結婚を彼が先延ばしにする理由と対策とは?

女性にとって結婚するということは、妊娠出産についても考えなければいけません。現実的な問題として年齢についても考える女性は多くいるでしょう。

あなたは早く結婚をしたいと思っていても、彼がなかなか結婚を決めてくれない、プロポーズをしてくれないと悩む女性は多くいます。結婚の話が出た時点で話をそらす彼も少なくはないでしょう。

では、なぜ彼は結婚に対して先延ばしをしてしまうのでしょうか。彼なりの理由を話してくれればいいのですが、なかなか話してはくれることではありません。

彼のプライドが許さなかったり、話せる様な内容ではなかったりと様々です。ここでは、結婚を先延ばしにする彼の心理について紹介していきます。

結婚を彼が先延ばしにする理由と対策とは?

まだ遊んでいたい

まだ独身を満喫したいと思う男性

まずは、シンプルに自由に遊ぶ時間がなくなるのはいやだと思っているパターンです。結婚をすれば、遅くまで友人と飲んだり、休みの日に自分の好きなことだけをする時間もなくなります。

どこか出かけるにはあなたに対しての説明をしなければなりませんし、男同士の遊びは制限されていきます。遊びに使えるお金が制限されることに関しても抵抗があるのでしょう。

あなたのことは好きで結婚を考えていないわけではないのですが、独身としての楽しみから抜け出せないでいます。

その場合は、いつまでというわけでもなく、ずるずると結婚を先伸ばそうとするでしょう。

結婚をしなくても、付き合っているのだからいいじゃないかと思っている人も少なくありません。結婚するタイミングを自分のタイミングだけで判断してしまっているのです。

収入に不安がある

少ない収入

結婚をすると、彼は一家の主としての責任を負うことになりますが、それには今の収入に自信がないという場合があります。これは、現代社会には多くみられるでしょう。

家族を養っていくということは、独身時代とは動くお金が違ってきます。独身の今でも十分に貯金ができているわけでもないのに、結婚なんてできないと考えているのです。

彼は彼なりにあなたのことを大切に思っている証拠。けれど、収入自体がいつ安定するかはわかりません。その悩みは漠然としていて、なかなかあなたにも打ち明けられずにいるのでしょう。

この問題は結婚してからも続くものです。けれど、彼のプライドが甲斐性がないと思われたくなくて、ただただ結婚を先延ばしにしてしまうのです。

覚悟が足りない

結婚への覚悟が足りない男性

結婚に対する覚悟ができない彼は、もしもの話ばかりを心配します。

これからの人生において結婚をした後にも、しっかりと夫として父としての責任を全うできるか自信がなく覚悟できずにいるのです。

今の収入は安定しているけど、もしも今後リストラや減給があったらどうしようといった不安もその一つです。

これからの結婚生活に向けての覚悟より不安が勝っていると結婚になかなか踏み切れません。

あなたという人を生涯愛し続けることに対しても不安に思っている場合もあります。もし他に魅力的だと感じる人が現れたときはどうしようなどと考えるのです。

浮気性の彼の場合はなおのことでしょう。覚悟のないままでは、結婚をしてもうまくいきません。

覚悟をしないままで結婚を決められても、どこかに未練を抱いてすっきりしないままになってしまうでしょう。

覚悟を決めるには何かきっかけが必要です。しかし、そのきっかけがまだ訪れずにいるのです。

結婚する気がない

そもそも結婚を考えていない男性

そもそも結婚する気がない場合は、あなたから結婚の話をしても一向に前に進みません。結婚に対して何も考えていない場合が多いでしょう。

そういった彼の特徴は、充実した毎日を送っているということです。あなたとのお付き合いの他に、仕事や趣味といったことに没頭できる環境にいるのではないでしょうか。

まだまだ子供心にあふれ、今が楽しければそれでよいのです。将来のことまで考えていません。いつまでも子供でいたいと思う気持ちを強く持っています。

結婚よりも大切で楽しめるものが多いので、結婚になかなか意識が向きません。あなたというパートナーがいるだけで満足しています。

彼にいくら結婚を意識させようとしても、今を変えたくない彼にとっては重要な話として聞いてもらうことはできないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。