結婚時に決めたほうがよい7つのルールは?

結婚生活は最初が肝心です。最初に何もルールを決めないと、色々なことがルーズになり、不満やストレスを感じる生活となります。

夫婦になるとはいえ、他人だった2人です。生きてきた環境が違うのですから、考え方にズレが出るのも当たり前ですよね。

そのズレが結婚生活の支障にならないように、2人である程度のルールを決めることが大切です。

では結婚生活に必要なルールとは、どのようなことなのでしょうか。今回は結婚時に決めたほうがよいルールを具体的に7つ紹介していきます。

婚姻届を書くときに、2人で考えて作成することをおすすめします。

結婚時に決めたほうがよい7つのルールは?

お金の管理・使い方

領収書と家計簿

結婚をすると大きく変わるのが、お金についてです。夫婦で財布が一つになる場合が多いですね。管理方法や使い方にはある程度のルールを定めておく必要があります。

お金の管理

まずは、夫婦でどちらが財布のひもを握るかを決めましょう。細かい計算が得意で、無駄遣いしない方に管理を任せるのが良いです。

中には財布を別々に分けて、それぞれ必要な生活費を出すスタイルの夫婦もいます。しかし財布を分けておくのはトラブルの元です。

できれば家計は一つにして、お小遣い制をするなどと管理することをおすすめします。

お金の使い方

結婚をすると必要になるお金はたくさんあります。子供ができた時のことや老後のことまで考える必要がありますからね。

今あるお金を使いきるのではなく、毎月の貯蓄額を設定しましょう。ただ無理して節約しすぎてしまうと、結婚生活が窮屈になります。

2人で無理なく貯蓄できる金額や生活費を決めて、どのように毎月お金を使うかルールにしておくと貯金と生活のバランスが保てるはずです。

家事の分担

分担する家事

家事の分担をあやふやにしておくと、お互いのストレスになります。気が向いた時や空いている時などと曖昧にせずにルールとして決めておきましょう。

共働きの場合

夫婦のスタイルや働き方にもよりますが、ある調査結果によると7:3の割合で妻が家事や育児を負担しています。

「共働きなのに7割も?」と思うかもしれません。でも男性の方が責任ある仕事を遅くまでしている場合が多いので仕方ないですね。

これは夫婦によって様々でしょう。お互いの働き方でベストな分担を話し合ってみましょう。そしてライフスタイルが変わる都度に話し合いを設けて改訂していってください。

専業主婦の場合

専業主婦の場合は、家事や育児が仕事となります。話し合うまでもなく10割を妻が行うことになるでしょう。

それでも結婚する時に、専業主婦なりのルールを決めておくのがおすすめです。

  • 日曜だけは料理を作ってほしい
  • 月に1回は休みがほしい
  • 感謝の気持ちは忘れないでほしい

家事を無給の無休でやるのが当たり前になっては苦痛ですからね。最初に専業主婦ルールを決めて、旦那に伝えておくとストレスを減らして家事育児に専念できます。

休日の過ごし方

休みの日の過ごし方

結婚したら休日は一緒に過ごすのが当たり前ではありません。時には自分の時間を過ごしたいと思うこともあるはずです。

しかし自分の時間ばかりを大切にしていては、夫婦の時間がなくなってしまいます。

そこである程度の休日の過ごし方はルールにしてしまう方が喧嘩もなくなり、お互いが楽になれます。

いくつか例を紹介しますね。

  • 土曜日はお互い自由に過ごし日曜は夫婦で過ごす
  • 月の休日のうち1回は夫婦で遠出をする
  • 前月に翌月の休日の過ごし方を話し合う

どんな内容でも2人が納得できるものであれば良いでしょう。夫婦での休日の過ごし方を話し合ってください。

けんかしたときの仲直り方法

喧嘩した後の冷静な話し合い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。