バツイチが結婚できない理由と対策とは?

初婚ではなくバツイチの女性は、バツイチというだけで二度目の結婚が難しい現状に気付いているかも知れません。

しかしなぜバツイチはそもそも結婚が難しいのでしょうか。

バツイチが結婚できない理由を改めて考えてみて、その対策を紹介します。しっかりと対策をすれば、バツイチでももう一度幸せを手に入れることができるはずです。

バツイチが結婚できない理由と対策とは?

バツイチを大事なときまで黙っているから

バツイチを大事な時まで黙っている女性

バツイチが結婚できない理由に、バツイチだということを大事なときまで黙っているからという理由が挙げられます。

基本的にバツイチの方は、初めて会った人に積極的には自分がバツイチであることを告げませんよね。ある程度仲良くなって、恋愛対象として見られ始めてから相手に告げるはずです。

しかし、大事なときまで黙っているのは逆効果です。もっと前の段階で伝えるべきことなのです。

バツイチだということを聞かされてなかった男性は、当然あなたのことを初婚だったと勘違いしています。なのに「バツイチなんです」とカミングアウトされた瞬間に心が折れてしまいます。

どう対処していいか分からず、向き合うのが面倒だと思われてしまうかも知れません。

性格に問題があると推測されてしまうから

怒りっぽい女性

バツイチであることを聞かされた男性は、あなたの性格に問題があって離婚したのではないかと思うかも知れません。

一生一緒にいたいと思ったから結婚したはずなのに、離婚したということは相当な理由があるはずだと思われてしまうのです。一般的な反応なので仕方がありません。

離別に至った原因には、一言では言い表せないたくさんの出来事や気持ちの変化があったはずです。人に言えないようなこともあるかもしれません。

しかしもしあなたが再度結婚にチャレンジしたいと思っているのであれば、相手が納得するような離婚の理由を考えましょう。多少事実を美化しても相手が納得するならば構いません。

大切なのは、あなたの性格に問題があったから離婚したのではなく、離婚せざるを得ない状況だったと相手に理解してもらうこと。多少脚色して分かりやすく相手に伝えましょう。

離婚の理由を納得してもらえなければ、2度目の結婚もうまく行かないのではないかと思われてしまいます。

ツライ過去を説明するのは骨が折れる部分ですが、真摯に相手に伝えることが肝要です。

相手の両親が反対するから

バツイチとの結婚に反対する両親

バツイチが結婚できない理由として、相手の両親が反対するからということも挙げられます。

両親は自分の息子の幸せを願っています。できればバツイチではなく初婚の相手と結婚してもらいたいと思うのは仕方ないことですよね。

一生一緒にいて添い遂げる決意で結婚したのに、結局は離婚してしまった。その事実だけを受け止めると、二度目も同じなのではないかと心配に思ってしまうのが親心です。

相手の両親の反対は仕方ないと受け入れたうえで、真摯に両親と向き合っていくことが必要です。

年齢が高くなりがちだから

30歳超えた女性

一度結婚を経験し離婚した女性は、必然的に年齢が高くなります。そのため、高年齢なので結婚しにくいという面もあります。

例えば25歳で初めての結婚をして、子供を産んで、離婚したのが40歳の頃という場合。周りを見渡してみると、すでに結婚している男性が多く、結婚相手の候補者が少ないですよね。

したがって、再度結婚することは初婚の頃よりは難しくなります。

しかし、同じようにバツイチである男性で結婚を希望している男性も多いはずです。バツイチ限定の結婚パーティなども探せば開催しているので、積極的に参加するようにしましょう。

もう年齢的に難しいから…と諦めてしまったら結婚できないままです。自分から積極的にアクションを起こし、追い求める姿勢が大事です。

バツイチの女性が結婚するためにすべきことは?

なぜバツイチなのかという理由を早い段階で話す

バツイチの理由を話す女性

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。