男性の結婚の決め手とは?

30歳までに結婚して子供を産みたい。友達も皆彼氏がいる。結婚適齢期の独身女性は、悩むことがたくさんありますよね。元々気にしていなかったに、周囲から言われ焦る人も少なくありません。

一方男性はと言うと、「良いお嫁さんを見つけなきゃ」と言われるものの、焦っている男性は女性に比べて少ないです。35歳くらいから渋さも出てきますし、出世もするのでやる気がみなぎります。

しかしこれでは大問題!男性は35歳を過ぎても年下の女性と結婚すれば良いですよね。でも女性は35歳を過ぎると結婚は難しくなるのが現実です。

たとえ年下の恋人が出来たとしても、出産向きではない年齢になります。そのため、自分の未来に対する計画のタイムリミットを感じて女性は焦るのです。

今回は、「男性の結婚の決め手」についてまとめました。是非参考にして、紹介した項目を意識して実行して下さい。もしかすると良いご縁がやってくるかもしれませんよ!

男性の結婚の決め手とは?

子供が欲しくなった

子供を欲しがる男性

男性が結婚を決める時、それは「子供が欲しくなった」時だと言われています。昔と違い、今は家電が発達して便利になりましたので家事がだいぶ楽になりましたよね。

料理ができなくてもコンビニやスーパーでいつでも美味しいものを食べることができます。むしろ、女性よりもキレイ好きで料理も上手という人も少なくありません。

つまり、女性がいないと家のことができなかった時代と違い、女性がいなくても1人暮らしが成り立ってしまうのが現状なのです。でも、子供だけは男性1人ではできませんよね。

男性だって、甥っ子や姪っ子が可愛くて仕方が無いという人は多いです。小さい子と触れる機会があった時、自分も欲しいなと思ったので結婚を決めたというパターンは多いです。

仕事が安定してきた

仕事が安定してきた男性

複数のことを効率よく並行して進められるのは女性に多いと聞きますよね。一方、男性は複数のことをバランスよくこなすより、1つのことに集中する傾向が強いようです。

仕事に集中したい場合、「仕事が軌道に乗るまでは…」「昇進するまでは…」「給料が上がるまでは…」と一生懸命頑張ります。仕事が落ち着くまでは、結婚をしない人も少なくありません。

逆に言えば、仕事が安定してきたという達成感を持った時、「次は…」とやっと恋愛にも目を向けることができるのです。

周囲に独身がいなくなってきた

知り合いの家族

男性が彼女に結婚を迫られた時、引きのばしたり断る理由の多くは「まだ遊んでいたい」ということが考えられます。結婚をすると自由が利かなくなりますし、時間だけではなくお金も制限されます。

結婚して子供ができ、幸せな生活をいつか送りたいと思っていても、今は独身友達と自由に遊びたいという男性も少なくありません。そんな男性が結婚を決めるのは、周囲の結婚が増えた時です。

飲み会に誘っても行ける友達が少なくなったり、夜通し飲み歩ける仲間がいなくなってくると寂しいのです。「そろそろ俺も落ち着こうかな…」と周囲のように結婚を考える時がくるでしょう。

男性は雰囲気に流される場合も少なくありません。先月まで「結婚はまだ考えていない」と言っていたのに、結婚式に参加した途端、「俺達もそろそろ…」なんてことも意外と多いですよ!

弱っているときに助けてもらった

手助け

女性も同じですが、やはり「弱っている時に助けてもらった」という経験をすると、相手の女性と結婚を考えるようです。辛くて悩んでいる時に、味方でいてくれる存在ってありがたいですよね。

ずっと一緒に暮らしていきたい。奥さんになって欲しいと考えるのは当然のことです。男性は社会的にも泣き言を言うことがあまりできない環境にありますよね。そう育てられた人も多いでしょう。

いつもは気を張ったり強気な男性ほど、心が折れてしまうと弱いものです。彼女の言葉で救われた。彼女の存在で安心感を得たなど辛い時に助けてもらった経験は、結婚に結びつけやすくなります。

弱音を吐ける。情けない自分を受け入れてくれる。癒される。前向きな気持ちにさせてくれる。あなたの存在をこのように感じさせることができたなら、結婚までは遠くありません。

一定期間以上のお付き合いをした

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。