結婚前も後も話し合いが大切な8つの理由とは?

夫婦がともに暮らしていく結婚生活。結婚生活には、実は話し合いがとても大切なんです。

いくら愛し合っていても、元々全然違う環境で生まれ育ってきた二人。共同生活をしていくうえで、意見に差が生まれます。それを解決するためには絶対話し合いが必要になるんですね。

結婚前にも後にも、話し合いが大切な8つの理由を、解説します。

結婚前も後も話し合いが大切な8つの理由とは?

どちらがどれだけの財布を握るか

家庭のお財布事情

結婚前は別々だった財布が、結婚後は夫婦で共有のものになります。財布をどう管理するか、結婚前や後に話し合うことはとても重要なことです。

結婚すると財産は合算され半分になると考えるのが一般的ですが、最近は結婚しても財布は別々という夫婦も増えています。

お互いの趣味を認めて、自分が稼いだ分から好きにお金を使っていい夫婦もいます。

一方で、夫の給料も妻の給料も合算して同じ財布に入れ、そのなかから小遣い制という夫婦もいますよね。その場合は、お互いが自由に使えるお金の上限が毎月決まってしまいます。

お小遣い制は毎月自由に使えるお金は減ってしまいますが、その分貯金が確実に溜まります。将来子供を育てる資金にもなるでしょう。

どちらが財布の主導権を握るか、お小遣い制にするのか自由にするのか。結婚前にあらかじめ決めておくと、結婚後のギャップが無くておすすめです。

子供をいつ何人育てるか

子育てする女性

子供をいつ作り、何人育てていくのか。出産計画により、ライフスタイルも変わってきます。だからこそ、事前に話し合っておくことが重要です。

子供を育てずに二人で生きていくことを選択するカップルもいます。家のローンを返すためには、一人だけ作りたいという夫婦もいます。

子供を育てて、高校・大学と費用負担をしていくためには、ある程度のまとまったお金が必要になります。事前に、いつ頃何人くらい子供を作りたいと思っているのか話し合っておきましょう。

最近は様々な環境から、なかなか子供ができない夫婦も増えています。子供が欲しければ、早めに子作りをスタートさせるのが堅実です。

家のローンの返済のためには、子供を作りすぎても家計が苦しくなるパターンもあります。

夫婦の財産事情も考えて、計画的に子供を作る必要があるのです。

マイホームは持つか

憧れのマイホーム

結婚したあと、マイホームを持つのか、賃貸で暮らすのか。住宅に対してどう考えているのかも確認し話し合っておいたほうが良い項目です。

マイホームを持つと言うことは、とても莫大なお金がかかることです。即金で払えるお金があれば良いのですが、一般的にはローンを組んで毎月返済していくことになるでしょう。

給与の中から毎月決まった額を長期間返していくわけですから、安定した仕事についている必要があります。

マイホームを持つのは、想像以上に大変なことなのです。

しかし賃貸で毎月家賃を払うことを考えれば、マイホームのほうがメリットが大きいという考えもあります。賃貸は自分のモノになりませんが、マイホームは完済すれば自分のものです。

住宅に関してどう意見を持っているのかを話し合っておくことは、のちのち喧嘩になることも避けられるのでおすすめです。

家事は何をどれだけ分担するか

食器を洗う女性

共働きの夫婦が増えていますので、家事分担をどうするのか、ということも結婚生活で重要なファクターです。

仕事のある日に帰ってきて、家事もこなすというのは、想像以上に大変なことです。どちらかに負荷がかかってしまうと、喧嘩やすれ違いの原因にもなります。

結婚前や結婚した後も、定期的に話し合うことをおすすめします。曜日ごとに分担を決めたり、項目ごとに分担を決めたり、分担の仕方は夫婦のやりやすい方法で良いです。

どちらかに偏りすぎず、ある程度分担しあうのが理想です。

平日は妻が料理を作る代わりに、土日は夫が作る、というのもいいかもしれません。また、料理は妻がやり、ゴミ出し・皿の片づけを夫がやるという分担も良いかもしれませんね。

家事に協力的な夫が理想的ですね。

親戚付き合いにどれだけ力を入れるか

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。