理想的なデートの誘い方とは?

デートに誘うときには、その誘い方が重要になります。勢いで誘えば、OKをもらえるというわけでは当然ありません。デートにも、イケてない誘い方と理想的な誘い方があるのです。

イケてない誘い方を知っていれば、他の誘い方で相手からOKをもらえるかもしれません。理想的なデートの誘い方を知っていれば、実際にデートに誘うときにその誘い方を組み込むことも可能です。

デートのイケてない誘い方と理想的な誘い方を理解しやすいように例を挙げながら説明します。

イケてないデートの誘い方とは?

イケてないデートの誘い方

今までのデートの誘い方を思い出してチェックしてみてください。自分としては誘っているつもりなのに、相手にうまく伝わらなかったケースはなかったでしょうか?

もしくは、「絶対イケる!」と思ったのに、断られてしまったことはないでしょうか?

案外、これから説明するようなデートの誘い方をして失敗する人も多いです。もしも、イケてないデートの誘い方に当てはまっていたら、今後はデートの誘い方を見直していきましょう。

「〇日空いてる?」は失敗確率が高い

デートに誘うときに、いきなり「○日空いてる?」と聞くのは避けましょう。突然この質問を受ける側は「空いている」と答えるとその日の誘いを断りにくくなります。

例えば、相手をよく知らない状態で2人で興味のない場所に行こうと誘われて、断りにくい状況になるのは「面倒だ」と感じる方も多いです。

「何か後ろめたいことでもあるのかな?」とも勘ぐられてしまいます。相手の予定を聞く前に、誘おうとしている場所などを提示することがよいです。

デート内容のハードルが高い

例えば、Aという趣味に情熱を注いでいるとします。そこで、Aの専門店をデートの場所に選んだとします。

しかし、肝心のデートに誘う相手が自分の趣味であるAに全く興味がなかった場合は、優れたデートプランであるとは言えないのですよね。

全く興味のない趣味の店にデートに誘われても、相手に強い恋愛感情を持っていない限り、退屈なイメージを抱かせてしまいます。

このようにデートの内容のハードルが相手にとって高いと、断られる可能性が増すので注意しましょう。

はっきりと誘わない

まず、はっきり誘わないと相手にデートに誘うという手間暇を掛けさすことになることが想定出来ます。例を挙げると、

自分:「○○という場所に一緒に行けたらいいね!」
相手:「じゃあ、一緒に○○に行かない?」という形式です。

このように相手がデートに誘うアクションを起こさなければいけない状況だと面倒臭がる可能性もあります。加えて、曖昧にデートに誘っても、社交辞令として受け止められる可能性も有りえます。

例を挙げると、

自分:「○○という場所に一緒に行けたらいいね。」
相手:「そうだね。何時か行けたらいいね。」

という形で具体的に話は進展しないままで自然消滅する場合もあります。はっきりとデートに誘えない原因は、振られたくないからかも知れません。

実際にデートが出来なくてもダメージが少ない場合も想定出来ます。しかし、はっきりとデートに誘わない方法はあまりおすすめ出来ないのです。

理想的なデートの誘い方とは?

理想的なデートの誘い方

次に理想的なデートの誘い方を紹介していきます。ポイントは、「相手に合わせること」と「自然な形で断りにくい状況にすること」です。

イケてないデートの誘い方で紹介したものは、どれも「独りよがり」な誘い方が多いですよね。相手にとってみれば、返答しづらいものが多いです。

理想的なデートとは、真逆で「相手を巻き込んでいくこと」が、デートに誘ってOKをもらえる確率を高めることにつながります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。