結婚生活が苦痛になる理由と対処法とは?

結婚生活は、いわば他人との共同生活です。

いくら愛し合い信頼している相手との生活とは簡単ではありません。それまで過ごしてきた環境がまるで違う二人が一緒に生活をすることになると、多少のずれは必ず生じてきます。

その違いは時にうれしい発見であり、二人の結婚生活にとってプラスになることもありますが、マイナス面もあります。

最初は何とも思わなくても、だんだんと違和感を覚える場合もあります。その違和感が少しずつ苦痛になっていってしまうこともあるのです。

本当に小さなことから始まります。けれど、気付いた時には耐えきれないほどの苦痛になってしまうのです。

ここでは、そんな苦痛が発生する理由と対処法をお教えします。現在も結婚生活に苦痛を感じている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚生活が苦痛になる理由と対処法とは?

一緒に住んでみたら彼の嫌なところが見えてきた

彼の嫌なところに悩む女性

それまで一緒に暮らしていなかった場合、お互いの生活スタイルに関しては見えなかったものがたくさんあります。長い付き合いがあった場合もそれは同じです。

ほんのささいなことでも一度目についてしまうと、どうしても気になってしまうものです。小さいことであればなおさら、自分の中に不満が溜まっていってしまいます。

お風呂後に水をかける、トイレの蓋をあけっぱなしにする、ソックスを裏返しにして洗濯機に入れるなど、心当たりはありませんか?

こういった無意識の中での行動は、習慣としてその人に染み付いたものです。気になっても一度言っただけではなかなか改善されず、今度は言うことが苦痛になります。

そして、気になったまま改善されずに、結婚生活が苦痛となってしまうのです。

彼の母親と比較してくる

母親の手料理との比較

愛情たっぷりの家庭で育ち、親との仲も良好な男性に優しい人が多いのは事実です。しかし、逆に言うと親との生活に対して満足している気持ちが強いことも確かです。

そういった場合、無意識のうちに自分の母親とあなたを比較して、自分の母親に似せようとします。これまでの心地よい環境にしようという意識が働くのです。

比較されることは料理の味付けや洗濯物の畳み方などが多いことも特徴です。これでは、自分を否定されているような気になってしまいます。

女性にとって苦痛以外のなにものでもありませんね。あなたは母親ではなく妻であり、新しい二人の家庭であることをきちんと認識してもらわねばなりません。

しかし、彼の中での理想の妻、母親というのは実母であり、その他の身近な存在を知りません。そして自分が育った環境を作ってきてくれた人であるからこそ、なかなか抜け出せません。

苦痛はどんどんたまってしまいます。

新婚生活になれていないだけかも

慣れない新婚生活

結婚するまでは、実家で家族との暮らしや一人暮らしをしていることでしょう。実家にいれば家事をする必要はありませんし、ひとり暮らしは気ままなものです。

しかし、結婚生活はそうはいきません。外に働きに出ていても、共働きであればのさら協力して家のことをしなければなりません。

健全な生活を送ろうとすると、一人暮らしほど気ままな生活もできません。いままで経験したことのない結婚生活、すぐに軌道にのせることは難しいでしょう。

最初はお互いに家事の分担などができず、ストレスも溜まってしまいます。

そして、彼が気付かない部分をあなたが補う形となり、それが苦痛となってしまうのです。彼も仕事で疲れているなどと理由をつけ言い訳をすることも。より苦痛が押し寄せるでしょう。

対処法とは?

彼に期待しすぎない

彼へのハードルを下げる女性

苦痛や気持ちがしんどくなってしまうのは、彼に期待していることが原因です。やってくれるはずと思っているからこそ裏切られた気持ちになり落胆してしまうのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。