結婚のプレッシャーを効果的に与えるには?

結婚したいのになかなか彼がプロポーズしてくれない。彼が私との結婚に前向きなのか、彼の気持ちが分からない。

彼に結婚のプレッシャーを与えるには、どんな方法が効果的なのでしょうか。「北風と太陽」の寓話のように、強く迫るのか、優しく包み込み愛情を与えるのか、悩みどころですよね。

「北風と太陽」両方を巧みに使い分け、うまく彼に結婚のプレッシャーを与える方法がおすすめです。具体的に、どんな方法があるのか書いていくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚のプレッシャーを効果的に与えるには?

北風:親に会わせる

親への紹介

結婚は、結婚相手の親と家族になること。彼をあなたの親に合わせることで、結婚を意識させることができます。

彼を連れていくことで、あなたの親も彼のことをあなたの結婚相手候補として見るはずです。彼もあなたの親に会うことで、「ちゃんと将来のこと考えなきゃ」と思ってくれるはず。

ただ家に遊びに行くという気軽な感じではなく、「親に挨拶」という少し堅苦しい雰囲気で場を設定するのがおすすめ。彼もあなたの気持ちに気付いてくれるはずだからです。

あなたの親の好きなお土産を持って、ちゃんと彼に自己紹介させてみてください。彼があなたとの将来を真剣に考えてくれていれば、親に気に入られるように、彼は努力するはずです。

彼と親と、家族のだんらんの良いひと時を過ごすことができれば、将来をイメージできます。そして彼はあなたとの結婚に前向きになってくれるはずです。

太陽:彼が弱った隙に支えまくる

弱っている彼

彼に「結婚したい」と思わせる方法でおすすめなのが、彼の心の支えになること。彼が弱っているときに、すかさず支え、励まし、心のよりどころになってみましょう。

風邪で寝込んでいたら、付きっ切りで看病し、お粥を作ってあげたり薬を飲ませてあげたりしましょう。残業が忙しくて帰りが忙しい時には、バランスの良い食事を作り健康面を支えましょう。

弱った彼に尽くしてくれるあなたの存在に気付いたとき、彼は「この子が奥さんになったら毎日頑張れるな」と思ってくれるはず。

あなたがいない生活なんて考えられない、と思わせることができたら理想的です。

自分以上に彼のことを気にかけてあげる存在なんていないことを彼にアピールしましょう。弱っているときこそ、普段当たり前だと思っていることに気付くものです。

北風:結婚情報誌を見せる

結婚情報誌を2人で眺めるカップル

なかなか結婚に踏み切ってくれない彼には、結婚情報誌を見せてプレッシャーをかけましょう。部屋に何気なく置いておくのも良いかもしれません。

結婚情報誌には、結婚式場や結婚指輪・ドレスの情報以外にも、結婚までのステップなどのノウハウが載っています。

将来結婚するために必要な資金についての、役に立つ情報も満載です。「結婚にはこのくらいお金かかるんだってー」「両親に挨拶行くタイミングはいつがいいのかな」。

結婚情報誌を見ながら、彼に相談するように気軽に声をかけてみましょう。彼が「どれどれ」という風に一緒に結婚情報誌を見てくれたら、こっちのものです。

結婚式はどういう雰囲気がいいのか、列席者はどの辺まで声をかけるのか…。結婚に関して決めなきゃいけないことを畳みかけるように、その場で決めてしまいましょう。

もう結婚に向かって動き出すことができますよ。

太陽:彼に好きな気持ちを伝えまくる

彼に好きな気持ちを伝える女性

あなたが彼と結婚したいのは、彼のことが好きだからですよね。あなたの気持ちをわかってもらうために、彼に好きな気持ちを伝えまくりましょう。

付き合いが長くなってくると、一緒にいるのが当たり前の空気みたいな存在になり、結婚を切り出すタイミングが難しくなります。

そこで、出会ったときの気持ちを思い出すように、ラブラブな雰囲気で彼に甘えましょう。「好き」と言われて嫌がるひとはいません。

「好きだから一緒にいたい」「ずっと一緒にいたい」「家族になりたい」という気持ちを、本気で伝えましょう。

結婚して子供が生まれたらなんていう名前にするか、という話をするのも良いかも知れません。幸せな家庭の未来像を、彼にイメージさせましょう。

彼も同じ気持ちで、あなたのことが大好きなら、結婚に前向きになってくれるはずです。

北風:付き合った期間の話をする

付き合った思い出の詰まったペンダント

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。