結婚しても寂しいと感じる理由と対処法とは?

結婚したら毎日がハッピーなんだろうな~なんて思っていたら・・。実際は寂しい思いもすることも多く、落ち込んでしまう時ってありますよね。

新婚時代には誰もが体感することです。理想と現実にはギャップがつきもの。思い描いていた幸せだけが待っているわけではありません。

でも寂しい思いを抱えて結婚生活を送るなんて嫌ですよね。せっかく結婚したのですから、幸せな毎日を過ごしたいはずです。

そこで今回は結婚しても寂しいと感じる理由と対処法を紹介します。マインドチェンジして、楽しいと思える結婚生活にしてくださいね。

結婚しても寂しいと感じる理由と対処法とは?

彼が多忙で帰ってこないから

仕事が忙しい男性

結婚とは、永久に共にいることを誓うものです。でも生涯を共にする誓いであって、24時間を共にする誓いではありません。

結婚すれば彼は家族を背負うわけです。より責任感を持って仕事に励むでしょう。

仕事で終電になることもあれば、朝帰りする日もあるかもしれません。結婚したって付き合いで飲まされることもあります。

そうなると彼の仕事は多忙で帰りが遅くなります。彼の帰りを待ち続けるだけだと、彼の多忙さに寂しさを抱えてしまうようになるのです。

きっと期待していたからでしょう。結婚すればずっと一諸にいられると。寂しい思いなんてしなくなるはずだと。

期待していたからこそ、どうしてこんなにも一人の時間が長いのかと落ち込むのです。想像していた結婚生活でないことでより寂しく感じてしまうのです。

彼もあなたも「一緒にいて当たり前」と思っているから

一緒にいて当たり前と考える男性

結婚して夫婦になれば、一緒にいて当たり前という感覚になります。空いた時間は一緒にいて当たり前。休みの日は二人で過ごすのが当たり前。

でも当たり前と思うからこそ、一緒にいない時間に不満と寂しさを感じるのです。当たり前がくつがえされてしまうことに納得できないのです。

結婚して夫婦になっても、一緒にいることが当たり前ではないと思ってみてください。一緒にいられることは特別なこと。幸せなこと。

空いた時間も休みの日も、二人の都合が良ければ一緒にいる。都合が悪ければ一緒にいられなくても仕方のないことです。

一緒にいることが当たり前と思うから寂しさを感じてしまうのです。

あなたが毎日特別な夫婦関係を求めているから

毎日ドキドキしたがる女性

結婚する前に思い描く結婚生活は、毎日が特別で幸せであるかもしれません。お互いの愛情を確認して、毎日ラブラブな結婚生活。幸せなことですね。

でも結婚生活は特別なものではなく、日常です。幸せな毎日だけが待っているわけではありません。

時には疲れて無言になってしまう日もあります。時には意見の食い違いから喧嘩になる日もあります。不安でストレスを抱える日もあるでしょう。

良いことも悪いことも、全て含めて結婚生活。夫婦とは特別な関係ではないのです。毎日が非日常のような生活ではないのです。

夫婦は特別な関係だと非日常的な生活を求めてしまうから、平凡な毎日に寂しさを感じてしまうのでしょう。

寂しくない結婚生活にするには?

気にしない

彼のことを気にしすぎない女性

寂しさは考えれば考えるほどに募るものです。気にすれば気にするほど、寂しさがどんどん大きく膨らんでいきます。

今あの人は何をしているの?私に愛情がないの?この先どうなるの?気にすればきりがないですよね。そして余計に寂しくなるのです。

でも彼が忙しいのは仕方のないことです。いつか仕事は落ち着くでしょう。何か没頭していることだって飽きる時がきます。

今彼が何をしているのか。どうしてこんなに寂しいのか。そんなことは深く考える必要はないのです。

この先何十年も一緒にいることができます。今寂しくても、まだまだ時間はたくさんあります。飽きるくらい一緒にいられる相手です。

彼がどこで何をしていても、最終的に帰る場所はあなたの元です。あまり細かいことは気にしないのが一番です。

いつかは帰ってくる。いつかは話せる。その時に思う存分一緒にいれば良いのです。気にせずに軽い気持ちで夫婦生活を送るようにしましょう。

愛情を与えまくる

愛情を与える女性

夫婦になることで、男性って少し安心してしまうのですよね。釣った魚にエサをやらない・・とまではいきませんが、エサを与えるのを忘れてしまうものです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。