結婚相手の決め方とは?

結婚相手は、これからの人生であなたがずっと一緒にいることを前提に選ばなくてはいけません。

好きで好きで仕方のない相手と結婚したいと思うことを否定しているわけではありません。もちろん、愛情があれば乗り越えられる場合も多々あることでしょう。

しかし現実的な問題として、ある程度の最低条件はクリアしている人でなくては、安定して幸せな暮らしをすることは難しいのです。

では、結婚相手に必要なポイントや要素とは、一体なんなのでしょうか?

今回は「結婚相手の決め方」をテーマに、結婚相手に必要な資質と、その理由について詳細に解説していきます。交際相手との結婚を悩んでいるあなたに必見の記事なっています。

参考にして、彼氏との結婚について真剣に考えてみましょう!

結婚相手の決め方とは?

あなたのことをよく知っている

仲の良いカップル

結婚生活は長期戦です。簡単に離婚などできないし、離婚をするにも正当や理由お金、体力が必要になります。(もちろん、離婚を前提に結婚することはもってのほかですが。)

つまり、あなたが「この人ならばずっと一緒に過ごせる」と、自信を持って言える相手しか結婚してはいけないのです。

いくら相手のことが好きでも、全てを相手優先にして、あなたが素を出せないような相手では長くは続きません。自分を押し殺して我慢している状態を数十年続けることなど、無理に等しいからです。

幸せな結婚生活は、夫婦2人で築き上げていくものです。一方だけに負担やストレスが重くのしかかっていたら、いずれ不満が爆発します。破滅へのカウントダウンをしているだけになります。

よって、あなたが無理なく自分の価値観を伝えることができ、理解してくれている相手であることが必須条件になります。

表面的な部分だけでなく、あなたの本質的な部分までよく知ってくれている相手ということが、結婚相手には必要になってきます。

あなたがよく知っている

あなたがよく知っている男性

先に、結婚相手は「あなたのことをよく知っている相手であること」が不可欠な要素だとお話ししました。あなたに負担が偏らないための必須要素という意味でしたね。

言うまでもなく相手にも同様のことが言え、相手に負担が偏らないためにも、あなたが十分知っている必要があります。

相手にとっても、自分を受け入れてくれない人と共に時間を過ごすことは苦痛だし、居心地が悪いものです。あなたに心を許していて、自然体で居られることも大切なのです。

男性は一般的にあまり自分のことを多く語りたがりません。ですが、理想は、相手が性格や価値観を打ち明けてくれるような関係性を築ける状態なのです。

特別なことがなくても一緒にいたいと思える

仲の良い男女

結婚生活は、幸せなことしかないわけでもありません。当然のことながら、辛いこともあれば悲しいこともあります。乗り越えなくてはならない苦難も、もちろんある程度はつきものです。

また、いつもご褒美があるわけでもないし、仕事と違って、がんばったからといって評価されたり褒められるわけでもないのです。

ドキドキするような恋愛と違い、結婚生活は穏やかだし、刺激は少ないものです。心穏やかに、落ち着いて生活できることが幸せな結婚生活の象徴なのです。

あなたがまだ刺激的な時間を追い求めているようならば、結婚には時期尚早でしょう。また、今の彼氏と過ごす「刺激的な時間」が好きなのであれば、結婚相手としてはふさわしくないでしょう。

贅沢なディナーや美しい夜景がなくても、一緒にいるだけで幸せを感じられる相手でなくては、長い結婚生活はうまくいきません。

日々のなにげない時間を共有できることに感謝でき、特別なことがなくても一緒にいたいと思える相手こそ、理想の結婚相手です。

あなたを所有物と思っていない

大事にされる女性

付き合ったり結婚すると、女性は家庭に入ったり金銭的に援助してもらったり養ってもらうことが多いでしょう。

もちろん、家事をすることに対する真っ当な対価なので、女性からしたらしてもらって当然のことであり、主張すべき権利です。実態はギブアンドテイクなので、引け目を感じる必要もありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。