結婚半年で離婚危機の原因と対処法とは?

期待いっぱいで始まった結婚生活。しかし結婚することで、近づくはずの二人の距離が離れてしまうこともあります。

バタバタとした新婚生活が落ち着いたら、すぐに離婚の危機。一生一緒にいることを誓ったはずなのに、短期間で離婚危機になるなんて自分でも混乱してしまうことでしょう。

自分には何か欠陥があるのか。相手が結婚に不向きな人だったのか。半年での離婚危機は、責任の擦り付け合いとなってしまいます。

では実際に半年で離婚危機になってしまう原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は原因と対処法について紹介します。

結婚半年で離婚危機の原因と対処法とは?

結婚への期待が先行していた

結婚への強い憧れ

結婚をする時に、「この人となら100%うまくいく」と確信している人は少ないものです。誰しも何らかの不安を抱えているものでしょう。

  • 少し気が合わない部分がある
  • お金の使い方が理解できない
  • 些細なことで喧嘩をしてしまう

このような不安を抱えたまま結婚しても良いのかと悩む人も多いでしょう。でも結婚には何か大きな力があるように感じるのです。

結婚に対する期待が不安を上回ります。結婚すれば、どうにかなるという不思議な自信がわいてきてしまうのです。

しかし実際は結婚したからといって、人間が変わるわけではありません。二人の関係性も何も変わることはないでしょう。

そのため抱えていた不安は的中してしまいます。どうにかなると思っていたことが、半年たったところでどうにもならないことに気が付くのです。

結婚という魔法のような言葉に期待しすぎてしまったのでしょう。もう少し現実を見る目が必要だったのですね。

金銭的に厳しい

足りない結婚生活の資金

どんなにお金がなくても、愛さえあればどうにかなる。逆にお金があっても、愛がない結婚なんて上手くいくわけがない。結婚前はそう思うでしょう。

でも実際はお金と愛情は切っても切れないものであり、比例するものでもあります。お金があれば愛情も豊かになりますし、お金がなければ愛情も減ってしまうのです。

結婚をするとお金は増えると思いますか?それとも減ると思いますか?結婚した後のお金のあり方について考えてみましょう。

共働きの場合

夫婦ともに働くのですから、家計の収入は2倍になります。しかしかかるお金ももちろん2倍になります。貯蓄だって必要になりますよね。

そうなると独身時代よりも使えるお金は減ります。もし実家生活をしていた人であれば、使えるお金の少なさに驚く人もいるでしょう。

夫の稼ぎがあれば自由に使えるお金も多いですが、そうでない場合は金銭的に負担となるでしょう。

専業主婦の場合

夫の収入のみで生活をやりくりするのですから、自由に使えるお金なんて微々たるものです。

それでも子供のことや将来のことを考えながら、生活しなくてはいけません。金銭的な余裕がなく我慢しながら生活をすることになるのです。

どちらにしても金銭的に厳しいと、心の余裕がなくなります。心の余裕がないと、相手への思いやりもなくなります。そして愛情を失ってしまうのです。

ささいな生活のすれ違い

日々の生活のすれ違い

結婚相手は大好きな人とはいえ、他人です。生まれ育った環境が違うのですから、わかり合えないことも多いのは当然のことです。

最初は小さくてささいな生活のすれ違いだったのでしょう。トイレのふたの開け閉めや、洋服のたたみかた、キッチンの使い方などです。

でも小さくてささいなことでも積もり積もると大きなストレスになります。毎日のことだからこそ、嫌気がさしてしまうのです。

また家事の分担がうまくいかないこともあります。やったつもりなのに評価されない。やってほしかったのに何もしていない。このようなことが毎日積み重なります。

イライラとした小さなストレスは、半年もあれば蓄積されて大きなストレスとなります。一緒にいること自体がストレスとなり、離れたくなってしまうのです。

浮気など倫理的に問題があった

浮気相手の女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。