結婚生活に疲れる理由と対処法とは?

「早く結婚したい!」と思って婚活し、素敵な彼氏をゲットして、ようやく念願のゴールイン!幸せいっぱいのはずですよね?

しかし、どんなに望んだ結婚でも、「自分が思い描いていた結婚生活とは違う」と疲れる人も少なくありません。すごく結婚がしたかったのにと自分で驚く人もいます。

「この人と結婚なんてしなければよかった!」と後悔をする人もいます。結婚をしてまだ間もないのに、独身の友達を羨む人もいるでしょう。好きでした結婚なのに、どうしてこうなるのでしょうか?

これは、お見合いや恋愛結婚、好みのタイプと結婚できたかどうかは関係ありません。みんな同じくらいの確率で「結婚生活に疲れる!」「こんなはずでは!」と思う人がいるようです。

今回は、結婚生活に疲れる理由や対処法をまとめました。好きなのにどうしてイライラするんだろう?幸せなはずなのにどうして疲れるんだろうとモヤモヤしている人は、是非参考にして下さいね!

結婚生活に疲れる理由と対処法とは?

気張りすぎる

家事を頑張りすぎる女性

まず、結婚生活が疲れてしまう原因の一つに、「気張りすぎる」ということが挙げられます。やはり、結婚と言うのは人生の節目でもありますし、新しいステージの気持ちになりますよね。

「私は妻だから」「奥さんとして料理上手と思われたい」「キレイな家を維持したい」など、家事を完璧にしたくなります。彼のためにというのもありますし、自分のモチベーションも高いのです。

しかし、自分が独身時代、そこまでの家事を完璧にやっていたことがあったでしょうか?実家暮らしの人はお母さんがメインでやっていて、お手伝い程度ではなかったですか?

一人暮らしだった人は、「今日はもうコンビニ弁当で良いや~!」と楽をすることもあったでしょう。それが「奥さんになったから」と手抜きをせずに料理や掃除をするのです。

自分の好きなものだけではなく、美味しいと言って欲しいからと彼の好みに合わせたり、品数を多くする人もいるでしょう。自分で奥さんのハードルをあげた結果、キャパオーバーで疲れるようです。

好きな人でも他の人と一緒に生活することのストレス

好きな人との共同生活

離婚と言えば、スピード結婚でお互いをよく知らないまま結婚が決まったカップルを連想しがちですよね。でも、意外に「長年付き合ったカップル」が結婚後すぐに離婚をするパターンも多いです。

長く交際期間を経ているということは、お互いの考えや好み、行動などはある程度把握しています。それでも好きだと思ったから一緒になることを決めたのです。

しかし、たとえ長年交際をしていても、本当に好きな人だと感じていても、他人と共同生活をすることは結構ストレスになります。

トイレやお風呂、テレビなどを自分のタイミングで楽しめない、怒るほどもない小さなことが、毎日の積み重ねで爆発します。もちろん、恋人時代にお泊りや旅行をすることもあります。

旅行やお泊りは、楽しく過ごして終わりですよね。数日経ったら別々の家に戻ります。でも結婚は、毎日休みなくずっと一緒に暮らします。無意識に、気を遣っている場合も多いので疲れるようです。

口げんかが絶えない

彼との口げんか

結婚生活に疲れる原因の一つに、「口げんかが絶えない」ということが挙げられます。けんかは勝っても負けても、精神的に消耗しますよね。

恋人なら家に帰り、冷静になってからまた会いたい時に連絡を取れば良いですよね。しかし、結婚をするとそうはできません。

まだイライラしているのに顔を合わせなければならないです。会話をすると、けんかのことを反省していないのかとイライラするけれど、無視をされてもイライラします。

特に女性は家事を担当している場合が多いので、「何であんな言われ方をして料理を作らなきゃいけないの!」と不満が爆発します。

口げんかでお互いをののしり合うのは、リラックスできる結婚生活とは言えませんよね。口げんかが頻繁な家庭は、生活でも疲れてしまうと言えるでしょう。

育児の負担

育児に苦労する女性

結婚生活に疲れている原因は、「育児の負担が多すぎる」ということもあるでしょう。男性の育児休暇やイクメンの風潮はあるにしても、まだまだ子育ては女性がメインの場合が多いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。