結婚は無駄?それとも必要?

結婚は無駄?それとも必要?

あなたは、人生において結婚はどのような位置づけにあるでしょうか。

50年前までは、結婚することは当たり前とされてきました。女性は仕事をせず家庭に入る人が多く、双方の親との接点も多くありました。

しかし今では女性の社会進出が進み、男女問わず個人の人生を大切にする人が増えています。現に結婚する平均年齢は上昇していますし、40歳以上の独身者の割合も増えています。

これは、結婚に対する考えが多様化した証拠です。または、結婚することに対して何らかのマイナスイメージ持っている人が増えたともいえるでしょう。

結婚はあなたにとって無駄なことでしょうか。それとも、人生の中で必要なことでしょうか。ここでは、結婚に対しての考え方の違いがどのように生まれるか紹介していきます。

結婚を無駄と考える人

結婚して不幸になっている人が周りに多い

結婚しても上手くいかないカップル

結婚は無駄と考える人の中でも多くの割合を占めるのが、周りの結婚生活を送る人に対して魅力を感じていないことです。むしろ、不幸になっている人が多くいのです。

自分が結婚しておらず、幸せを実感していないうちに周りから不幸な結婚生活を見せられると、無駄だと思うのは仕方がありません。魅力に感じることは難しいでしょう。

一番影響を受けるのは、両親の結婚生活です。極めて身近な人の結婚生活には大きな影響を受けます。両親の離婚などを経験している人には無駄と思う人も少なくありません。

経験していないことは周りからの情報をもとに判断するしかありません。その情報源が不幸であればあるほど、結婚に対する見方も良くはないでしょう。

自由な時間・お金が減ってしまう

自由に使える時間

結婚生活に対して良い印象がなく、無駄だと思う人の中には、独身の時間を楽しんでいる人がいます。独身の間はすべて自分ひとりのものですので、そこから抜け出せずにいるのです。

確かに、独身ほど身軽で自由な時間はありません。稼いだお金の使い道も独身であれば自分次第です。誰かと共有する必要も、自分以外のことにお金や時間を遣う必要もありません。

さらには責任も負う必要がないのですから、結婚生活より独身の生活に魅力を感じるのです。

結婚すると、新しい生活や結婚式のためにお金を遣うことになります。同じ家で生活を始めると、それまで一人だった時間が二人の時間になることも事実です。

好きな人といる時間が増えることは素敵なことですが、それよりも今の生活が崩れることが嫌だと思う人も少なくないでしょう。

どんなに親しい人でも自分を完全に理解できる人などいない

親しい人との口論

結婚を無駄だと思っている人の中には、「どうせ自分のことなんて…」と卑下している人も少なくありません。自分を理解してくれる人なんていないのだから結婚なんて苦痛と思っています。

自分のことを完全に理解してくれる人でなければ、結婚生活はうまくいかないと思っているのです。

こういった理由で無駄だと思っている人は、思い込みが強く、理解しようとする人が現れてもうまく受け止めらません。相手からの歩み寄りがあっても素直に受け取ることはできないでいるのです。

結婚式や結婚指輪などの費用がもったいない

結婚式にかかる費用

ずいぶん身勝手な理由ですが、結婚してから最初に発生する費用に価値を感じず、結婚自体が無駄だと考える人がいます。

結婚というのは結婚式をして、指輪も購入するという意識が強いです。どのような結婚式や指輪にするかによって、かかる費用も変わってきます。

確かに、結婚式や指輪の購入は、今までの人生の中でも最大級の費用がかかります。お金について結婚相手だけでなく、双方の親も交えての相談も必要になります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。