デートに誘われたことがない女性に共通すること

せっかく女性に生まれたのだから、自分から誘うわけじゃなくて、「男性からデートに誘われたい!」と誰もが思いますよね。これが女心というものです。

しかし、待っても待ってもデートには誘われないし、いつしか周りはみんな彼氏持ち。気持ちだけ焦ってしまって、何をしても空回り…。

しまいには、周囲の結婚ラッシュで「もうわたし、仕事に生きるしかないのかな?」と、諦めモードに入ってしまっていませんか?

デートに誘われたことがない女性に共通すること

オフィスで仕事をするビジネスウーマン

上に挙げたようなデートに誘われたことがない女性たちには、実はある共通点があります。

その共通するものさえわかれば、デートに誘われない謎を解消できる見込みもあるのです。原因がわかれば、対策を打ったり、対処法も考えることもできますもんね!

ここで今回、『デートに誘われたことがない女性に共通すること』をテーマに、徹底的にその共通項を紹介していきます。

あなたはそれに、いくつ当てはまっているでしょうか?なかなかデートに誘われないそこのあなた、この記事は要チェックですよ!

キャリアウーマンタイプに多い

アシスタントの女性

バリバリ仕事をしていて、仕事もできて、同期や先輩からも一目置かれる女性っていますね。そんな女性は同性から見てもかっこいいし、尊敬や羨望の眼差しで見られているに違いありません。

しかし、この『キャリアウーマン』は、意外にも、男性からするとなかなか声をかけづらい存在なのです。

というのも、社会の中で女性が認められるには、まだまだ壁や障害が多いのが現実です。男性の数倍の実績を出して、やっと認められるのです。

そんな厳しい環境で生き抜いているキャリアウーマンは、男性からしたら恋愛に興味がないように思えてしまうのです。

仕事の面では頼りになるし、すごいと思っている。だとしても、「どうしても仕事ができすぎる」。

「仕事に全精力を注いでるように思える相手を女性と思えない」のも、また現実なのです。

普段逞しくて強い姿を見すぎているため、どうしても女性を『男性』のように、むしろ仲間のように感じてしまうのですね。

たまには飲み会などで酔っ払ってしまった姿や、顔が赤くなっている姿、恥じらっている姿を見せてみましょう。そんなオフの女性の面を見せると、周りの男性からの態度も少し変わることでしょう。

性格がサバサバしている

本を熟読する眼鏡をかけた女性

細かいことをネチネチ言わないし、後に引きずらずあっさりしているため、サバサバ系女子は男性からすると人気は高いですよね。…ただし友達としては。

サバサバ系女子は、思ったことを全部言いがちで、その上表現がドストレートになりがちです。

後腐れないというメリットもありますが、意外にも男性は繊細なため、傷ついているなんてこともしばしば…。

また、サバサバ系女子は常に冷静で物事を客観視しているため、スキないように見えます。そのため男性からすると何を考えているのかが理解できず、どうしても近寄りがたいのです。

その上、自分のことも他人のことも常に冷静に分析できてしまうサバサバ系女子の感情は、表に出づらく、伝わりにくいです。それが原因で、相手は冷たく扱われていると勘違いしてしまいがちです。

全て誤解なのですが、どうしても可愛げがない印象を与えてしまいがちなのですね。少しだけソフトに、マイルドに言葉を発するだけで、周囲のあなたへの印象が変わってくるでしょう。

スペックが高すぎる

カフェでラップトップで作業する女性

男性は傷つくことを極度に恐れる、プライドの高い生き物です。なので、もし相手の役職や学歴が自分より上だったら、好意があったとしても声をかける勇気さえわきません。

もちろん、自分が優位に立てるような女性に対して男性は平常心でいることもできるし、堂々と振る舞うこともできます。

しかし自分を圧倒するような、自分が気を使わなくてはならない相手に対してでは、女性であっても怖気付いてしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。