結婚のコスパが考え方次第の理由とは?

恋人との結婚を考える時、希望に胸を膨らましますか?それとも現実的に考えて少し億劫になってしまうでしょうか?好きな時に会えば良かった恋人と違って、結婚は日々の生活になりますよね。

日々の生活では、恋人時代のようにラブラブな雰囲気もなく生活感が増してきます。イベントにおけるサプライズやプレゼントも、相手によっては無くなる可能性もあります。

恋人時代と結婚生活を比較すると、恋人時代の方が素敵に見えるのは仕方ありません。しかし、結婚には出産、妊娠を始めとして好きな相手と家庭を作るというとても素敵なメリットがありますよね。

今回は、「結婚」をキーワードにコスパが良いかどうかの観点でまとめました。考え方次第で結婚に向いているかどうか分かりますので、是非参考にして下さいね!

結婚のコスパが考え方次第の理由とは?

他人と過ごす時間をコストと捉える人は結婚すべきでない

他人と過ごす時間をコストと捉える人

結婚とは共同生活です。これまで生まれた場所も、育った環境も全く違う他人の2人が一緒に暮らすことになるので、合わないこともありますよね。結婚とは相手と自分で作り上げる生活のことです。

結婚をするにあたって大切なのは、「他人と過ごす時間をどう捉えるか?」ということ。いくら恋人だったとは言え、他人と過ごす時間をコストだと考える人は結婚には向いていません。

結婚は、配偶者だけとの付き合いではありません。結婚したら義両親、親戚、ご近所、ママ友など独身の頃よりもたくさんの人づきあいが始まります。その時間をどう捉えるかで結婚は変わります。

人に合わせるのが疲れる。自由に一人で行動したいと考える人は、残念ながら他人との共同生活を強いられる結婚には向いていないと言えるでしょう。

愛する人との生活費をコストと考える人は結婚に向いていない

愛する人との生活費をコストと考える人

結婚をすると、水道代、食費、携帯代などのコストも単純に増えますよね。これまで自分一人分だけの支払いだったのに、人が増えるのだから当然です。

結婚をするためには新居に移るための引っ越し費用、敷金礼金に家具を買い揃えたりして結構お金がかかりますよね。

日々の生活もそうですが、愛する人との結婚生活を「コストがかかるな」と思うのならば結婚生活は向いていないと言えるでしょう。確かに費用は増えますが、それ以上の幸せもありますよね。

結婚に向いている人は、愛する人との生活にかかる費用をコストとは思いません。むしろ、心穏やかに暮らせるための投資だと捉えており、不満に思ってはいません。

出産などのイベントでしか結婚生活をイメージできない人は向いていない

出産などのイベントでしか結婚生活をイメージできない人

結婚をしたいと希望する人は男女共に多いですが、「結婚生活を日常として捉えられている人」はどのくらいいるでしょうか?

結婚を考えた時に日々の生活もイメージできるのなら良いのです。しかし、結婚式、妊娠、出産、旅行などイベント的なハイライトしか思いつかないのならコスパが悪いと感じるので注意が必要です。

今挙げた項目は、どれも結婚のメリットと言えるべきところではありますが、どちらかというと非日常のイベントですよね。日々の生活をイメージすることができないと、結婚生活が退屈です。

もっと派手なことをしたい。つまらない。何のために結婚したんだろうと後悔してしまう結果にならないよう、今のうちから日常の生活についてもイメージして下さいね!

「子育て」を苦労含めてもプラスに捉えられる人はコスパが高いと感じる

「子育て」を苦労含めてもプラスに捉えられる人

結婚の醍醐味と言えば「子育て」ですよね。未婚でも産むことはできますが、現実問題、今の日本では子供が欲しいと感じたら、籍を入れて結婚するのが一般的です。

しかし、子育ては楽しいことばかりではありません。人間を育てているので責任もありますし、常に自由で我慢をしない子供のために自分が我慢するのは大変な生活です。

そういう子育ての苦労も含めて、楽しい瞬間を見つけられる人は、結婚をして良かったなとコストが気にならないようです。むしろ、結婚をしたからこんな可愛い子がいると満足度が高いです。

子育てを楽しく感じられない人は、こんなに我慢しているのに、こんなに頑張っているのにとコスパの良さを実感できません。これじゃ割りに合わない!とコストに目が行きやすくなってしまいます。

独りより二人の方が楽しいと思える人は結婚に向いている

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。