶりに再会した2人

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。