結婚相手の決め方とは?

結婚相手は、これからの人生であなたがずっと一緒にいることを前提に選ばなくてはいけません。

好きで好きで仕方のない相手と結婚したいと思うことを否定しているわけではありません。もちろん、愛情があれば乗り越えられる場合も多々あることでしょう。

しかし現実的な問題として、ある程度の最低条件はクリアしている人でなくては、安定して幸せな暮らしをすることは難しいのです。

では、結婚相手に必要なポイントや要素とは、一体なんなのでしょうか?

今回は「結婚相手の決め方」をテーマに、結婚相手に必要な資質と、その理由について詳細に解説していきます。交際相手との結婚を悩んでいるあなたに必見の記事なっています。

参考にして、彼氏との結婚について真剣に考えてみましょう!

結婚相手の決め方とは?

あなたのことをよく知っている

仲の良いカップル

結婚生活は長期戦です。簡単に離婚などできないし、離婚をするにも正当や理由お金、体力が必要になります。(もちろん、離婚を前提に結婚することはもってのほかですが。)

つまり、あなたが「この人ならばずっと一緒に過ごせる」と、自信を持って言える相手しか結婚してはいけないのです。

いくら相手のことが好きでも、全てを相手優先にして、あなたが素を出せないような相手では長くは続きません。自分を押し殺して我慢している状態を数十年続けることなど、無理に等しいからです。

幸せな結婚生活は、夫婦2人で築き上げていくものです。一方だけに負担やストレスが重くのしかかっていたら、いずれ不満が爆発します。破滅へのカウントダウンをしているだけになります。

よって、あなたが無理なく自分の価値観を伝えることができ、理解してくれている相手であることが必須条件になります。

表面的な部分だけでなく、あなたの本質的な部分までよく知ってくれている相手ということが、結婚相手には必要になってきます。

あなたがよく知っている

あなたがよく知っている男性

先に、結婚相手は「あなたのことをよく知っている相手であること」が不可欠な要素だとお話ししました。あなたに負担が偏らないための必須要素という意味でしたね。

言うまでもなく相手にも同様のことが言え、相手に負担が偏らないためにも、あなたが十分知っている必要があります。

相手にとっても、自分を受け入れてくれない人と共に時間を過ごすことは苦痛だし、居心地が悪いものです。あなたに心を許していて、自然体で居られることも大切なのです。

男性は一般的にあまり自分のことを多く語りたがりません。ですが、理想は、相手が性格や価値観を打ち明けてくれるような関係性を築ける状態なのです。

特別なことがなくても一緒にいたいと思える

仲の良い男女

結婚生活は、幸せなことしかないわけでもありません。当然のことながら、辛いこともあれば悲しいこともあります。乗り越えなくてはならない苦難も、もちろんある程度はつきものです。

また、いつもご褒美があるわけでもないし、仕事と違って、がんばったからといって評価されたり褒められるわけでもないのです。

ドキドキするような恋愛と違い、結婚生活は穏やかだし、刺激は少ないものです。心穏やかに、落ち着いて生活できることが幸せな結婚生活の象徴なのです。

あなたがまだ刺激的な時間を追い求めているようならば、結婚には時期尚早でしょう。また、今の彼氏と過ごす「刺激的な時間」が好きなのであれば、結婚相手としてはふさわしくないでしょう。

贅沢なディナーや美しい夜景がなくても、一緒にいるだけで幸せを感じられる相手でなくては、長い結婚生活はうまくいきません。

日々のなにげない時間を共有できることに感謝でき、特別なことがなくても一緒にいたいと思える相手こそ、理想の結婚相手です。

あなたを所有物と思っていない

大事にされる女性

付き合ったり結婚すると、女性は家庭に入ったり金銭的に援助してもらったり養ってもらうことが多いでしょう。

もちろん、家事をすることに対する真っ当な対価なので、女性からしたらしてもらって当然のことであり、主張すべき権利です。実態はギブアンドテイクなので、引け目を感じる必要もありません。

一方で男性からすると、あなたにお金を使ったり養っていることから「囲っている」意識がどうしても芽生えてきます。自分がいるからあなたが生活していけていると勘違いしだすのです。

「囲っている」意識こそ危ない感覚で、あなたを所有物と認識しかねない発想なのです。

あなたは誰のものでもありません。彼に縛り付けられるべきでもないのです。

しかし「囲っている」意識がある人はあなたのことを束縛しがちだし、敬意を払わない傾向にあります。家事などをやってもらって当然と、誤認しがちなのです。

お互いを尊敬し合い、感謝できる間柄でいることができなければ、良好な夫婦生活を築くことはできません。あなたを所有物と思っていない相手であることもまた、結婚相手に必要な要素です。

協力して良い人生を作りたいと考えている

寄り添う男女

結婚した後の夫婦生活は、1人のものではありません。独身時代とは異なり、2人で共に協力して築き上げていくものです。

どちらか一方の偏った奉仕活動によって成立するような夫婦生活は間違いで、不平等感や不満が募り、破綻する確率が高まります。

また、過度な優しさや献身的な態度も要注意です。あなたの身体やお金目当てに付き合っているなど、裏に隠された真意がある可能性も否定できません。

普段から「お互いに」楽しく充実したよりよい時間を共有したいという姿勢が感じられる相手こそ、結婚相手にふさわしいのです。

お互いに協力し合い、よりよい人生を作りあげていきたいと考えている相手であることが、大きなポイントになってきます。

許容できる経済力

クレジットカードと現金

結婚する上で切っても切り離せない問題は、相手の経済力です。生活するためには、お金がなくては暮らしていけないからです。

今は共働きで問題なくても、いずれ妊娠・出産・育児…となると、男性の収入だけに頼って生活しなくてはならないときも訪れます。

愛があればお金なんていらない!と言う人もいますが、実際問題、安定した収入がなくては生活していけないのです。

そこでそもそも必要なことは、あなたは相手がお金持ちでないと嫌なのか、貧乏でもいいのかをじっくり検討する、ということです。

金銭感覚は育った環境によっても違うし、求める生活レベルによっても支出には差が出ます。

今の彼氏に、あなたが求める経済力が十分にあるのかを認識していなくては、結婚後にギャップに苦しむことになりかねません。

あなたが許容できる経済力の相手であることもまた、結婚するためには決め手となってきます。

親戚関係に問題はないか

親戚関係

結婚するということは、他人が身内になることを示します。彼氏の家族が自分の家族になるわけであり、結婚生活において、親族づきあいは切っても切り離せない問題です。

もちろん人間同士なので、相性や好き嫌いは多少なら仕方のないことでしょう。しかし、一生涯切れない縁において過度なストレスを抱えているようでは、これから先が思いやられてしまいます。

彼の親族の人間性だけで判断することも危険です。宗教色が強かったり、息子への愛情が異常値であったり、ネズミ講にはまっていないかなども、事前に確認しておきましょう。

また、彼と彼の親族関係に不仲がないかもチェック項目の1つです。本来受け入れられるべき親族から疎まれるには、彼に隠された問題がある可能性もなきにしもあらずだからです。

あなたが無理なく付き合っていけそうな親戚かどうか、問題がないことをしっかり確認することも結婚には大切です。

結婚相手の決め方は平穏にずっと暮らせそうな人かどうか

平穏な暮らし

いかがでしたでしょうか?「結婚相手の決め方」について、結婚相手に必要な資質と、その理由について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか?

みなさんの彼が結婚相手としてふさわしく、幸せな将来を築いていけるよう、心から願っていますね!

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。