結婚と恋愛感情は別物!?好きではない人と結婚できる・できない理由とは?

結婚と恋愛感情は別物!?好きではない人と結婚できる・できない理由とは?

「結婚と恋愛は別物だ」とよく言われます。例えば、スリルを感じるようなカッコイイ人がタイプな人は多いですよね。でも、結婚となると地味で安心できる男性を選ぶパターンも珍しくありません。

それは、「恋人」に求めるものと「旦那」に求める物が違うからです。一時的なドキドキよりも、ずっと続く結婚生活には堅実なパートナーをと思う人も多いのでしょう。

しかし一方で、どうしても好きではない人としか結婚を考えられないという人もいます。好きでもない人と結婚ができるかどうかは、個人の考え方によっても違うのです。

今回は、結婚と恋愛は別物なのかをテーマに好きではない人と結婚ができるか、できないかについてまとめました。是非参考にして、今後のパートナー選びに役立てて下さいね!

好意を持っていない人とも結婚できる理由

結婚にはお金が必要だから

結婚資金

結婚に夢を抱いている女性は多いですが、実際のところ結婚とは生活です。自分一人だけではなく、子供をふくめた家族全員の生活を支えなければなりません。

とてもシビアな話しになりますが、キレイごと抜きで「結婚にはお金が必要」です。愛があればお金なんてと言っても、やはりお金がない結婚は夫婦喧嘩を招きやすいです。

極端な話ですが、すごく好きな無職の彼と好きではないけれど経済的に安定出来る彼とでは、やはり後者を選ぶ人が多いです。もちろん、「生理的に無理」などの条件が無ければです。

結婚をするにも式や引っ越し費用などお金がかかります。結婚生活を維持するためにもお金がかかります。子供を産んだり、育てていくことを考えたらもっとお金がかかります。

その中で、自分の希望を叶えて安定した生活を歩めるのなら、「人として嫌いでなければ良い」という人は結構多いです。

好きな男性がいないから

好きな男性への恋愛感情

好意を持っていない男性とでも結婚ができると考えている女性の多くは、「年齢の壁」に直面している傾向にあります。本来ならば好きな人と結婚したいけれど、時間がないのです。

例えば30歳を過ぎていて、なかなか好きな人が出来ない。今後好きな人が出来るかも分からない。出来たとしてもいつになるか分からない。その時に子供が産めるのか?という不安もあるでしょう。

それよりも、男性の方から好意を寄せてくれたのなら、結婚を受け入れようと考える場合も珍しくありません。女性は特に結婚適齢期は世間が急かしますよね。

そのため、ドキドキ夢中になるような「好き」という感情は無くても、ある程度前向きに考える人が多いようです。

ドキドキよりも安心感

結婚に安心感を求める女性

結婚にはドキドキよりも安心感を求める女性が多いです。やはり結婚をして終わりではありませんし、生活を維持しなければならないからです。また、女性には妊娠出産もありますよね。

「安心して子供を産める環境」「安心して子供を育てられる環境」を見抜くのは、ある意味女性の本能なのかもしれません。経済的や精神的に安心できる男性を最終的に選ぶ女性は多いです。

「結局金か」と嘆く男性もいますがそうではありません。実際に、貧乏でも一緒に寄り添って生きていける人を信頼できるという理由で選ぶ人もいます。女性にとって結婚に安心は欠かせないのです。

結婚してから愛を深めればいい

愛情を深める夫婦

ある程度の年齢に達すると、本気で嫌いという人はそうそういるものではありません。お互いに大人になっていますし、相手の嫌がることなど最低限のマナーは身につけているからです。

つまり「好きというほどではないけれど、人間として嫌ではない」という状態です。結婚に安心感を求める女性が多いという話をしましたが、同時に「パートナーとして信頼できるか」も大きいです。

そのため、「嫌いでないなら後から好きになれば良い」と考える人も少なくありません。特に結婚適齢期を過ぎかかっている女性はそう思うことが多いです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。