結婚後のお財布管理はどうすべき?

結婚をするときに、決めておくべき大きな問題の一つに「お財布管理」があります。生活を共にしていくということは、お金も共有していく必要がありますからね。

ただ財布管理の方法に絶対という正解はありません。夫婦のスタイルによって、ベストな方法は異なります。だからこそ管理方法をどうするべきかと悩む人はとても多くいるのです。

結婚後のお財布管理は、やり方次第で将来の貯蓄額が大きく変わります。また管理方法が夫婦のスタイルに合っていないと不満や喧嘩の原因にもなります。

お財布の管理とは、結婚後の生活で曖昧にしておくべきではない重要問題というわけです。

そこで今回は夫婦のスタイル別に、お財布の管理方法について紹介していきます。自分たちのスタイルに合ったお財布管理方法を見つけてください。

結婚後のお財布管理はどうすべき?

まずは夫婦で話し合う

夫婦での話し合い

お財布の管理方法は、結婚前もしくは結婚してすぐに夫婦で話し合いをしましょう。曖昧にして先延ばしにしてしまうと、後から変えるのが難しくなってしまいます。

最初からお金の話なんて・・と思うかもしれません。でも結婚は夢ではなく現実です。現実的な話をしてこそ、結婚生活は成り立つことを忘れないでください。

話し合うべき項目を簡単に整理しておきましょう。

現在の収入と生活費のバランスについて

相手の収入を知らない人もいるかもしれません。しかし夫婦となるのであれば、給与明細をしっかり見せてもらいましょう。自分も働いている場合には、相手に収入を提示してください。

二人合わせた世帯収入を出したところで、考えられる毎月の支出を出します。家賃や光熱費、食費などです。そこで毎月いくら貯金をするべきかまで決めておくと良いでしょう。

お金の使い方について

続いては、必要な生活費以外にどれくらいお金を使っているか話してください。

  • 飲み会などの交際費
  • 洋服や靴などの服飾費
  • 趣味などの娯楽費

これらの項目は人によって大きく異なります。結婚をしたら独身時代とは異なり、抑えるべき項目にもなります。

浪費家なのか、倹約家なのかもお互い把握してください。そして無理のない程度で制限を決めてお金を使うようにしていきましょう。

財布は別にする?一緒にする?

お財布を別々のままにするか、一緒にするかどうかは重要問題です。例えば、二人でランチをした場合を考えてみましょう。

財布が別の場合は、夫婦でも自分が食べたものは自分で支払いをします。一方で財布が一緒の場合には、会計も一つの財布から支払います。

共働きなのか、一方の収入になるのかにもよって変わります。まずは財布をどう使い分けるかを夫婦のスタイルに合わせて話し合いましょう。

お小遣い制?その場合いくら?

夫婦の多くは「お小遣い制」をとっている場合が多いです。家庭によって異なりますが、平均するとお小遣いの相場は3~5万円ほどです。

お小遣い制にする場合には、金額についてもお互いが納得できるように話し合いましょう。

貯金がない場合は、どちらかが管理

お金の管理

結婚をするとき、結婚式やハネムーンそれに新居に多くのお金を使います。気が付くと貯金がなくなってしまうこともあるでしょう。

でもこれからマイホームを購入したり、子供が生まれたりとお金はかかります。再度貯金を増やしていかなくてはいけませんよね。

そこで生活費などの毎月の出費をきちんと計算しましょう。夫婦で話し合いどちらか一方が管理してください。面倒かもしれませんが、家計簿をつけると良いです。

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけるのには、様々なメリットがあります。まず生活費を再度確認して数字をつけることで、無駄遣いを減らすことができます。

また収入と支出のバランスを毎月見ることができるので、計画的にお金を使うようになります。そうすることで自然と貯蓄もできるようになるでしょう。

完璧に家計簿をつけようとすると続かなくなってしまいます。大体で多少の誤差は気にせずに管理する程度が続ける秘訣です。

散財する夫に対しては妻が管理

夫にお小遣いを渡す女性

どちらがお金の管理をするかも悩むところですよね。多くの夫婦は妻が管理しているケースが多いです。一般的に男性の方が浪費してしまう傾向があるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。