一番好きな人と結婚しないほうがよい4つの理由とは?

結婚相手には、信頼できる人や尊敬できる人が良いというのはもちろんですが、大前提として「好きな人」が良いですよね。できるなら一番好きな人の奥さんになりたいと夢を見る人も多いです。

よく聞く有名な言葉で、「一番好きな人とは結婚をしない方が良い」というものがあります。一番好きな人と結婚をした方が幸せなはずなのに、どうして?と感じたことはないでしょうか?

そこで今回は、「一番好きな人とは結婚をしない方が良い理由」についてまとめました。どうして結婚をしない方が良いのか、4つの理由を基に説明します。結構納得する理由が多いです。

しかし、中には一番好きな人と結婚をしたい。もしくは結婚したという人もいるでしょう。一番好きな人と結婚をしたからといって必ずしも不幸になるわけではありません。

「一番好きな人と結婚をしない方が良い理由」と一緒に、「それでも一番好きな人と結婚したい人のメリット」も説明します。どちらが良いのか比較して、参考にして下さいね!

一番好きな人と結婚しないほうがよい4つの理由とは?

恋は盲目だから

恋に盲目的な女性

「恋は盲目」という言葉は昔からよく耳にしますよね。好きだと恋愛フィルターがかかってしまい、良い風にしか見えなくなってしまうという意味です。

例えば、彼があなたを裏切っていたとしても、「そんなはずはない」「彼はそんなことはしない」と信じません。事実を受け入れられないのです。また、恋愛フィルターは発送の転換も得意です。

頼りない彼を、「可愛い。母性本能をくすぐられる」と見ることができます。ダラダラしている彼を「世話を焼きたくなる。甘え上手」と見ることができます。恋は盲目とはよく言ったものです。

ずっと盲目でいれるのら、ある意味幸せなのかもしれませんが、結婚生活を毎日続けて行くとその盲目はなくなります。いつしか恋愛フィルターが外れる時がやってくるのです。

一番好きだからこそ盲目になるくらい彼に陶酔し結婚した。その後で彼の悪いところに気が付いたら悲惨です。結婚前に冷静なジャッジができるためには、のめり込みすぎない恋愛が丁度良いのです。

たいてい外見に惚れているから

男性の外見に惚れている女性

「一番好きな人」という定義は色々ありますが、一般的に「外見が重視されている」傾向が強いようです。外見は、若い時にはとても大切ですが、いずれ歳とともに衰えるものですよね。

特に結婚生活においては、見かけの良さよりも、家事に協力的か、子供と自分を大切にしてくれるかなどの方が重要です。一番好きな人と言われた時に、外見部分が大きい場合は注意して下さい。

毎日見ていると、カッコイイとも思わなくなる日がやってきます。カッコイイと思わなくなってしまうと、好きな気持ちも半減します。そうなると、これまでの言動も嫌になることさえあるのです。

一番好きな人だと外見にとらわれてしまい、「でも好みなんだよな」と悪いところがあってもつい、我慢して許してしまいます。交際中ならまだしも、そんな我慢の結婚生活は続きません。

ハードルが上がっているから

男性の上がったハードル

結婚生活は、交際期間よりも地味なものです。ラブラブな甘い雰囲気を楽しむ時間が減りますし、お互い生活の忙しさに追われます。派手なデートも交際中より減る人が多いでしょう。

そんな中で一番好きな人と結婚したらどうでしょうか?どんどんシビアな現実を見なくてはいけなくなり、正直ガッカリしてしまうことも少なくありません。

結婚前で一番好きだと盛り上がっている気持ちは、生活感満載の日々で少しずつ下がってくる可能性があります。すると絶頂期だった素敵な彼を思い出すだけの日々になってしまう危険があります。

「昔は素敵だったのに…」「以前の方が好みだったな…」なんて思っていては、せっかくの結婚が台無しです。

結婚前に好きの絶頂だった場合、彼へ期待するハードルが高すぎている可能性もあります。「こんなところもあるんだ…」「イメージと違うな…」とガッカリすることもあるでしょう。

意外とお見合い結婚のカップルの方が仲が良いのは、お互いへのハードルが低いところから始まっているからかもしれませんね。

一部しか見ていないから

一部しか見ない女性

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。