「結婚を前提に付き合いたい!」と言う男性心理とは?

男性は、覚悟が決まらない限り、結婚を意識したり、それを言葉にすることはありません。

恋人にする条件は外見が好みだったり、気が合うなど、ポイントだけを見て付き合えますが、結婚はそうはいきません。

なぜ結婚したいのか、また、どんな女性と結婚したいと思うのか。など、結婚を前提に交際を申し込む男性の心理がどういうものなのか何だか気になりますよね。

今回はそんな男性の心理と、男性はどういう女性と結婚したくなるのかを紹介していきます。

「結婚を前提に付き合いたい!」と言う男性心理とは?

本気であることを伝えたい

真剣な交際

好きな女性に、遊びではなく、本気であることを伝えたい。そう思ったとき、結婚を前提に付き合いたいとストレートに伝えます。

普通に付き合いたいと言うのと、結婚というキーワードを出すのでは、真剣度が全く違ってきますよね。

人によっては重く感じる場合もありますが、嬉しく感じる女性も多いのではないのではないでしょうか。特に遊んでいるイメージしかない男性から言われたら、女性もドキッとしちゃいます。

真剣に自分のことを考えてくれるということがはっきりと伝わりますからね。男性の気持ちとしては、ただの恋人ではなく、将来の奥さんとして一緒にいて欲しいという気持ちが強いのでしょう。

結婚を視野にいれて付き合うのとそうじゃないのでは、二人で過ごす内容の濃さも全然違いますからね。

結婚願望が単純に強い

結婚願望の強い男性

意外にも、とにかく早く結婚して家庭を築きたい男性は多くいます。近年、結婚願望がない男性が減ってきている中でとても貴重なタイプですよね。

いいなと思う女性がいれば、交際云々よりも、とにかく『結婚』に結びついてしまうのでしょうね。

ですが、付き合う前から結婚願望が強すぎると若干引いてしまいますし、「結婚出来れば誰でもいいのかな?」とも考えてしまいますよね。ただ、ポジティブに考えることもできます。

結婚願望が強いからこそ、大事な結婚相手は慎重に選ぶはずです。それに、結婚願望が強いのであれば、家庭向きな男性でしょうし、子供だって好きなはず。

結婚資金だってしっかり貯金している可能性が高いです。また、結婚願望がある男性は少なからず女性に『癒し』を求めています。

癒される女性だと思ってもらえているということになりますから嫌な気持ちにはなりません。

結婚適齢期からくる発言

結婚適齢期の男性

共に婚活をしていたり、年齢的にも結婚を意識する年齢や環境だと自然と『結婚』という言葉が出てくることがあります。

年齢層で言えば主に30代~40代です。若い頃のように恋人になって欲しいというより、生涯のパートナーとして一緒にいたいという気持ちでしょう。

結婚適齢期の二人が、先の話もせず、ただの恋人としてダラダラお付き合いするのは時間の無駄でもありますよね。

また、年を重ねれば、少し話すだけである程度どんな人なのかわかってしまうものです。この人は「いい妻になりそう」だったり、くつろげる家庭をつくってくれそうなどです。

頭に思い浮かぶのです。だからこそ告白の際、『結婚』というフレーズを特別意識しているわけではなく、自然とそう結びつくのでしょう。

そうなるとこのパターンは、付き合う=結婚の準備を進める。という考え方でいいかもしれませんね。

将来を意識させている

彼女に結婚を意識させる男性

相手に結婚の意思確認するために、あえて結婚を前提とした付き合いを申し込む男性もいます。

結婚をするつもりがない女性と付き合うほど時間に余裕がない場合などに意識させるために、そう伝えるのです。結婚が出来ないなら今の段階ではっきりと断ってほしいのです。

付き合ってもっと好きになり、結婚に向けて頭がいっぱいになった頃に彼女にプロポーズを拒否されたらどうでしょう。「結婚は考えていない」と言われてしまったら、ダメージが大きいですよね。

傷は浅いうちに。と言いますが、結婚願望がないのであれば、最初の段階で知っておいたほうが諦めやすいのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。