両親への結婚挨拶の10のポイントとは?

結婚が決まったらお互いの両親への挨拶をしなければならないですよね。でも、挨拶ってどうしたらいいんだろう…。初めてのことで、考え出したら不安ですよね。

両親への挨拶、10個の気を付けるポイントがあります。10個のポイントだけ気を付ければ大丈夫です。ぜひを読んで両親への挨拶を成功させてください!

両親への結婚挨拶の10のポイントとは?

1週間前には知らせる

結婚挨拶を1週間前にお知らせ

彼の両親に挨拶に行くとき、必ず1週間前には伺うことを知らせましょう。

突然会いに行くのはNGです。あなたに心の準備が必要だったように、彼の両親にも心の準備が必要だからです。

自分の息子の彼女が結婚の報告に来るとなったら、彼の両親も相当の心の準備が必要でしょう。どんな彼女を連れてくるのか、内心ドキドキなはずです。

どのように結婚を報告され、なんて返事をするのか、頭の中でシミュレーションをすることでしょう。そのための準備の時間が必要です。

また、人が家に遊びに来る前には、部屋を掃除する時間が必要です。彼の両親も、せっかくのお祝い事ですから、部屋をちゃんと整えて迎えたいと思うはずです。

家を綺麗にするための時間をしっかり与えるために、最低でも1週間前に知らせましょう。

遅刻しない

時計で時刻の確認

彼の両親に結婚報告に伺う当日、絶対に遅刻は厳禁です。彼の両親はあなたのために時間を作り、部屋を片づけて待ってくれているのです。

結婚の報告をするという大切な日なので、何年経っても思い出深い一日になります。大切な日に遅刻してしまうのは、印象が良くないどころか後にも思い出として残ってしまうんです。

朝早い時間を避け、遅刻しづらい時間に設定するのもおすすめです。例えば、お昼過ぎぐらいがいいかもしれません。

また、絶対に遅刻しないように、当日は早めに起き、十分時間に余裕を持って家を出ましょう。到着が早くなりすぎるかなというぐらいで丁度良いです。

早く着いてしまったら、近くで時間をつぶせば良いだけの話です。十分に時間に余裕を持つことで、心にも余裕が生まれます。お化粧や服装の最終チェックの時間を取ることもできます。

手土産を用意する

手土産の重箱

結婚報告の当日は、必ず彼の両親に手渡すお土産を持っていきましょう。もちろん当日買うのではなく、前日までに準備しておきましょうね。

結婚の報告のときの手土産にも、マナーがあります。安すぎてもいけません。結婚報告時に持参する手土産の相場は、大体3,000円程度が一般的とされています。

手土産は、日持ちするお菓子などの食べ物がおすすめです。お酒が好きな両親だったら、お酒でも良いでしょう。事前に彼に、彼の両親が好きなものを確認しておきましょう。

自分の好きなものを手土産として頂いて、嬉しくない人はいませんよね。彼の両親の気持ちになって、もらって嬉しいものを選ぶようにするのがポイントです。

また、せっかく手土産にもらったのに彼の両親が食べられないものだったらいけません。手土産を決めたら必ず彼に確認し、彼の両親が好き好んで食べそうなものか確認しましょうね。

もらったあとにすぐに食べれるとも限らないので、賞味期限は長め(例えば2ヶ月以上)のものを選びましょう。焼き菓子、お酒などならば失敗することは少ないでしょう。

清潔感ある髪型にする

清潔感ある髪型

彼の両親に挨拶に行くときは、清潔感のある髪型を心掛けましょう。彼と一緒になる女性がどんな女性なのか、彼の両親は気にして心配しているはずです。

彼の両親に気に入られるような見た目に近づけることが大事です。少なくても嫌われたり心配されるような奇抜な髪型や、だらしない髪型は避けてください。

派手な色の染髪を嫌がる両親もいるかもしれません。最近は茶髪にしている女性も多いので、茶髪は大丈夫だと思いますが、彼に確認してみましょう。厳格な家庭だと嫌がる親もいるかもしれません。

茶髪はOKでも、頭皮に近い部分の地毛が伸びてしまう状態のプリンは絶対にやめましょう。自己管理ができない、だらしのない女性だと思われてしまいます。

髪が長い女性は、ぼさぼさにならないようにしましょう。綺麗にドライヤーで髪をまとめるか、ヘアアクセサリで髪をまとめたほうが印象が良くなります。

ラフな服装は避ける

ラフな服装をする女性

結婚挨拶の当日は、ラフな服装を避けましょう。たとえ夏の暑い日だったとしても、Tシャツに短パン・生足なんて服装は絶対にダメです。

息子の彼女が結婚挨拶にくるとなったら、両親も相当な緊張感で待っているはずです。その場にふさわしい服装を心掛けましょう。

かといって派手すぎる服装もいけません。普段着だけど、ちょっと襟がついたフォーマルな服装が理想です。

大切なのは彼の両親に「この子なら息子を任せられそう」と思ってもらうことです。清潔感のある、ちゃんとした印象を与える服を選びましょう。ネイルやアクセサリーも派手すぎないように。

また、高いブランド品はNGです。「お金かかりそうな女性ね」と思われてしまう可能性があるからです。

「派手」よりも「大人しめ」「しっかり」な服装を心掛けてください。

誠実な印象を与えることを心がける

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。