結婚ソングで人気が高い曲とは?

結婚式の印象を大きく左右するBGM。入場から退場までの各場面で必要となるので、選曲数は20曲以上にもなります。

各場面に合った曲であること。結婚式にふさわしい縁起の良い曲であること。そして一生の思い出となる結婚式で使用する曲ということ。

それらを考慮すると、結婚式ソングを決めるのって凄く大変です。頭を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、多くの新郎新婦に使用されている人気が高い結婚ソングを紹介します。ぜひ結婚式の参考にしてくださいね。

結婚ソングで人気が高い曲とは?

木村カエラ『Butterfly』

結婚情報誌『ゼクシィ』のCMソングに使われていた木村カエラの『Butterfly』。この曲は結婚式の定番ソングとして多くの披露宴で使用されています。

実際に木村カエラが友人の結婚を祝うために作ったという曲。歌詞にも結婚を祝う気持ちが込められています。

【Butterfly 今日は今までの どんな時より 素晴らしい
赤い糸でむすばれてく 光の輪のなかへ】

この歌い出しからして幸せな結婚式にピッタリ。可愛いくてテンポの良い曲調も、盛り上がりが出て使いやすいですね。

『Butterfly』は入場や再入場などに使われることが多いです。曲の最初から流して、ワンフレーズ歌いきりのところで扉をオープンさせるとタイミングもバッチリでしょう。

また余興で友人が使用することも多いので、曲が重ならないように確認しておいてください。。

西野 カナ『Dear Bride』

曲名の『Dear Bride』は『花嫁へ』という意味があります。結婚する花嫁に向けたお祝いとエールの曲です。

【今日から君が歩いてく
新しい未来への道
たくさんの愛に包まれて
大きな夢を今
この場所で叶える君を
心から誇りに思うよ】

まさに結婚という新たな道を歩き始める二人にピッタリの歌詞ですね。

西野カナの可愛くて少し切ない歌声と、キラキラと輝くようなメロディは幸せな結婚式に彩りを与えてくれます。

結婚する友人を送り出すような意味が込められているため、中座や退場の時に使用されることが多いです。

いきものがかり 『ありがとう』

結婚式は招待客に感謝の気持ちを伝える日です。そんな日にピッタリなのがこの曲です。聞いているだけで感動するような素敵な曲ですね。

【ありがとう
って伝えたくて
あなたを見つめるけど】

この歌い出しが印象的ですね。歌詞の意味としては恋人への感謝として「ありがとう」と伝えています。

結婚式で使用する場合には、これから夫婦となる相手に対しての「ありがとう」。そして招待したゲストに対しての「ありがとう」が込められています。

この曲を使用するだけで、会場が温かい気持ちに包まれます。

使用する場面としては、両親への手紙や花束贈呈の時が多いです。またDVDのBGMにしたり、退場時に使っても披露宴がまとまります。

福山雅治 『家族になろうよ』

男性が女性に向けて歌うプロポーズソングです。「結婚しようよ」ではなく「家族になろうよ」というところがポイントですよね。

【いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ】

こんな歌詞を聞いたら、列席しているお父さんもお母さんも涙が出ますね。結婚して正式な家族となる二人にはピッタリです。

この曲は新郎からのサプライズとして歌われることも多いです。他にはエンドロールで流れたり、退場時に使用されます。

しっとりとした曲なので、最初の方で流すよりも披露宴の終盤に使用する方がおすすめです。

星野 源 『恋』

恋ダンスが話題になったことで、結婚式でも多く使われるようになった『恋』。明るい気持ちで誰もが口ずさんでしまうようなテンポの良い曲です。

多くの人がダンスを覚えていますし、手拍子に合わせても盛り上がる曲です。自然と披露宴に一体感が生まれるでしょう。

今は余興の定番にもなっているので、友人たちが恋ダンスを披露してくれることも多いですね。フラッシュモブにも使われる定番曲です。

披露宴の中で使用するなら断然入場時がおすすめです。最初にドカンと会場が盛り上がりますよ。

シェネル『ベイビー・アイラブユー』

全文英語の曲は、和訳した時に意外と縁起の悪い曲の場合があります。そのため洋楽は必ず、英語の意味を確認してから使用を決めるようにしましょう。

このシェネルの『ベイビー・アイラブユー』は和訳しても幸せな意味があります。私は唯一の人を見つけた、愛している、愛している。という強い愛情を歌っています。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。