結婚を難しいと考えてしまう9つの理由とは?

晩婚化が多くなる一方で、そもそも結婚をしないという未婚も多くなってきていますよね。

未婚と一言でいっても、そもそも結婚をしたくない人。結婚はしたいけれど現実を考えて無理だと判断する人などその理由は様々です。

最近の若者は恋愛欲求が無いとも言われますが実際はどうなのでしょうか?今回は、未婚が多くなる原因である「結婚を難しいと考えてしまう理由」を紹介します。

結婚に興味が無い人の考え方や、結婚はしたいけれど現実的に不安で踏み切れない人など様々な意見をまとめました。そうそう!という共感と一緒にぜひ参考にして下さいね!

結婚を難しいと考えてしまう9つの理由とは?

青い鳥症候群

他の男性の存在を気に掛ける女性

結婚を難しいと考えてしまう理由の中に、「青い鳥症候群」があります。青い鳥症候群とは、「今の恋人以上に、もっと良い人がいるのではないか?」と考えて踏み込めないことを指します。

一般的に、青い鳥症候群に陥りやすいのは、学生時代にモテてきた人が多いようです。これまでモテてきた分、「もっと良い出会いがあるかも」と現状より上の相手を期待していまいます。

あまりモテてこなかった場合は、「この人を逃すと結婚できないかもしれない」という心理が働きますよね。「自分のことを好きと言ってくれるなんて!」と結婚に踏み切る人も多いです。

しかし、モテてきた過去がある人ほど「もっと良い人がいるかも」と値踏みしてしまいます。結婚はしたいけれど、どうせするなら最高の相手が良い。そう考えて未婚のままになる人は結構多いです。

お金に不安がある

お金に不安を抱える女性

結婚はしたいけれど難しいなと考えて未婚になっている人は、「お金の心配や不安がある」という理由が一番多いです。最近では、なかなか高収入を見込めることはありませんよね。

不景気を理由にボーナスや給料が少し削られてしまったり、サービス残業が増えたり働く環境はまだまだ良いとは言えません。そんな中で結婚と考えた時、どのようなイメージを持つでしょうか?

自分一人だけの生活ならギリギリ足りる。でも、家族全員分の生活費となるとそうも言えない。共働きになれば良いけれど、それでも妊娠週産後は働けないので収入が減ってしまう。

結婚は生活だと分かっているからこそ、好きと言う気持ちだけで踏み切るわけにはいきません。経済面を理由に結婚に踏み切れないまま、適齢期を過ぎる人も少なくありません。

フリーでいたい

一人を満喫する女性

結婚をすると、単純にフリーな時間がなくなります。家に帰ると家族がいるし、完全に一人の空間で好き勝手にくつろぐことはできなくなります。外食も家計を圧迫しない程度になるでしょう。

独身であれば、夜遅くまで飲みに行こうが、仕事帰りに急に友達と合ったり、ある程度自由があります。しかし、結婚をするとそうも言っていられません。

気ままに自由に行動したい。行動を制限されたり、うるさく言われたくない。自分一人でゆっくりと好きなように生活したいという人は、結婚生活に向かないと言えるでしょう。

仕事が忙しすぎる

仕事を頑張る女性

仕事が忙しすぎると、恋愛モードがOFFになってしまう場合があります。まず、残業が多くなったり、帰ると疲れてすぐに寝てしまったりするので、恋愛を発展させることが困難です。

少しくらいの疲れなら飲みに行きたいとか、癒しが欲しいから恋人が欲しいと考えます。友達にも「紹介して」と頼むでしょう。しかし、あまりに忙しいと全てが面倒になってしまいます。

デートは先延ばし。連絡はマメにできない。こんな状態が続くと恋人がいても上手くいくはずがありません。忙しすぎるので、結婚まではなかなか意欲が沸かないことが多いようです。

交際にかける時間がもったいない、面倒くさい

彼氏と過ごす時間

ある程度、自分の生活が充実している人や、仕事が忙しすぎる傾向にある人は、あまり恋人を欲しがりません。今自由に出来ているし、相手に合わせる付き合いが面倒だと感じる人が多いからです。

交際をするとデートを重ねて親密度を高めますよね。土日のどちらかは必ず会うというように休日のフリー時間を制限されることもあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。