結婚前にもめる7つの原因とは?

結婚をする時、ただ婚姻届を出せば良いと思っていませんか?結婚とは、2人が夫婦になるという単純な話ではありません。

相談すべきことや、決めるべきことが盛りだくさん。その都度もめてしまうこともあり、本当に結婚できるのかと不安になる人も多いものです。

特に頭を悩ませるのが、親同士のもめごとです。息子と娘の結婚に、親はどうしても口を出してしまうもの。そして話がまとまらずに対立してしまったりするのです。

では結婚前にもめるのは、どのようなことが主な原因となるのでしょうか。あらかじめ原因を知っておくことでスムーズに進められることもあります。

結婚前にもめて喧嘩や破談なんてことにならないように、まずは原因を究明しておきましょう。今回は結婚前にもめる原因を7つ紹介します。

結婚前にもめる7つの原因とは?

結納をどうするか

結納の両家の考えの違い

結婚式を挙げる前に、まずは婚約成立のしるしに両家で結納を行います。地域や家族によっても結納の形式が異なるため、どのように執り行うのかでもめることがあります。

結納で決めなければいけない事項を紹介します。

結納の日取り

結婚が決まって両親に挨拶をした後から、結婚式を行う前の期間に行います。結婚式の3~6か月前ほどに行うカップルが多いです。

2人と両家両親の都合の良い日程であり、日柄の良い日である必要があります。すべてを優先させると、なかなか日程が決まらずに難航してしまうでしょう。

まずは日柄にこだわらずに、全員の都合の良い日を出してみましょう。その中で一番日柄が良く、結納場所の予約が可能な日を選ぶと良いですね。

結納の形式

結納の形式には、「正式結納」と「略式結納」があります。今はさらにカジュアルに「食事会」という形で結納をしているカップルも多いです。

それぞれの家に確認をして、結納の決まりを聞きましょう。通常は男性側に合わせて行うのが一般的となります。

どちらも決まりがなければ、食事会でも良いか確認をした上で決めるようにしてください。

結納の場所

結納の場所も悩むところですね。両家が集まりやすい場所であり、結納を行う格式のある場所を選ぶ必要があります。

両家が遠方の場合には、それぞれの中間点で行うのが良いでしょう。もしくは自分たちが結婚式を挙げる会場の近くでも良いですね。

結納の支払い

正式結納の場合には、結納金や結納品に決まりがあるのでもめることは少ないです。しかし食事会の場合には決まりはありません。

男性側が全ての会計を支払う場合も多いですが、両家で折半する場合もあります。その場でもめることがないようにあらかじめ決めておくようにしましょう。

入籍日の日取り

入籍する日付

入籍をする日は2人で話し合い、ベストな日を決めましょう。多くのカップルが入籍日を決めるのにヒントとしている項目を紹介しますので参考にしてください。

  • どちらかの誕生日
  • 交際記念日
  • 語呂の良い日
  • 日柄の良い日(大安・友引)
  • 国民のイベント日(七夕・クリスマスなど)

あとは結婚式と同日に入籍したり、その前後となる日に合わせるカップルも多いです。一生の記念日となるので、2人が忘れないような日に入籍すると良いですね。

挙式の場所

挙式を行う地元

結婚式を挙げる場所も意見が分かれてもめる原因となります。地元が離れている場合には、どちらの地元で行うかも重要な問題です。

海外挙式に憧れている女性も多いですし、海外に興味のない男性もいるでしょう。

また2人だけの問題ではなく、両家の意見も重要となります。海外でやりたいと言っても反対されることだってあるでしょう。

まずは2人の希望を話し合って決めた上で、両家の両親に相談しましょう。譲れない部分と譲れる部分を明確にして、お互いの意見を尊重できると良いですね。

結婚式の費用分担

結婚式にかかる費用の分担

結婚式の費用相場は300~400万円です。そのうち半分くらいは、ご祝儀でまかなえますので必要となるのは200万円前後ですね。

200万円という金額は決して簡単に用意できるものではありません。自分たちで出すのであれば、数年間頑張って貯金したお金を使うことになります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。