彼氏の浮気心理を変える5つのポイントは?

男性と浮気との問題は永遠のテーマです。 男性は浮気をする生き物で男の甲斐性なんと言われたりもしますが、本当にそうでしょうか。男は本能で浮気をするというのは確かに間違ってはいません。

獲物を狩り、子孫繁栄の本能を持っています。ほとんどの男性は、不特定多数の女性と許されるなら体の関係を持ちたいと思っています。

一定の友人関係を除いては、女性に優しくするのもどこかで下心があるのがほとんどです。常に男性は『ワンチャン』を狙っているともいえます。

体の関係を持つことは少なくとも男性側にとっては得することはあれど、損することはありません。性の関係においてはいつだって傷つくのは女性です。

しかし、浮気をしない男性も実際にはいるのです。

ではなぜ、浮気をしないのでしょう?

先程も述べたようにほとんどの男性が下心を持って女性と接しています。浮気をするかしないかは、『理性の問題』なんです。

彼女に対する申し訳ない気も持ちや自分がされて嫌なことは相手にもしないという素晴らしい倫理観をもった方もいます。

真面目といえば一言で片付いてしまいますが、そういった方は理性をコントロールできるのです。ずばり、理性をコントロールできる原因は彼女にあります。

男性の浮気はあなた次第で十分に予防することは可能です。彼が浮気性でもまだ諦めるのは早いです。これからいくつかそのポイントをご紹介します。

彼氏の浮気心理を変える5つのポイントは?

感情的にならない

男性の胸ぐらをつかむ女性

人は、逆上すると攻撃性が増すといわれています。彼が浮気をしていると分かった瞬間、とにかく彼を責めたくなる気持ちは分かりますが、一度冷静になってください。

こっちが感情的な態度をとると彼を逆上させてしまう可能性があります。感情と感情のぶつかり合いは何の解決にもなりません。感情的になっているときは冷静な判断ができないからです。

その時は多少、あなたは気持ちがスッとするかもしれませんが、まずは怒りではなく悲しみをぶつけましょう。

「浮気をされて凄く悲しい、とても辛い」「だから浮気はしないでほしいの」こういった悲しい気持ちを彼に伝えることが大事です。

彼の良心に悲しみの感情で訴えかけることによって、彼の心を改めさせることができます。

結果だけをじゃなく原因と向き合う

華やかなネオン街

彼が浮気をしたから一方的に責める、これでは何の解決にも至りません。『原因と結果の法則』という言葉をご存知でしょうか? 

今、目の前にある結果は必ず過去の原因が作り出したものなのです。ですから、その原因を変えない限りはこの先も何も変わりません。

結果というのはここでは浮気のことです。彼が浮気に至るまでに何か原因がなかったのか、そこから目を背けずに考えていくことでこの先を変えていくこともできます。

自分は付き合った頃と比べて何か変化はないか、浮気されたとき自分達の関係はどうだったかなど考えてみてください。 

また、女を捨てたりしていなかったか、彼に関心を持っていたかなども浮気の原因になります。自分の気が付かないちょっとした油断が彼を浮気に走らせていることもあるのです。

彼を責めるばかりでなく、まず自分を冷静に振り返ってみることも大切です。

夜の生活は努力が必要

雲隠れする満月

彼の浮気の原因の1つとしてシビアなものが性の不一致です。夜の生活に不満があると男性は他の女性や風俗でそれを満たそうとします。

付き合いや夫婦生活が長くなると、女性のほうがだんだんとセックスを拒むようになるケースも多いのです。それが原因で彼が欲求不満になることもあります。

男性にとってセックスはそれだけ重要なことなのです。性の問題というのは男女にとってとてもデリケートなことです。ですから簡単にすぐ解決とはいかないでしょう。

お互いにどこか妥協点が見つかればいいですが、どちらかが一方的に我慢するとなると不満が一方的に溜まってしまいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。